QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「2014年夏アニメの印象と期待度」 の個別エントリーです。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いまさらな気はしますが、自分のためのメモの意味で、2014年7月スタートの夏アニメの印象をまとめてみました。 3~4話観た段階でのインプレッションです。 

おおむね好きな順番に並べてみました。 今後、この評価が変わる可能性は多いにあります。
.
アルドノアゼロ
個人的に、今期1番の期待作。頭脳派主人公が、圧倒的な劣勢をどうひっくり返すのか楽しみ。SFとしても期待できそう。

残響のテロル
テロリストが主人公ということで、派手なテロが成功するシーンには背徳的な痛快感がある。卑劣なテロをどう正当化して、主人公たちに感情移入させるのかが気になる。クオリティは非常に高い。

月刊少女野崎くん
今期のコメディの中では圧倒的に面白い、というか自分とノリが合う。2話、3話と尻上がりに千代(の声優さん)のノリが良くなってきて笑える。

ソードアート・オンラインII
まだ主人公がろくに活躍していないが、2話の戦闘シーンは良かった。原作既読者によると、GGO編は面白いエピソードだそうなので期待している。

白銀の意思アルジェヴォルン
ガチなリアルロボット系として期待したいが、主人公のダメっ子さは気になる。女性エンジニアとの二人三脚の設定がどう生かされるか楽しみ。

ばらかもん
人生に行き詰まった主人公が、田舎の素朴な人々との交流で成長していくという物語で、あまりにベタなので、1話と2話はいまいちかなと思った。でも3話4話は、設定が生かされた優れたプロットでとても良かった。

アオハライド
いかにもな少女マンガだけれど、「ぼっちになりたくないから女子力を下げる」というヒロインがいかにも現代的で、今の女の子をリアルに描いているのかなと思う。

アカメが斬る!
殺し屋が主人公で、下種な悪人どもを容赦なく殺すという、必殺仕事人的な痛快感がある。

六畳間の侵略者!?
ベタなドタバタコメディで、なんでもありな世界観だけれど、そのわりにやっていることがトランプなど地味なミスマッチが面白い気がしてきた。

ハナヤマタ
個人的に「よさこい」自体にあまり魅力を感じないのが微妙だが、絵は綺麗だし、いしづかあつこ監督の作品が好きなので期待したい。

プラズマイリヤ
魔法少女ものというよりは、そのパロディで笑える。1期の終盤は意外と熱い展開だったので、それなりに期待。

普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。
ゆるい日常系で好きなタイプではないが、ヒロインの成長ものとして見どころがあるし、地方アイドルの描写がリアルっぽくて面白く思えてきた。

ヤマノススメ
山歩きガイドとして実用的にもいいんじゃないかと思える作品。

精霊使いの剣舞
いかにもMF文庫な、主人公無双系ハーレムものなんだろうけれど嫌いじゃない。予定調和をゆるく楽しむことにする。


チェックしたけれど継続視聴していないのは、Free!二期、グラスリップ、真 ストレンジプラス、RAIL WARS、「人生」、さばげぶっ!、モモキュンソード、まじもじるるも、信長協奏曲、東京喰種、東京ESP。

グラスリップは、西村純二監督のtrue tearsは凄く好きなのですが、これはなぜか自分に合わないと感じて観なくなりました。 キャラが好きになれないからかな。

東京喰種は、ストーリーも映像もおそろしいインパクトで、名作になりえる作品だと思えますが、迫力がありすぎて、えぐいストーリーに耐えられなくなりました。

いまの印象はこんなところです。 超話題作はないけれど、楽しめる作品は多いのではないでしょうか。

ポチッとして頂けると励みになります!↓
にほんブログ村 アニメブログへ
コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございます! コメント大歓迎ですが、このブログは原作ネタバレ無しの方針で運営していますので、ご協力をお願いします。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/2005-839e5df8
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2017/01/09(月) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。