QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「CANAAN 第13話(最終回) 『キボウノチ』 感想」 の個別エントリーです。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物語の二つの軸が交差した、うまくまとめた最終回ではありました。CANAAN 第13話 『キボウノチ』 の感想です。

二つの軸とは、一つは「アルファルドとカナンの確執」で、もう一つは「マリアとカナンの絆」でしょう。

前者については、説明不足の感はあります。アルファルドはシャムを信奉していたのに、自分で殺してしまいました。そしてその後はひたすら、シャムの亡霊に縛られて生きています。なぜそこまでシャムに執着するのかについて、もっと描写されていれば、説得力が増したのではと思えますね。アルファルドの過去話を1話使ってやっても良かったのでは。

自分流に解釈するなら、アルファルドがシャムを殺した理由は、カナンという「超人」を生み出したことに「絶望」したシャムへの失望と、いっそ安らかな死を与えたいという相反した気持ちからでしょう。

前回も書きましたが、完璧な兵士であろうとしたシャムは、カナンという化け物を見て、自分の人生が否定されたと感じ、絶望していたのだと思うのですね。その思いがカナンには「茶色」に見えたのでしょう。だからアルファルドにとってカナンは、”恋敵”であると同時に、シャムの死に責任がある”敵(カタキ)”だと言えます。

でも、大切なシャムを自分で殺したことも、また事実であり、自分こそがシャムの敵(カタキ)でもあるわけです。この矛盾した現実に、アルファルドの心は引き裂かれて、ある種”狂って”しまい、それが一連の行動(ウーアウイルスでカナンのコピーを作ろうとしたり、テロ組織を作ったり、カナンを追い詰めたり)を引き起こしたのだと考えます。どうしようもない過去をなんとかしたいと足掻いているので、無茶苦茶な行動になるのも仕方ないのでしょう。

そんなアルファルドがカナンには、シャムと同様に、絶望にとらわれている「茶色」に見えました。カナンがアルファルドを助けようとしたのは、”あの日”のシャムと重ね合わせたからでしょう。

もう一方の軸である「カナンとマリアの絆」については、綺麗に決着したように思います。当初の二人はお互いのことを自分の「光」だとみなしていて、つまり相互に依存していました。でも最後に、カナンはマリアのことを、「光ではなく友達」だと言いました。寄りかかる(依存する)関係から、寄り添う関係に昇華したのでしょう。

依存している時は、二人は近くにいたいと願ったけれど、それはお互いのためになりませんでした。カナンの側にいるとマリアに危険が及ぶし、マリアが危険になるとそれを守るためにカナンが危険を冒すことになります。なので二人は、離れて生きるけれど、心は寄り添う、という道を選びました。切ない結末ですね。

そしてこの2つの軸が、最後に交わったのでしょう。過去にしばられたアルファルドと、前を見ているカナン。カナンがそうなれたのはマリアのおかげで、アルファルドにはマリアが居なかった。そのことに決定的な敗北を感じたアルファルドは、カナンへの敵意を失って、自ら死を選んだ、と解釈しています。

まぁ、このようにいろいろ自分流で解釈させるのが、制作者の意図なのかもしれません。考えてみれば(同じ制作会社の作品である)true tearsも、あまり説明せずに視聴者の想像にゆだねる作品でした。物語の雰囲気は違いますが、考え方は近いのかも。

エピローグは綺麗に締めたのではないでしょうか。まさかのカミングズ登場とか、「いいケツしてたなー」とか、「あれ、私のだ」とか、一つ一つのシーンが印象的で、余韻がありました。

 

全体としてですが、正直、中盤までの話が広がっていくところが一番面白かったですね。大規模テロと大国との争いに、カナンやマリアが巻き込まれるという、大作映画のような雰囲気にワクワクしたのですが、その後はアルファルドとカナンの私闘になってしまい、尻すぼみ感は否めませんでした。大きく広げただけにですね。まぁ、ありがちなんですけれど。

でも雰囲気はとても好きだし、楽しめた作品ではありました。想像するに、原作ゲームがあって、その後日談のストーリーを作るというのはとても難しいことなのでしょう。人物設定や過去の事実は決まっていて動かせないんですから。そうした制約の中で、精一杯がんばったのではないでしょうか。

でも例えば、完全オリジナルストーリーならばもっと面白かったのかも、と思ってしまいますね。true tearsはほぼオリジナル(タイトル名を借りただけ)だったわけで、オリジナルを作る力はあるんですよ。なのでこちらスタッフの次の作品は、オリジナルを期待したいところです。

ポチッとして頂けると励みになります!↓

コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
CANAAN終わってしまいましたね。
このアニメ、実は最初はあんまり面白いと感じなくて惰性で見てたんですが、リャンチーの弾けっぷり(&カミングス)に心奪われて最後まで見ることになりました。

