QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「キャシャーン sins 18話 「生きた時これからの時間」 感想」 の個別エントリーです。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悩んだ末に自己解決、ということでしょうか。でもこれもアリ。キャシャーン sins 18話 「生きた時これからの時間」 の感想です。

今回のエピソードの解釈は、人それぞれでしょうね。僕は、今回のシーンのほとんどはリューズが見ている夢だと解釈しました。繰り返される不快なイメージ。脈絡の無い展開。これらは悪夢特有のものでしょう。

悪夢というよりは、性夢なのかもしれない。フロイトによれば、夢はその人の欲望を表していて、欲望(リビドー)は性欲に基づいているとか。そういうこともある、とは思えます。 リューズのキャシャーンに対する抑圧された想い(リビドー)が、このようなエロティックとも言える夢を見せたと考えられます。

リーザとの約束と、キャシャーンとの恋心との板ばさみで苦しんでいたリューズですが、リーザが現れて、「考えて、悩んで、その末に見つけた道であれば、それを進めばいい」と言ってくれたことで救われました。でもあれも、リューズの心が生み出したものではないでしょうか。つまり自己解決だと。

ドラマで、悩んでいた人物がきっかけもなく自己解決してしまうことはしばしばあり、イケてない展開とされますが、この作品の場合は、夢の映像がリューズの内面を緻密に表現していたのでアリだなと思えます。夢オチもアリです。

気味の悪い映像が続いただけに、ラストのリューズの笑顔がとても印象的で、爽やかな感覚が残りました。

リューズとリーザが子供の頃の映像がありましたが、あれは現実にあったことの回想なのか、架空の幻想なのか、どちらでしょうか。前者だとしたら、リューズは成長するロボットということになりますが、これは何かの伏線? あるいは、この世界では特別なことでは無いのかな。それについての言及が無いので、まだわからないところです。

ランキングに参加中なので、ポチッとして頂けると励みになります!↓

コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございます! コメント大歓迎ですが、このブログは原作ネタバレ無しの方針で運営していますので、ご協力をお願いします。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/751-d92ae6af
この記事へのトラックバック
「生きた時これからの時間」 最初。マジで「貞子」かと思いました。いつも録画で観て
2009/02/06(金) | 色・彩(いろ・いろ)
キャシャーン Sins 第18話 「ガラスのゆりかご」 評価: ── キャシャーンに恋している 脚本 大和屋暁 絵コンテ ...
2009/02/08(日) | いーじすの前途洋洋。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。