QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「アルドノア・ゼロ 第1話 『火星のプリンセス』 感想」 の個別エントリーです。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SFロボットものとして、期待したい作品ですが、1話の印象は期待半分、不安半分といったところでしょうか。アルドノア・ゼロ 第1話 『火星のプリンセス』 のレビュー。
.
予備知識全くなしに見はじめたのですが、異星のお姫様のシーンから引いて宇宙艦隊を見せる冒頭の演出にはワクワクしました。壮大なSFを予感させるオープニングです。

パラレルワールドということで、2014年を舞台にしつつも違う世界が描かれています。高校生にはみなロボット兵器の教練が義務付けられているということで、徴兵制のようなものがある世界のようですね。マブラヴ オルタネイティヴ的な感じか。あえて「今」を舞台にこういう設定にするのは、なにかメッセージ性があるのかもしれません。

宇宙開拓民が地球に反旗を翻すというのは古典的なテーマで、ガンダムなどがそれですが、この作品はそこに異星文明が絡んでいるということで、むしろ(世界初のOVAである)「ダロス」ですね。ダロスは異星文明はうやむやで終わったのですが、この作品は2クールやるということで、異星文明もからむスケールの大きな作品になるのかもしれません。 人類同士の戦いと思っていたら、実は超文明の代理戦争をさせられていた、という「レンズマン」(スペースオペラの古典)のパターンとかあり得ます。

そんなわけで、良さそうな世界観なのですが、ディティールに納得できない部分があります。火星のお姫様が、ほとんど敵地に乗り込むというのに、ほぼ丸腰でパレードして、沿道の警備もザルで、簡単にテロにやられてしまうなどですね。あり得ない話で、しかも陰謀であることが見え見えで、これからの壮大なストーリーの幕開けにしては雑だなぁと思わずにはいられません。

ロボットものにしては、ロボット兵器が一瞬しか出てこなくて物足りなかったのもあります。あえて焦らしているのかもしれませんが、第1話が重要な昨今のアニメにしては余裕があることだなぁと。それだけ自信があるのでしょうか。

「火星のプリンセス」というサブタイトルは、バロウズの古典SFから取ったもので、全体に漂う古典SFのテイストは狙ってのものなのでしょう。大いに期待したいですが、1話は地味ですし、今後面白くなるかももう少し観ないとわからないという印象でした。でもなんであれ、貴重なSFなので最後まで観たいと思います。

ぽちっとしていただけると励みになります!↓
にほんブログ村 アニメブログへ
コメント
この記事へのコメント
戦争のはじまり方がちょうど百年前の第一次世界大戦というかボスニア事件をおもわせる感じでした。
戦争の容赦なさを描いてくれそうなところに自分は割と期待してます。
スタッフは「王道のロボットアニメを目指す」という意気込みらしいです
2014/07/08(火) 16:56 | URL | 電子の海から名無し様 #-[ 編集]
電子の海から名無し様 さんコメントありがとうございます!