ラストは綺麗にまとまっていましたが、最後までアルファルドとカナンが分かり合えなかったのが残念なような気がします(特にアルファルド側が)。二期とかあるのかもしれませんが。

アルファルドにもリャンチーという、自分を慕ってくれてた人物がいたんですが、悲しいかなリャンチーが変態すぎて引いてしまったのかもしれませんね(笑)
2009/09/29(火) 09:17 | URL | 綺羅 #mQop/nM.[ 編集]
こんにちは。そしてはじめまして。
最終話感想めぐってここに来た者です。

終わりましたね。
1クールって短いなと思いました。でも、かなり中身は濃厚で壮絶な旅から帰って来たような余韻の残る作品で……面白かっただけに、やっぱりあっという間のようにも感じられますね。

ここのサイトに来てやっと、茶色は「絶望」だったんだ、と分かりました(汗)

また、あの二人が撃ち合いをしてくれると期待して。そしてマリアとカナンが再会を心から懇願して。(TVサイドに♪)
製作者の皆さんに感謝ですね。
2009/09/30(水) 20:15 | URL | Cane #-[ 編集]
■綺羅さんコメントありがとうございます!

僕もリャン・チーは好きでしたね。OPのような格闘シーンが見られなかったのが心残りです。

アルファルドは、ある意味一貫していたのでしょう。宿命のライバルが最後にはわかりあう、というドラマはよくありますが、あえてそうしなかったのだと思えます。アルファルドを軸にカナンの変化を描くために。

アルファルドとリャン・チーの決別は、リャン・チー側に原因がありますよね。アルファルドは許していたのに。まぁ、リャン・チーはアルファルドに殺されたがっていたのだから、仕方ないのでしょう。それも愛、と。


■Caneさんコメントありがとうございます!

