QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「よくわかる現代魔法 第12話(最終回)「TMTOWTDI」 感想」 の個別エントリーです。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストーリーはいまいち釈然としないけれど、最終回らしい勢いはあったかと。よくわかる現代魔法 第12話(最終回)「TMTOWTDI」 の感想です。

美鎖が世界中のコンピュータを使ってジギタリスに対抗したり、時間停止のコードを打ち破るあたりは熱かったですね。いいクライマックスでした。

ただ、彼女がやりたかったことはいまいち謎です。自分が死ぬことで、ジギタリスを自分に憑依させ、そのまま異世界に葬り去る作戦だったんですよね? でも結局、彼女は死なず、ジギタリスは弓子に憑依してしまいました。ここまでは計算違いということでいいのかな。

なので弓子を異世界に送らなければならないわけで、本人もそう言っていましたが、それは本意ではないはずと、嘉穂から突っ込まれていました。ではどうするつもりだったのか。

結果は、こよみの熱意でジギタリスが回心したわけですが、これこそが美鎖の狙いということなんですかね。そのためにこよみを秋葉原に呼び寄せたと。もうひとつはっきりしませんでしたが、そう解釈するしか無い気がします。

久しぶりに感想を書くので、今更感はありますが、ホアンの目的について言及しておきます。ホアンが魔女のライブラリを手に入れる目的は、それを世界に知らしめることで、魔法をすべての人のものにすること、でした。これは、フリー・ソフトウエア思想に似ていて、まさにそれを意識しているのでしょう。

「フリー・ソフトウエア」は、リチャード・ストールマンというスーパープログラマが提唱したもので、ソフトウエアのコードは万人に公開されて、誰もがそれを自由に活用できるようにするべき、という考え方です。

これの反対の概念が、「プロプライエタリ・ソフトウエア」ですね。コードは原則として非公開で、改変や再利用は認めないものです。

フリー・ソフトウエアは、知識を共有することにより、ソフトウエアの進化をうながす面があります。しかし、公開されて自由に使えるということは、商売にならないということであり、個人が趣味で作ったものが大半なので、企業がお金をかけて作ったプロプライエタリ・ソフトウエアにはかなわない面もあります。一長一短なんですね。OSで言えば、前者がLinuxで後者がWindowsです。

ホアンと美鎖の衝突は、この「フリー・ソフトウエア」と「プロプライエタリ・ソフトウエア」の対立を模していて、興味深いと思ったのでした。

ただ、肝心の、現代魔法の仕組みや限界を生かしたエピソードを期待していたのですが、あまり無かったのが残念ですね。せっかく面白そうな舞台装置なのに、うまく生かされていない感があります。おそらく原作ではもっと何かあると思えるのですが、アニメでは伝わりにくいからとカットされているのかもしれません。

また、展開がいまいちワンパターンであり、敵に襲われて、弓子が剣の魔法で戦い、こよみがタライに変換して決着、というパターンに終始していました。せめて魔法はもっとバリエーションが見たかったですが、もしかして弓子は剣のコードしか使えないでしょうか。だとしたら、あまりこよみのことを馬鹿にできませんね。

ともあれ、全体的な雰囲気や作画は好みで、特にキャラ同士の掛け合いが好きでした。お約束のタライ落ちも笑えた。だから毎週楽しみに観てはいたのですが、もうちょっと何かあればなぁと、惜しい作品でありました。

ポチッとしていただけると励みになります!↓

コメント
この記事へのコメント
>彼女がやりたかったことはいまいち謎です。
美鎖がしたかったこと
1)嘉穂にクリスマス・ショッパーを大量にばらまかせる。
2)自分がいったん死ぬことで、大量にばらまかれたクリスマス・ショッパーがGhostScript美鎖を生み出す。(いちおう生き返るための手段はこうじていた)
3)GS美鎖はクリスマス・ショッパーに感染した世界中のコンピューターの力を集約して強大な魔法を使う事ができる。(生身の美鎖には限界があって無理)
4)GS美鎖が異世界へのゲートを開けてジギタリスを引きずり込む。