そうですね、古典的な始まり方で、現代の警備では無いだろうと思えますが、そういう大ざっぱさも古典スぺオペの風味なのかもしれません。

「戦争の容赦なさ」と同時に、王道ロボットものであれば、主人公ロボットの活躍もスカッと描いてくれることを期待したいです。
2014/07/10(木) 14:21 | URL | メルクマール #WstX4HDY[ 編集]
また記事をかいてくださってうれしいです。SFファンとしてはアルドノアゼロは見ずにはいられないものですよね。お忙しいでしょうが書いていただけると一読者として嬉しいです。
2014/07/15(火) 02:48 | URL | さとみ #-[ 編集]
そうですね、SFとして楽しめる作品になれそうです。
2話の感想は書きたかったけれどかけず、3話とまとめて書きました!これからもよろしくおねがいします。
2014/07/20(日) 13:24 | URL | メルクマール #WstX4HDY[ 編集]
コメントありがとうございます! コメント大歓迎ですが、このブログは原作ネタバレ無しの方針で運営していますので、ご協力をお願いします。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/2002-dc5dc5b1
この記事へのトラックバック
『火星のプリンセス -Princess of VERS-』
2014/07/06(日) | ぐ~たらにっき
宣戦を布告する 火星の騎士たちが空から降ってくる。鋼で作られた巨人を駆って。地球人類を殲滅するために。それが『アルドノア・ゼロ』。この壮大な物語を実現するために、圧倒的な力を持った作り手たちが集結した。心の奥底に踏み込む、強烈な筆力を持った書き手、虚淵玄。美麗かつ大胆な映像表現で、見る者の予想を遙かに超えてみせる、あおきえい。虚淵が原作、あおきが監督をつとめたアニメーション作品『Fate/Z...
2014/07/06(日) | 趣味人の宿部屋
第1話 火星のプリンセス 地球を見るのは初めての火星ヴァース帝国の 皇女アセイラム。地球人のスレインが地球に関しての授業を 受け持っていた。人類発祥の地、空気と水が青いと嬉しそう。 アポロ17号の有人月面着陸でハイパーゲートを発見。それは火星への移動を可能とする施設。火星に入植した人類。ヴァース帝国を設立し、アルドノアの遺跡を発見した。地球と火星で遺跡の所有権を主張し合う。1999年、火星が...
2014/07/06(日) | ぬる~くまったりと
宣戦を布告する―
2014/07/06(日) | wendyの旅路
虚淵……あっ(察し) つか、あおきえい×虚淵×KalafinaってFate/ZEROじゃないっすかwww しかも澤野さんと梶浦さんとかすごいタッグwww ・どうせみんな死ぬ←どうしてそんなことかいた! つか、これ全員登場人物主要人物含めて死んでもおかしくないわww 主人公は地球側の少年でいいのかな? お姉さんが目の前で死にそう。 大尉も兵科教練の生徒たち守って死にそう。 ...
2014/07/06(日) | 制限時間の残量観察
宣戦を布告する! 火星の騎士たちが空から降ってくる。 鋼で作られた巨人を駆って。 地球人類を殲滅するために。 ストーリー原案:虚淵玄のオリジナルアニメ! 2010年代のロボットものはこうでなくちゃって感じの期待作です。 2クールあるらしいので、じっくり楽しめそうです(笑)  
2014/07/06(日) | 空 と 夏 の 間 ...
「今すぐここを離れよう。ミサイルが来る」 1972年、アポロ計画により月にて古代火星文明が発見され、 ハイパーゲートを使い、人々は火星へ移住。 火星の古代テクノロジー「アルドノア」の占有をめぐって、 地球と火星「ヴァース帝国」との間で争いが続いていた。 そして舞台は2014年の日本へ。
2014/07/06(日) | ジャスタウェイの日記☆
1話は面白かったですね。 これからの展開が楽しみです。 とりあえず公式サイトの見にくいのを何とかしてくれないかな(笑) 1972年、アポロ計画の最中に月で地球と火星を繋ぐ古代文明の遺産 「ハイパーゲート」が発見された。 地球はレイレガリア博士を中心とする調査団を火星に派遣。 人類にとっての新天地、火星への進出がその後の長き戦乱の始まりとなることを この時は誰も知る由がなかっ...
2014/07/06(日) | ひえんきゃく
アルドノア・ゼロ「第1話 火星のプリンセス -Princess of VERS-」に関するブログのエントリページです。
2014/07/06(日) | anilog
「私はこれより地球に降りて 親善の務めを果たします」 地球と火星の戦い―― 親善の為に地球を訪れたアセイラムが襲撃され 火星騎士が地球へと降下する! 虚淵さん脚本、そして音楽が澤野さんと言う事で気になっていた作品です! 1話は取りあえず 作品の世界観についていくのに一杯一杯な感じでした …もう少し公式HPを見やすくしてもらえると嬉しいのですが(苦笑) 分割2クールでの...
2014/07/07(月) | WONDER TIME
地球を虎視眈々狙うのは謎の古代テクノロジーを手にした火星騎士達。騎士っていうのが
2014/07/10(木) | くまっこの部屋
 ALDNOAH.ZERO   -アルドノア・ゼロ-  第01話 『火星のプリンセス』 感想  次のページへ
2014/07/13(日) | 荒野の出来事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。