QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「スカイガールズ 完結後の感想」 の個別エントリーです。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨年末に完結したアニメ、スカイガールズの感想です。

いわゆるリアル系のロボットものって、自己中心的な主人公がいて、そいつが戦いもそっちのけに鬱になって悩みまくって、復活して戦ってOK,みたいな展開になりがちですが、スカガは違います。悩んだりもするけれど、あまり引きずらず、さわやかな青春群像ドラマになっていると思いますね。

スカイガールズというタイトルどおり、「空を飛ぶ憧れ」がテーマなんでしょう。ラストもその線で綺麗にまとまっていました。いい最終回でしたよ。

難を言えば、SF・ミリタリーものとしては甘さがあることです。回によってムラあり、「そりゃないだろう」と突っ込みどころ満載の回もあれば、よく考えられた設定の回もあり。あと少しがんばればクオリティが格段に上がったと思うのですが。

入浴シーンや着替えシーンなど、サービス満点なことでも知られた作品でした。ただ僕としてはそういう絵的なものよりも、キャラに萌えられるエピソードがもっと欲しかった。まぁ、恋愛描写が控えめ(ほぼ無い)ので、難しいかもしれませんけど。

全体として、2007年のアニメのなかでも指折りの良作だったと思います。第2期があるといいな。最終回でどっさり新キャラが出たことですしね。

ストーリー ☆☆☆☆☆
キャラクタ ☆☆☆
音楽 ☆☆☆☆
メカ・SF ☆☆☆☆
総合 ☆☆☆☆☆
コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございます! コメント大歓迎ですが、このブログは原作ネタバレ無しの方針で運営していますので、ご協力をお願いします。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/3-3685bbba
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。