QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「ミチコとハッチン 第12話 「煉獄108℃のテレパシー」 感想」 の個別エントリーです。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回は単体としてはあまり面白いとは思えませんでしたが、シリーズ全体としては必要なエピソードなのでしょう。ミチコとハッチン 第12話 「煉獄108℃のテレパシー」 の感想です。

いつも映像で楽しませてくれるのですが、今回は幻想的シーンが良かったですかね。霊感手術とか、熱にうかされたミチコの幻覚?とか。謎の女がエロス。ヒロシを見つけたと思ったのは、どこまでが本当でどこからが幻覚なのでしょうか。全部思い込みなのかもしれませんが。

この社会の腐りっぷりは繰り返し描かれていますが、今回もそうでした。金にしか興味がなく、子供も平気で食い物にする大人たち。ハッチンはそんな社会でたくましく生きているものの、子供であることは隠しようもなく、いろいろ失敗してしまいます。

とうとう暴力に走りそうになったところを押し留めたのは、ミチコでした。反面教師ってやつですね。今回は主に、ミチコとハッチンの奇妙な依存関係を掘り下げることが目的だったのでしょう。前回、ミチコを守って対等の立場になったハッチンですが、今回はまるで保護者のようでした。看病して頼りにされることで愛情が生まれるという、ナイチンゲール症候群もあるでしょうか。

ところで、サブタイトルに『108℃』とありますが、これって正しいのかな? 『108F』ならわかるのですが。"℃"は摂氏で、"F"は華氏で、それぞれ温度の表記です。国際標準は摂氏ですが、アメリカ等では華氏表示を使うのが慣例になっています。『108F』は42℃くらいであり、体温のことだなとわかりますが、『108℃』では何のことかわかりません。

あいかわらず旅を続ける展開で、状況にはあまり変化が無いですね。そろそろストーリー本筋が動いて欲しいと思えますが。

ランキングに参加中なので、ポチッとして頂けると励みになります!↓

コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございます! コメント大歓迎ですが、このブログは原作ネタバレ無しの方針で運営していますので、ご協力をお願いします。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/721-779c7695
この記事へのトラックバック
DVDミチコとハッチンVol.1(2009年1月23日発売)#12「煉獄108℃のテレパシー」ハッチンとの旅を再開したのもつかのま、ミチコが突然高熱を出して倒れてしまった。ハッチンは彼女を治してもらうため、情報屋のことばを頼りにデウスという医者を訪ねる。だが、彼は怪...
2009/01/15(木) | 日々“是”精進!
12話「煉獄108℃のテレパシー」このアニメはホント毎回作品自体が放つテンション
2009/01/15(木) | 心のおもむくままに
あらすじは公式HPから。高熱にうなされるミチコにハッチンは医者を探す。探せたのは神と名乗る男デウス。怪しい心霊治療に困惑するハッチン。一方、病状が悪化し意識朦朧のミチコは新聞にヒロシの姿を見る。しかし、その横には見知らぬ女が…。感想だけ。毎回、作画は素晴...
2009/01/15(木) | よろず屋の猫
ミチコとハッチン 公式サイト 『煉獄108℃のテレパシー』 脚本:宇治田隆史 演出・絵コンテ:神楽坂時市 作画監督:安彦英二 高熱を出してぶっ倒れるミチコ(真木よう子)。そのミチコをかいがいしく看病するハッチン(大後寿々花)の奮闘。 案の定、胡散臭い情報屋(井上倫
2009/01/16(金) | Vanishing Point-バニシング・ポイント-
ミチコの腹から鯉なのか!? よくわからないけどw 出てきたシーンは思わず笑ってしまいましたw もう典型的なインチキ療法だけど、ミチコはともかくハッチンまで信じてしまうんだからね。あまりの出来事に圧倒されたのかな?w そうなってしまうのも納得な、カオスな...
2009/01/16(金) | よう来なさった!
なんだろうこのなんちゃってハイクオリティーアニメーションは。 今まで見てなかった俺が悪かったよ。 今回はミチコが病気にかかってハッ...
2009/01/21(水) | ブログであにめを批評してみたり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。