QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「翠星のガルガンティア 第1話 『漂流者』 感想」 の個別エントリーです。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いきなりの、人類の総力を結集した宇宙戦が熱すぎる。 翠星のガルガンティア 第1話 『漂流者』のレビューです。
SF雑誌がアメリカで盛んだった1970年代、アジモフズSF誌の編集者のジョージ・シザーズが「最悪なSFの結末」をいくつか挙げていて、その一つが「その恐ろしい怪物は、地球という惑星から来たのだった…」になっています。 「そこは実は地球だった」的なオチは、初期のSFからの定番みたいですね。 この作品の1話のオチを見て、それを思い出しました。

ただオチではなくて、ここが始まりです。 予備知識無しに1話を見て、終わってから公式サイトを見たのですが、1話の宇宙戦は導入で、今後はもっぱら船の上での物語になるようです。

宇宙戦シーンがすごく良かったので、ただの導入には勿体ないですが。 敵の本拠地に人類の総力を上げて攻め込み、秘密兵器も投入して勝算があったのに、敵の防衛線を崩せずに敗れ去るという展開が熱い。 

戦闘がほぼリアルタイムで描かれていたと思うのですが、奇襲して優勢になり、そこから逆転されて敗走するという数分間の戦いが、濃密に描かれていました。 この作戦のために、おそらく何年もかけて準備し、膨大な資源やマンパワーを投入したであろうに、それが数分で瓦解してしまったのですよね。 壮大なカタストロフィーです。

ワームホールを強行突破して奇襲をかけるという展開は、『星界の紋章』にもありました。『星界の戦旗』だっけ? そういえば最近、『星界の戦旗』の新刊が出ましたね。 8年ぶりの新刊で、続ける気あったのかよと思いましたが、読んでみると面白くて流石です。 これも壮大な撤退戦が描かれていました。

それはたまたまでしょうけれど、冒頭の宇宙戦で破れ、主人公が漂流して惑星に流れ着くという展開は『星界の紋章』に似ています。 宇宙戦の描写も似てるし、影響は受けているのでしょう。

星界の戦旗V: 宿命の調べ (ハヤカワ文庫JA)
星界の戦旗V: 宿命の調べ (ハヤカワ文庫JA)森岡 浩之 赤井 孝美

早川書房 2013-03-22
売り上げランキング : 29


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


敵が謎の巨大宇宙生物という部分は、『トップをねらえ!』を誰しも思い浮かべるでしょうね。 いろんな作品が混ざったものという感はありますが、センスがよくてクオリティが高いので、アリだと思えます。

主人公は、おそらく兵士として生きるために人工子宮で作られたような存在なのでしょうね。 兵器のパーツのようなもので人権はなく、ある程度戦って生き延びれば、初めて市民権が与えられるという。

主人公が軍人という設定で、あまりに軍人らしくない行動をされるとゲンナリするのですが、今回主人公が、不用意に動くことをせずに情報収集を優先したのは、とても軍人らしいでしょう。 SAS(イギリス軍特殊部隊)の人が書いた本にありましたが、特殊部隊の仕事は、とにかく身を潜めて待つことだそうです。 ジャングルの木の上とか、砂漠に穴を掘ってとか、敵地の真ん中の民家などで、とにかく隠れ続け、状況を見る。それが主な作戦だと。

見つかってからは、やや破れかぶれでしたが、迷わずに果断に行動したことは、彼が優秀な軍人であることを現わしています。 というか、考えずに体が動く戦闘機械のような存在なのでしょう。 そんな彼が、あの船の中で人間として成長していく物語になるのでしょう。

当分は宇宙戦闘が無さそうなのが残念ですが、海洋ものも好きなので、それはそれで楽しみです。 Production I.G. の『RD 潜脳調査室』は名作ですが、これも海洋SFでした。 個人的に、今期で一番の注目株です。

ポチっとして頂けると励みになります!↓
にほんブログ村 アニメブログへ
コメント
この記事へのコメント
今期SFものが多くみられる中、ガルガンティアは完全にノーマークだったので記事を読んで少し興味を持ちました。戦闘シーンにもかなり力を入れているようですね。
私もここ最近プライベートがばたばたして、いまだに冬アニメの最終回はジョジョとラブライブしか見れてないような状態なのですが、せめて今期気になっているアニメの1話くらいは見ておこうと思っています。
2013/04/08(月) 11:50 | URL | エーテライト #-[ 編集]
お久しぶりです~。

特にチェックしてなかった作品ですが、面白そうですねぇ。
特に壮大な宇宙の戦闘は実に気になりますわ。
ネット配信もあるようですし、是非見てみます~。
2013/04/10(水) 15:29 | URL | がく #-[ 編集]
マークはしてましたが、レコーダーの新番組自動録画に引っかからなくて泣いたw
BS11で助かりましたけどね・・・。
今期はSF系が多く、楽しめそうですね。
先日の00劇場版もありましたしね。

