QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「魍魎の匣 第12話 「脳髄の事」 感想」 の個別エントリーです。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関口氏の小説、『眩暈』を読んでみたいと思いました。魍魎の匣 第12話 「脳髄の事」 の感想です。

このブログは基本的に(TV放映内容についての)ネタバレありですが、今回は解決編ということで、念のためネタバレ回避の方のために改行しておきます。




「こんばんわ。私は全ての物語に終わりをもたらす…殺し屋です」

実際のところ、物語の終わりというのは、物語の登場人物にとっては死を意味します。物語が続いている間に与えられていたかりそめの命が、そこで終わるのだから。物語の終末は大量虐殺だとも言えるでしょう。だから、好きだった物語が終わってしまうのは切ないのですよね。『殺し屋』はそれを象徴しています。ちょっと『ネバーエンディングストーリー』を思わせます。関口氏はこの結末を「失敗だ」と言ってますが、なかなかいいじゃないですか。

追記:
蒼碧白闇さんの記事で知ったのですが、『殺し屋』の声は原作者の京極夏彦氏だとか! いやぁ、イカす仕掛けですなぁ。単なるカメオ出演ではなく、意味がありますからね。 物語を終わらせる存在=作者 というわけです。

『加菜子を突き落としたのは頼子』『誘拐事件は陽子たちの狂言』というのは、すでに劇中で何度も仄めかされていたので驚きは無いわけで、推理の過程や雰囲気を楽しむべきところです。『脅迫文は台本を切り抜いたもの』はやられたと思いました。「命を惜しくは金子を置いていけ」というセリフは回想シーンであったと思うので、フェアな手がかりだと言えます。頼子や加菜子が関口の小説の愛読者だったという話も面白い。関口氏はなにげに人気作家だったんですね。

加菜子が消えたトリックは、まぁ誰もが予想できる話だったわけですが、あの建物全体が加菜子の体内、という仕掛けは凄いですね。体内に納める人工臓器は今日でも難しいですが、サイズを気にしないならば機械でかなり代用できそうです。心臓の手術中は心臓を止めるので、人工心肺に接続されますが、あれも人体の機械化と言えて、その大規模なものということでしょう。『人体という匣』が建物サイズにまで拡張されるというイマジネーションに圧倒されます。

狂言誘拐をした動機は、ちょっと気になりました。施設を維持するには8月31日までに金が必要で(手形の決済日とかなのでしょうね)、遺産相続を待てないので身代金が必要だった、とのことですが、多少の時間稼ぎでよいならば、そこまでしなくても手段はあったのでは。「先端医療なので莫大な金がかかる」と正直に言えばよさそうだし。まぁ、京極堂も言っていたように、陽子の現実逃避の戯れが発端ということなのでしょうね。

解決編を2週にかけてやるというのは贅沢な構成だと言えます。残る謎は、須崎を殺した犯人と、久保を殺した?犯人でしょうか。久保もあの建物で生かされてるような雰囲気ですが、何のために? あと、美馬坂にはさらに何かありそうなのが気になっています。

ランキングに参加中なので、ポチッとして頂けると励みになります。↓

コメント
この記事へのコメント
いつもお世話になっております。
このたび、「2008年声優アウォーズ&アニソン大賞」という企画を実施しており、是非ともご参加していただきたく、ご挨拶に参りました。

年末年始、もしお暇でしたらご参加いただければ嬉しいです。
2008/12/24(水) 18:23 | URL | ハピゆき #-[ 編集]
ハピゆきさん、企画のお誘いありがとうございます。いつも取りまとめご苦労さまです。

