QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「『キャプチャ画像が貼られたブログにランティスから警告メール』 について考える」 の個別エントリーです。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-----------------------------------------------
2008年2月12日追記:
この記事のテーマである”ランティスさんからの警告メール”ですが、実はランティスさんではなく、名前を騙った人が出している、という噂もあるようです。一方で、警告を無視していたらブログを削除されたという話も聞きます。真偽のほどは不明ということで読んでください。
-----------------------------------------------

今日もやられやくさんの記事で知ったのですが、アニメ関連企業のランティスさんから、「著作権物(画像)を速やかに削除しなさい」という警告メールが届いたブログさんがあるそうです。

僕のブログには、当該作品のキャプチャ画像が無いのでメールは来ていません。でも他のアニメではたまーに貼ってます。主に、考察の補足としての絵が欲しい場合ですが。(例えばこういう感じで

デリケートな話ですよね。僕らの立場で、「キャプチャ画像を認めないとはケシカラン」とは間違っても言えないわけです。せいぜい、「できればお目こぼし頂けないでしょうか」というところで。

著作物の扱いというのは、あまり厳密には運用されていなくて、程度問題でケースバイケースだったりします。例えば、iTunesやiPodでカバーフローという機能があり、ジャケット絵やビデオサムネイルを斜めに立てて表示する演出がありますが、あれは厳密にはNGなんですよ。たいていの著作権者は、自分の著作物を『加工する』ことを認めていないからです。拡大縮小まではOKですが、斜めにするのは加工と見なされ、聞けば「ダメ」と言われるはず。

でもアップルはやっちゃっていて、文句を言ってる著作権者もたぶんいるだろうけれど、訴訟にまでは到っていないはずです。厳密にはダメだが、実害が無いからでしょう。
ブログのキャプチャ画像についても、実害があるレベルかどうかが、運用のポイントにはなるでしょう。 あらすじと共に画像を大量に貼って、フィルムブック風になっているブログは、著作権者の考え方によっては『実害がある』と見なされる気がします。

著作権上に、抜け道が無くは無くて、『引用』ならば著作権が制限される場合があります。以下、著作権法の32条です。

公表された著作物は自由に引用して利用することが出来る。ただしそれは公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道・批評・研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならないとされる。

問題は、『正当な引用とは何か』ですが、朝日新聞のサイトには以下のようにあります。

質的にも量的にも、引用する側の本文が「主」、引用部分が「従」という関係にあること。本文に表現したい内容がしっかりとあって、その中に、説明や補強材料として必要な他の著作物を引いてくる、というのが引用です。

これを希望的に解釈すれば、アニメの考察の”補強材料”としてキャプチャを貼るのはOK、というのもありえるかもしれません。実際のところ、『引用の妥当性』については裁判所の判断もいろいろのようで、漫画の絵の引用が裁判で適法とされたこともあり、どちらとも言えないグレーな領域だと思えます。

とはいえ、実際に著作権者から警告が来たら、「これは引用だからいいはず」とか争う気はさらさらないですけどね。それはもう、速やかに消します。ブログごとバッサリ消されるリスクを負うつもりはありません。(ハピゆきさんが消されてましたなー)
だから、こんな議論をしても実質的な意味は無いのですが、「俺は明確な法律違反をしているわけではない(のかも)」と思いたいがゆえの理論武装といったところです。

僕は法律の専門家では無いので、上に書いたことはあまり真に受けないでください。

一番の理想は、アニメ制作者のほうで「ここまでならOK」という基準が示されることなんですけどね。規定のサイズと枚数を守ればOKとか。

あるいは「ブログに貼ってもOK」な画像が提供されるとか。ゲームでは『ファンサイトキット』として提供されるのが、わりと普通に行われていますが、アニメは権利関係が複雑なので、きっと難しいのでしょう。

当面このブログとしては、キャプチャはなるべく使わず、どうしても必要な場合は”正当な引用”と思える範囲で使って、もし怒られたらすぐに消す、という方針で運営します。

ランキングに参加中なので、ポチッとして頂けると励みになります!

コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございます! コメント大歓迎ですが、このブログは原作ネタバレ無しの方針で運営していますので、ご協力をお願いします。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/742-fac993b9
この記事へのトラックバック
※この記事に書いてある事はあくまで ウチのサイトではこうします。という方針です。 他サイト様にこうしろと強要するものではございません...
2009/01/30(金) | サボテンロボット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。