QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「ケメコデラックス! 第12話(最終回) 「キリコVSケメコ」 感想」 の個別エントリーです。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いわゆる投げっぱなし。ケメコデラックス! 第12話(最終回) 「キリコVSケメコ」 の感想と総評です。出遅れたので簡単に。

何一つ決着がつかないというのは、いかがなものかなと思えます。例えば映画を見に行って、クライマックスの手前でプツッと終わって、「原作がここまでだから映画もここまでです」とか言われたら怒ると思うのですよ。 深夜アニメはしょせん原作本の販促物だし、無料で見せてやってるんだから文句言うな、というところかもしれませんが。せめて中ボスくらいは片付けて、一応の決着をつけて欲しかった。投げっぱなしアニメと言えば最近ではセキレイがありましたが、アレのほうがまだ一段落感がありました。

アクションシーンはいつものように見事でした。とくにリョーコがカッコいいな。

あまり感想書いてませんでしたけど、最終回なので総評を。

ストーリー: 2点
ナノボールとかエムエムの正体とか連合捜査官とか、謎めいた設定をいろいろ見せておきながら、なにも解決しなかったのでこの点です。

キャラクター性: 4点
キャラはとてもよかったですね。ただしケメコを除く。なんだかこの作品の根本を否定している気がしますが、主人公をどつきまわす暴力ヒロインというのが、生理的にダメなんですよ。リョーコくらいなら”黒いキャラ”ということで許せるというか、むしろ好きなのですが。ケメコ以外の女性キャラは、みんな可愛くてエロくて良かったのですけれど。

画: 4点
動きが良く、女の子がかわいく描けているので。

演出: 3点
戦闘シーンは良いし、少ないものの心理描写シーンも良いと思うのですが、ギャグ演出はあまり好みではありません。崩れた絵の多用とかですね。

音楽: 3点
OP/EDははっちゃけすぎだと思えますが、劇伴は何気にかっこいいです。今回の戦闘シーンの音楽も、世界観にそぐわないくらい壮大でした。

総合的な評価: 3点
キャラや画は素晴らしいのですが、ギャグが合わないのと、ケメコの性格と、あと投げっぱなしエンドとで、合わせると”並”という評価になります。画だけ楽しむ分には、とても良い作品ではあります。

コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございます! コメント大歓迎ですが、このブログは原作ネタバレ無しの方針で運営していますので、ご協力をお願いします。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/677-87cbef71
この記事へのトラックバック
第1部、完?
2008/12/25(木) | ソウロニールの別荘
バトル燃えとキャラ萌え、 そしてマーベラス! ストーリーは二期へ向けて色々と謎を残したので気になる点は残ったけども、この二つの要素...
2008/12/25(木) | 日常と紙一重のせかい
ケメコデラックス! 第12話 「キリコVSケメコ」 評価: ── 私があまりにセクシーだから! 脚本 成田良美 ...
2008/12/27(土) | いーじすの前途洋洋。
博士「全然終った気がしねぇwww」助手「それは皮肉かwww」...
2008/12/28(日) | 電撃JAP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。