また 魔女のライブラリとは、ジギタリスそのもののデータです。6年前に封印は解かれていましたが、起動はしていませんでした。弓子が刺されたことが引き鉄となって起動し、弓子の身体にインストールされたのです。(新しいパソコンに外付けHDDからバックアップをリストアして、以前と同じ状態にするようなもの)もう一度弓子を殺しても今度は魔女のライブラリが残ってしまいます。
ジギタリスの復活は弓子の身体を使う事をホアンから聞いていたのでしょうね。

嘉穂が突っ込んだのは、生身の美鎖にはもう何も用意がないと言う事で、すべてGS美鎖に任せているといえます。

TMTOWTDI=There's more than one way to do itの略
「やり方はひとつではない」は、(Perl におけるスローガン)
「たったひとつの冴えたやり方」に対して嘉穂やこよみが出した別の答えという所でしょうか。
2009/09/29(火) 23:14 | URL | とおりすがり #-[ 編集]
美鎖はいったん死んだのですね。ゴーストスクリプトのおかげで生き返ったのでしょうか? 美鎖が死んだのかどうかが、一番わかりにくいポイントだったと思えます。

ホアンは美鎖と弓子に殺し合いをさせようとして、美鎖はそれに敢て乗った、というのはわかりますが、そこからがわかりにくいのですね。せっかく面白そうな筋なのですが。
2009/10/01(木) 15:40 | URL | メルクマール #WstX4HDY[ 編集]
少なくともアニメ版では、最後にこよみの可能性に賭けるというのも最初から美鎖の構想に入っていたという気がしますよね。嘉穂のあのセリフは「…でしょ?」という含みがある描写だったと思います
フリーソフトウェア…いずれどなたかがおっしゃるのにぶつかるだろうと思っていました。原作では、確かそういう直接の表現はないのですが、そうした思想の対立は美鎖とホアンのかなり長い言い争いに表れています。ホアンの論理には「お前ら、一人占めしてずるいぞ!」というものがあり、その色はアニメではホアンが中国の下層民出身であることを匂わせるという別の形で表現されることになりましたね
この問題は、私見では原作でも明らかに消化不良…というか未アニメ化の6巻以降で新たな謎?をともなってさらに展開されている感じです。マジにやるならかなり長丁場のペースで進んでいて、原作者の方が途中で投げ出さないことを祈るばかり(笑)
戦闘シーンは…なんというか原作ではもっと別の醍醐味が…(ヒロインたちのやられっぷりとそこからの立ち直りの熱い描写が!)…それを割り引いても、前作の狂乱家族日記を見ても、この監督さんは戦闘シーンは苦手なのでは(笑)
ちなみに、原作の桜坂さんは元システムエンジニアだそうで、確かにメルクマールさんとは話が合いそうですね(笑)別作品で筒井康隆から絶賛を浴びたとかで、確かに原作にはSFファンを引き付けるものがあると思います
それでは失礼します
2009/10/12(月) 13:35 | URL | westernblack #tEFtGiEI[ 編集]
このアニメ、ソフトウエアに詳しい人ならニヤリとできるネタが仕込まれているのですが、あくまでネタ止まりで、あまり掘り下げられていない感はあります。原作は違うのかなと思っていたのですが。

