QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「タイタニア 第5話 「憧れと、誇りと」 感想」 の個別エントリーです。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国家間の軋轢と腹の読みあい。田中芳樹作品らしくなってきました。タイタニア 第5話 「憧れと、誇りと」 の感想です。

でもこれ、アニメオリジナルのエピソードのようですね。タイタニアが外からどう見られているかを表す、いいエピソードだと思えます。横暴な支配者として忌み嫌っている人々がいる一方で、有能で高貴な存在としてタイタニアを崇拝する人々もいるらしい。タイタニアにそんな資格があるのかと自問するジュスラン君も、らしくて良いです。

大公妃がなぜあの場で自殺したのかは、よくわかりません。自分がいると利用されるので、死んでタイタニアに尽くそうというヒロイズムからでしょうか。タイタニアとしては、彼女が死んで別の継承者が立てられるよりも、彼女が囚われていたほうがいろいろ利用できそうですが。

ともあれ、面白くなってきたと思います。次回は星間戦闘のようですし。アリアバートの汚名返上はあるでしょうか。

ランキングに参加中です。ポチッとして頂けると励みになります。↓

コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございます! コメント大歓迎ですが、このブログは原作ネタバレ無しの方針で運営していますので、ご協力をお願いします。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/566-d4f302e2
この記事へのトラックバック
だいず(ダイサク&だいちゅう)コンビだー☆ しかもようやく!ようやく!主役ジュスラン@岸尾だいすけさんいっぱい喋ってくれました。 ...
2008/11/07(金) | マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
「私にはジュスラン様が神様です」 ジュスラン藩王への道、とも取れるお話でした。 テュランジア大公がなくなり、その妃ラティーシャがそ...
2008/11/07(金) | ジャスタウェイの日記☆
テュランジア公国の大公が亡くなった。公国内には反タイタニアの空気が流れ始め、ジュスランが特使として向うことに?!「憧れと、誇りと」ヴァルダナの庇護の下にあったテュランジア公国の大公が亡くなった。全権を任されたのは大公妃のラティーシャ。しかし、軍の司令と...
2008/11/07(金) | おぼろ二次元日記
ファン・ヒューリックがタイタニアに勝ってしまった余波は、思わぬ広がりを見せていました。テュランジア公国の大公が亡くなり、政治の実権は庶民出の后妃に移りました。しかし、后妃...
2008/11/07(金) | 日々の記録
今回のゲストはファン役のコニタン!!最近はどうもこの衛星アニメ放送枠はコニタン一押し~って感じですね(^^)マ王でも、ただ今絶賛勝利活躍(?)・・・もとい誘拐され中だし!!(あはは)ファンを演じるに当たって、原作は最初は読まれたそうですが、今後のファン...
2008/11/07(金) | ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
お前には能力があった。それだけのことだ。 「TYTANIA-タイタニア-」第5話のあらすじと感想です。 あったものは誇り。 (あらすじ) テュ...
2008/11/07(金) | 渡り鳥ロディ
タイタニア 第5話「憧れと、誇りと」 の感想です。 前回のお話はファンが中心に進められていましたが、今回のお話はお待ちかねの(私が待ちか...
2008/11/07(金) | 箱庭の黒猫
DVDTYTANIA-タイタニア-1《予約商品01月発売》第5話「憧れと、誇りと」ヴァルダナ帝国の姻戚で、宇宙三大交易港の一つであるテュランジア公国の大公が亡くなった。公国の全権を引き継ぐのはタイタニア贔屓の若き大公妃ラティーシャであったが、なぜかテュランジアはタイ...
2008/11/08(土) | 日々“是”精進!
 この世をばわが世とぞ思ふタイタニア一族の、繁栄だか没落だかを描く「タイタニア」、その4話と5話です。  ここまでの流れで僕が一番印象に残ったことは、おそらく他の視聴者のそれと同じでしょう。つまり、 「出番あれだけかよ、リディア!?」  スタッフがな...
2008/11/10(月) | Speak Like a Child
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。