はじめまして。わざわざコメント残して頂いて嬉しいです。

回想シーンが大目でしたが、本筋は実はほとんど時間が経過していなくて、それも「あっという間だった」と感じる理由なのでしょう。

茶色は”絶望”というのは僕の推察ですが、それをほのめかす台詞はいくつかあったと思えます。

マリアとカナンは、いつか再会できると思いたいですね。マリアが有名な報道写真家になって、紛争地帯でカナンと再開、とか見てみたいです。
2009/10/01(木) 15:33 | URL | メルクマール #WstX4HDY[ 編集]
コメントありがとうございます! コメント大歓迎ですが、このブログは原作ネタバレ無しの方針で運営していますので、ご協力をお願いします。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/881-09337c01
この記事へのトラックバック
  CANAAN【1】(DVD)◆20%OFF!最終話「キボウノチ」マリアが瀕死の重傷を負っていることを感じたカナン。しかし、その表情は平静で、瞳は真っ直ぐ射るようにアルファルドを見つめていた。走り続ける列車の上で、かつてカナンと呼ばれた2人の少女が互いの運命を懸け、ぶ...
2009/09/27(日) | 日々“是”精進!
CANAAN 第13話(最終話) 『キボウノチ』 希望の地(カナン)。 同じ名を持つ二人の少女は、互いの信念をかけて最後の勝負に挑む。 大沢...
2009/09/27(日) | 刹那的虹色世界
わたしには、あなたを照らすことができない――。 マリアの乗った車両は爆発! しかしカナンは心乱すこともなくアルファルドを追詰める。 ...
2009/09/27(日) | SERA@らくblog 3.0
CANAAN 第13話(最終話)「キボウノチ」の感想記事です。 ※この記事は、FC2などの一部ブログへのTB送信が出来ない本館に...
2009/09/27(日) | 妄想詩人の手記<別館>
カナンの瞳に敗れ、逃走をはかるアルファルド。 しかしカナンはそれを許さない。 <灯ダチ>の無事を信じてカナンは戦う。 列車から足を踏...
2009/09/27(日) | リリカル☆スアラ
壮絶な愛の物語にも決着が。
2009/09/27(日) | ソウロニールの別荘
絶体絶命のマリア。カナンvsアルファルドの決戦。 怒濤の最終回です。
2009/09/27(日) | 在宅アニメ評論家
CANAAN 1 [Blu-ray]ポニーキャニオン 2009-10-21売り上げランキング : 268おすすめ平均 毎回わくわくさせてくれます。個人的には今期一番面白い序盤は助...
2009/09/27(日) | 24/10次元に在るブログ
CANAAN #13の視聴感想です。 覚醒の瞳。 過去の払拭。 トモダチ。 孤独の意味。 二人のカナン。 フツウのオンナノコのモノガタリ。 ↑さぁポチッとな
2009/09/27(日) | 此方彼方何方-コナタカナタドナタ-
最後のマリアの写真展を見てようやく理解この作品は女版の『BANANA FISH』バナナフィッシュだったのか知らない人はバナナフィッシュウィキ参照万能のアッシュ・リンクスであるカナンアッシュになりたかった月龍(ユエルン)足りうるアルファルドアッシュが唯一心を許す存在
2009/09/27(日) | エコール教材の『○○○ってレベルじゃねーぞ!』(^0^o)人(^-^o)/
第13話 (最終回) 「キボウノチ」
2009/09/27(日) | ~Fantasy Earth Blog~
「シルクロード饅頭」にワロタw ユンユンの活躍しか見所なかったかなw マリアも助
2009/09/27(日) | アニメ-スキ日記
 CANAAN  第13話 最終回 『キボウノチ』 感想  -キャスト-  カナン:沢城みゆき  アルファルド:坂本真綾  大沢マリア:南...
2009/09/27(日) | 荒野の出来事
「マリアは光じゃない、友達だ!」 二人のカナンの行く末は… 「ごめんねカナン。私はあなたを照らすことが出来ない」 時限爆弾のついた自...
2009/09/27(日) | ジャスタウェイの日記☆
カナン、あなたは私の光----------!!さぁて、こちらの作品もいよいよ最終回。初回からなんだか分からないまま引き込まれ、そのままノンストップでここまで来てしまった感じのある「CANAAN」最後に勝つのはどっちの『カナン』なのか?そしてマリアは・・・。残された、3...
2009/09/27(日) | ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
今期の大本命だった「CANAAN」終了評価絵 17点話 15点キャラ 15点音楽 15点魅力 15点総合・77点※アニメ評価※詳細ページ感想・序盤のリャン・チーは最強に可愛かった話・1クールの中では何だかんだでまとまってはいたけど、詰め込みすぎ感はあったね~...
2009/09/27(日) | 半ヲタの気ままな辛口ブログ
希望の地……希望後……さぁどれだ。それとも別があるのか。
2009/09/27(日) | もす!
  ただそのまま、ありのままを見つめろ 全てを...ありのままに    アルファルドの思惑通り事が運んだかに思われた。  マリアの乗った車両は爆破。  これにて、カナンは光を失ってしまい...アルファルドはカナンには憎しみと怒りが
2009/09/27(日) | 独り言の日記
「キボウノチ」 「私には照らせない」 自ら車両を切り離し、爆発したマリア。「前から逃げた」と言うアルファルドに、カナンは… 最初に...
2009/09/27(日) | 新・たこの感想文
う~ん分かってるねぇこのリスナー by タクシードライバー チャイナ気分でハイテンション!(2009/10/07)ネネ商品詳細を見る CANAAN #13 キボウノチ ...
2009/09/27(日) | HISASHI'S ver1.34
 二人の希望、忘れない      深く緻密な物語が終わってしまいましたね。    今回サブタイトルが「キボウノチ」ということで、 ...
2009/09/27(日) | アニメを考えるブログ
ファクトリー壊滅以後のエピソードは余計かなと思っていたが、シリーズ中で尺を取った国際情勢のサスペンスもアクションも飾りに過ぎず、シンプルな人間ドラマとして最終話をまとめた。 アクション期待で見ているとドラマが物足りず、ドラマに期待しているとキャラクター...
2009/09/27(日) | アニメレビューCrossChannel.jp