戦闘シーンの描写は、たしかにいまいちでしたね。1話はいいなと思ったのですが、あれがピークでした。

検索してみると、桜坂さんの作品は星雲賞候補にもなってるんですね。なにか読んでみようと思います。
2009/10/12(月) 15:42 | URL | メルクマール #WstX4HDY[ 編集]
コメントありがとうございます! コメント大歓迎ですが、このブログは原作ネタバレ無しの方針で運営していますので、ご協力をお願いします。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/882-9f85837e
この記事へのトラックバック
やり方は一つじゃない。
2009/09/27(日) | ソウロニールの別荘
   瀕死だったはずの弓子が突然変異し蘇った! 一体何が起きたのか?    それは、ジギタリス・フランマラキア復活を意味する。    ジギタリス・フランマラキアとは、過去に10万人以上を大量虐殺した悪逆無道の魔法使い &nbs...
2009/09/27(日) | 独り言の日記
 最後はやはりたらいオチ。そうでないと落ち着きませんよね。前半の嘉穂が最高でした。散々酷いことも言っていましたが…。
2009/09/27(日) | つれづれ
 よくわかる現代魔法第1巻(初回生産限定)第12話「TMTOWTDI」(終)弓子の中からジギタリスが覚醒し、街を焼き尽くそうとする。だが、美鎖はすでにジギタリスに対抗するためのコードを用意していた。なんとそれはジギタリスを弓子ごと異世界に飛ばしてしまうものだっ...
2009/09/27(日) | 日々“是”精進!
友情はいつまでも
2009/09/27(日) | *記憶のかけら
弓子の体を借りて現代に蘇った<ジギタリス=フラン=マラキア> 弓子の体ごとジギタリスを異世界に吹き飛ばすことで、永遠にジギタリス...
2009/09/27(日) | リリカル☆スアラ
ホワンとギバルテスでは敵キャラとしては存在感が薄いなと思っていたところへ、ラスボスに魔女ジギタリスを弓子に転生させての最終話。 弓子の先祖が封印したジギタリスに、今度は彼女が操られるという皮肉と悲哀をもっと現しても良いと思うのだが、最終話だけでは難しい...
2009/09/27(日) | アニメレビューCrossChannel.jp
ラストは今までの集大成といった感じで綺麗にまとめられていたので好印象でした。 仕込み期間が長すぎたのは残念ですが、各エピソードで語られていたあれやこれやが一気に収束していった分、情報量が濃密になったのは良かったかと。 大筋としては前回の時点で予想がつい
2009/09/27(日) | gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)
ギバルテス面白すぎる
2009/09/27(日) | もす!
第12話『TMTOWTDI』よくわかる現代魔法 Blu-ray 第1巻 初回限定版今回は・・・最終回ですね。
2009/09/28(月) | ニコパクブログ7号館
ジギタリスのコードが形成され、突如暗雲立ち込める秋葉原…。こよみたちはあの魔女と戦い異世界に送ることを決意します。しかしそれにはジ...
2009/09/28(月) | ハヤテのごとく!!に恋してるっ!?
アニメ よくわかる現代魔法 最終回 第12話 「TMTOWTDI」 よくわかる現代魔法 第1巻 [DVD](2009/10/23)戸松遥浅沼晋太郎商品詳細を見るBlu-reyはこちらよ...
2009/09/28(月) | アニメ・コミックだーいすき♪
よくわかる現代魔法 最終話「TMTOWTDI」です とうとう現代魔法も最終回。復活したジギタリスとの決戦です。 ちなみにタイトルのTMTOWTDIは「たった一つじゃないさえたやり方」とかいう意味だったと思います。Perlかなんかのキャッチコピーです。 今回
2009/09/28(月) | のんびりにリリカルに
よくわかるという題名なのにぜんぜんよくわからないのだが・・・OTL こういう設定とかを難しくしてある物語ってアニメ化に不向きかと思われ...
2009/09/29(火) | アニメ・ゲーム工房
第12話「TMTOWTDI」弓子の中から覚醒したジギタリスが、秋葉原を地獄の業火で焼き尽くそうとしている!?ジギタリスに対抗するために美鎖がコードを作っていたが、弓子ごと異世界に飛ばすと…。
2009/09/29(火) | ウサウサ日記
まあ、無難に終わりましたね。 最終回は意外な展開がほとんどなかったかな。 こよみはおぱんちゅ穿いてなかったような(ぇ ラスボスに憑依された弓子ちゃんをこよみが助ける流れは王道でしょう。 純粋なこよみの姿がよかったですね。 聡史郎もろとも異世界へ…って...
2009/09/29(火) | のらりんクロッキー
姉原美鎖 最大の不確定要素 は、嘉穂と思われ。 たった一つの冴えたやり方。 ゴーストスクリプトで 弓子ごとジギタ...
2009/09/29(火) | 物理的領域の因果的閉包性
最終第12話は、ジギタリスが弓子と共にこよみの友として生きてくことになるお話なのでした。 美鎖が思った以上に色々考えて行動していたのは驚いたもの。 それに対してこよみは気持ちとタライだけでしたけど、何とかなる辺りが主人公なんでしょう(笑)。 1週遅れ...
2009/10/04(日) | パズライズ日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。