楽しそうな企画なので参加させて頂きたいと思います。その節はよろしくおねがいします。
2008/12/24(水) 20:19 | URL | メルクマール #WstX4HDY[ 編集]
コメントありがとうございます! コメント大歓迎ですが、このブログは原作ネタバレ無しの方針で運営していますので、ご協力をお願いします。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/674-1dcdb627
この記事へのトラックバック
その扉が開く時、物語は終わるのです。ん~もぉ~・・また、女子高生!?かぁ~?とドキドキさせられたけれどもwどうやら関口君の小説の中に出てきてる登場人物?続けて、殺し屋です。うぉvここにきて、殺し屋登場?!かっけぇ~♪って、思ったのもつかの間。彼もそうら...
2008/12/24(水) | 烏飛兎走
少女 「その扉が開くとき物語は終わるのです」 関口に似た男 「私は恐れている物語を終わらせる男の登場を」 鈴の音、扉が開く、そ...
2008/12/24(水) | 日本妄想協会        paradigm shift
2008年12月21日発売魍魎の匣 第一巻第12話「脳髄の事」木場は、美馬坂が人造人間製造の実験のために、バラバラ殺人事件を起こしているに違いないと考えていた。単身、美馬坂のもとを訪ねるが、その顔を目にした瞬間、凄惨な事件現場を思い出して激昂、冷静さを失ってし...
2008/12/24(水) | 日々“是”精進!
「この車は外観だけのウスラトンカチだ~  あっはっはっはっは~」 榎さんだけが楽しそうな車中。 まるでジェットコースターだ(笑)  ...
2008/12/24(水) | マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
第十二話 「脳髄の事」 今回も榎木津の素晴らしいドライビングテクニックを見る事ができました(笑) 廃車にされないように気をつけない...
2008/12/24(水) | ワタクシノウラガワR
ラストでびっくり~~Σ(; ゚Д゚) どういうことですかソレー!? 箱型の研究所に到着した関口たち! そこでは今まさに木場が美馬坂を撃と...
2008/12/24(水) | 空色きゃんでぃ
第12話「脳髄の事」「その扉が開く時、物語が終わるのです。」私は恐れている、物語を終わらせる者が登場することを・・・そこには徳の高そうな僧侶のようでもあり、また陰険な学者のようでもある。
2008/12/24(水) | ウサウサ日記
「今日物語に終わりを告げるために、ある陰気な男がここに来ることになっているんです」 アバンは目眩でしたね。関口の慌てようが(苦笑) ...
2008/12/24(水) | ジャスタウェイの日記☆
  私はすべての物語に 終わりをもたらす殺し屋です   魍魎の匣 第12話 「脳髄の事」 の感想です。
2008/12/24(水) | この世の果てで、ざわ・・・ざわ・・・
人体の機能を機械化したら3階建ての建物くらいになってしまうらしい。それもちょうどこの箱館と同等の大きさの… なるほどー。この館は...
2008/12/24(水) | 満天の星空の下で
その扉が開くとき、物語は終わるのです--------。私は恐れている。物語を終わらせる者の登場を--------!!そしてやってきた男・・・・。「すべての物語を終わらせる・・・殺し屋です」関口の「眩暈」個々にすべての鍵が!!関口、榎木津、陽子らが箱型の研究所に到着した...
2008/12/24(水) | ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
魍魎の匣 第二巻 [DVD]クチコミを見る 関口、榎木津、陽子らが箱型の研究所に到着したのは、木場が美馬坂に向けた拳銃の引き金に指を置いた直後だった。その場の状況を見た陽子は、美馬坂が自分の父親だと叫ぶ。榎木津は、木場の立場を考え、顔面にパンチを浴びせた・
2008/12/24(水) | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
まるで魔物の体内だ。 「魍魎の匣」第12話のあらすじと感想です。 研究所。 (あらすじ) その扉が開く時、物語は終わるのです。 少女...
2008/12/24(水) | 渡り鳥ロディ
「魍魎を 退治に」 物語を終わらせる人物、京極堂さんの登場により 絡み合った複雑な謎が解け始める!! 関口さんや木場さんも知らない間に事...
2008/12/24(水) | WONDER TIME
冒頭の黒衣の男、てっきり平田広明がやるのかと思ったら違った。 「あれ?」と思ってたらスタッフロールのとこで原作の京極夏彦だとわかって...
2008/12/24(水) | 蒼碧白闇
私は恐れている。物語を終わらせる者の登場を。 小説の登場人物は、いつもこんなことを考えているのでしょうか。魍魎の匣 第12話の感想です...
2008/12/24(水) | 日常と紙一重のせかい
第12話「脳髄の事」この作品は今までずっと好き勝手に予想する形で書いてきたので、
2008/12/24(水) | 心のおもむくままに
木場が美馬坂に引き金を引く直前…関口らは到着。 美馬坂が自分の父親だと陽子は叫ぶ…。 榎木津のパンチで木場も動きを止める。 そして、...
2008/12/25(木) | SERA@らくblog 3.0
『こんばんは。私は全ての物語に終わりをもたらす殺し屋です』 『さて仕事にとりかかりましょう』 ・・・もしや噂の御大(京極夏彦氏)登場ってココの事か!! 何だか儲けた気分でございますです(笑)
2008/12/25(木) | 風庫~カゼクラ~
 魍魎の匣  第12話 脳髄の事 感想    -キャスト-  京極堂(中禅寺秋彦):平田広明  榎木津礼二郎:森川智之  関口巽:...
2008/12/25(木) | 荒野の出来事
魍魎の匣 第二巻 [DVD]平田広明, 森川智之, 木内秀信, 関貴昭, 中村亮介 by G-Tools  やっとここへ来ましたね。真相解明の前編!  危ない所でえ...
2008/12/25(木) | ぼうふら日記
どうも春です~ クリスマス…でもそんなの関係ねぇーーー! 先週は木場さんが美馬坂に拳銃を突きつけておわりましたね~ 木場さんの暴走を止める為に榎さん達も暴走中(笑) この人にハンドル握らせたら駄目ですw え~と美馬坂は陽子のお父さんだったんですね...
2008/12/25(木) | 無題 「心色綺想曲~二重奏~」
榎サンが木場を殴った(( ´∀`)=○)`ω゜)・;\'.、  頭脳労働派だと決め付けていたましたよwまさか木場を殴って吹っ飛ばせるほど喧嘩の腕...
2008/12/25(木) | 欲望の赴くままに…。
関口「うわぁ…久保の中…あったかいナリィ~…」  明かされる匣館の秘密…。 「なに、誰にも知られず加菜子ちゃんを外に連れ出す...
2008/12/25(木) | Free Time.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。