劣等感
2009/09/27(日) | Ηаpу☆Μаtё
アニメ CANAAN 最終回 第13話 「キボウノチ」 CANAAN【1】 [Blu-ray](2009/10/21)沢城みゆき坂本真綾商品詳細を見る  ユンユン、すっげぇ速っΣ( ̄□ ̄;)!!?
2009/09/27(日) | アニメ・コミックだーいすき♪
CANAAN 1 [Blu-ray]クチコミを見る アルファルドはいい女だし、悪役としても十分に際立つ可能性はあったけど、どうも途中から小さくまとまってしまった感があって最後まで魅力が発揮出来ていなかったかな・・・。 ↑よろしければポチって押して頂けると励みになります
2009/09/27(日) | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
自分はカナンを照らす事が出来ないと判断し、マリアが取った行動・・・ OPでのマリアは、これを意味していたのか マリアの死を知ったカナン。しかし彼女の様子は今までとは違っていた。 カナンの視線に動揺する
2009/09/27(日) | 幻想領域 -unlimited delusion-
亡霊からの解放、そして―
2009/09/27(日) | wendyの旅路
まあなんだかんだで面白かった。良い最終回でしたね
2009/09/27(日) | 日常のぼやき
アニメの評価です。評価の仕方についてはこちらを参照。 CANAAN【 2009年 : 全13話 】【 P.A. Works 】オフィシャルサイトへ">オフィシャルサイトへ総...
2009/09/27(日) | 満天の星空の下で
 今回でCANNANも最終回。これまでアルファルドに翻弄されてばかりのカナンでしたが、そのアルファルドにカナンは打ち勝つことができるのでしょうか。最終回ということもあってアクションシーンがとても素晴らしかったです。  正直観念的すぎてよく分からないことも多か...
2009/09/27(日) | コツコツ一直線
希望の輝き。
2009/09/27(日) | ミナモノカガミ
CANAAN(カナン) 第13話(最終回) 『キボウノチ』より感想です。 約束された希望の地。
2009/09/27(日) | カタコト日記~日々の徒然~
映画的な決着の付け方がお洒落な感じだったと思います。 仲良しこよしのまま終わらせる方法を選ばず、遠くにいても心は寄り添えるという結論で締めたのは、個人的にはちょっと水くさいなぁという気もするのですが、マリアとカナンのお互いを想う気持ちを考えるならベスト
2009/09/27(日) | gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)
爆発に巻き込まれたマリアを助けに向かったユンユン… そのことを察知したカナンはアルファルドの挑発にものらず、どこまでも真っ直ぐにアル...
2009/09/27(日) | Spare Time
最終回だけあってよく動いて、その点見ていて楽しかったけどストーリーの方がよくわからない部分も多かったり。 視聴者が考えなければな...
2009/09/27(日) | 天国と地獄と雑文ver2.00
CANAAN【2】 [Blu-ray](2009/11/27)沢城みゆき坂本真綾商品詳細を見る 1話から一気に観てみました。最初の方は意味不明でいまいち理解できない話でし...
2009/09/27(日) | 破滅の闇日記
余韻の残るラストでしたね! 後半の静かな雰囲気が良かったです。 アクションも良かったけど、雰囲気作りもうまい作品でしたね。 雰囲気優...
2009/09/27(日) | 空色きゃんでぃ
  あれ・・・あたしのだ CANAAN 第13話(最終話) 「キボウノチ」 の感想です。 CANAAN カナン (1/8スケール塗装済み完成品)(2010/01/25)グッド...
2009/09/27(日) | この世の果てで、ざわ・・・ざわ・・・
孤独であるということ。 人は母体から離れた時から孤独である。死ぬ時まで孤独である。 死んでしまえば、そこは平行世界...
2009/09/27(日) | 物理的領域の因果的閉包性
EDを見て、つくづく個性的で魅力的なキャラクターばかりだったなぁ、と。 結構な人数が居たのにちゃんと描ききったというのはお見事だったし だからこそ最後まで本当に意識を逸らすことなく見れた作品でした。 にしても。最終回のMVPはユンユンに差し上げたい。 彼女が諦...
2009/09/28(月) | 風庫~カゼクラ~
最終回。2009年10月21日発売CANAAN【1】 Blu-ray Disc早速感想。アルファルドとカナンの戦いは相変わらずカッコイイ。すさまじく作画が素晴らしい・・・のかな?そして超絶な行動をとるユンユン。あんたすごすぎ。そしてスンバらしいアクションから電車の上での戦い。ど...
2009/09/28(月) | 物書きチャリダー日記
 カナンとアルファルドの最後の戦い・・・。
2009/09/28(月) | なんでもない日記
CANAANの最終話を見ました。 カナンとアルファルド、二人の戦いの結末は? 第13話-キボウノチ- アルファルドによって、 爆弾を積んだ車両に閉じ込められたマリアとユンユン。 腹部に銃弾を受け、身動きの取れないマリアは、 被害を最小限に留める為、 ユンユン
2009/09/29(火) | 日々徒然なるままに
最終話は悪く無かったと思いますよ。悪く無いと思っただけに、これまでの描き方が残念極まりないなと。描き方が悪かったので、感動も何もないですからね。
2009/09/29(火) | よう来なさった!
普通の物語。 普通の女の子や普通のおじさん達が普通に生きていた物語でした。映画のラストを見ているような不思議な充足感があったし、劇...
2009/10/02(金) | 軒下倉庫
ついに「CANAAN」も最終回です。ラストにふさわしく、カナンとアルファルドが激しい戦いを繰り広げました。前回のラストでは、死んでしまうのかと思われたマリアでしたが、すんでのと...
2009/10/10(土) | 日々の記録
爆弾が爆発して、マリア死亡?カナンはアルファルドをみる。恨みでもなんでもない表情。カナンは乱れない。そして、アルファルドをおいかける。カナンは、マリアは死んでいないという。ユンユンさんがマリアを背負ってあるいてた。そして、マリアは光ではない友達だという...
2009/11/22(日) | ぺろぺろキャンディー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。