主人公達と地球では技術レベルが違いすぎるようです。タイムスリップしたのでなければ、地球は文献の中の存在になってから数百年くらいは経過してそうですね。
2013/04/13(土) 15:26 | URL | GGG #8/1nbZ7k[ 編集]
メルクマールさんのガルガンティアレビュー見たいなーと思ってました。

1話2話と見て完全に引きこまれました。面白い。
今後どういった展開で物語が進行していくのか楽しみです。

僕も1話のような戦闘を、導入の他にもういくつか見たいなーなんて思ってます。
2013/04/16(火) 07:48 | URL | ジョン #-[ 編集]
■エーテライトさんコメントありがとうございます!

戦闘シーンはSF的にすごくかっこよくて、一見の価値がありますよ。ぜひご覧下さい。


■がくさんコメントありがとうございます!

ネット配信もやっているんですね。「壮大な宇宙の戦闘」は2話以降はしばらくなさそうですが、こういうのは久しぶりに見たので興奮しました。


■GGGさんコメントありがとうございます!

単に距離を移動しただけなのか、あるいは時間軸も移動しているのか、気になるところではあります。SF的な仕掛けはありそうです。


■ジョンさんコメントありがとうございます!

2話も地味ながら、見所はありましたよね。レビューを書けませんでしたが。

1話のような戦闘が、クライマックスでも見られることを期待してしまいますね。
2013/04/20(土) 14:27 | URL | メルクマール #WstX4HDY[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/05/05(日) 22:55 | | #[ 編集]
コメントありがとうございます! コメント大歓迎ですが、このブログは原作ネタバレ無しの方針で運営していますので、ご協力をお願いします。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/1997-1ef133f4
この記事へのトラックバック
相変わらずおいしい引きをするなー。翠星のガルガンティア、面白そうですね! これからレダと地球の人間たちがどんな舞台を繰り広げていくのか、 そして序盤で圧倒的な強さを見せつ
2013/04/08(月) | crystalcage
翠星のガルガンティアの第1話と第2話を見ました。 第1話 漂流者 遠い未来、遥か銀河の果て。 人類は、異形の怪生命体ヒディアーズと種の存続を賭けた戦いを続けていた。 激
2013/04/08(月) | MAGI☆の日記
翠星のガルガンティア 1話「漂流者」 あらすじと感想は「続き」をみてね。
2013/04/08(月) | 気の向くままに
第1話 漂流者 異形の怪生命体ヒディアーズと戦う人類。レム睡眠から目覚めたレドは戦闘準備を起動。マシンキャリバー隊の一員でチェインバー、 パイロット支援啓発インターフェイ
2013/04/08(月) | ぬる~くまったりと
遙か未来。 宇宙に住むようになった人類は怪生命体ヒディアーズと戦いを繰り広げていた。 激戦の中、レドは乗機のチェインバーとともに時空のひずみへ飲まれる。 半年後…人工冬眠...
2013/04/08(月) | 空 と 夏 の 間 ...
翠星のガルガンティア「第1話 漂流者」に関するブログのエントリページです。
2013/04/08(月) | anilog
2013年4月開始アニメ(春新番組)感想・第4弾は「翠星のガルガンティア」オリジナルロボットアニメということで、こちらの作品も楽しみにしていました〜。IG制作・ハガレンのミロ
2013/04/08(月) | コツコツ一直線
翠星のガルガンティア (1) (カドカワコミックス・エース)(2013/04/08)三途河 ワタル商品詳細を見る 何が、どうなってるんだチェインバー。 春の新番(私にとっての)第4弾。「翠星のガル
2013/04/08(月) | 午後に嵐。
翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 1(2013/07/26)石川界人、金元寿子 他商品詳細を見る アニメ 翠星のガルガンティア 第1話 漂流者 第2話 始まりの惑星 かつて滅び行く地球を脱出し
2013/04/08(月) | 腐った蜜柑は二次元に沈む
オカエリナサト あれってサルベージ船か。 地球に落っこちて、海から引き揚げられたのか。 ・マクロス+銀河英雄伝説+ほしのこえ+星界の紋章+その他÷X どこぞでよく見る設定から、
2013/04/08(月) | 制限時間の残量観察
「何がどうなっているんだ チェインバー」 ヒディアーズと種の存続を賭けた戦いをしていた人類 そして、時空の歪へ呑み込まれたレドが漂着した先は――…   【第1話 あらすじ】...
2013/04/08(月) | WONDER TIME
投稿者・鳴沢楓 ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時からアニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一週間のアニメの感想を語り合って
2013/04/08(月) | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
壮大な世界観に魅了されよう―
2013/04/08(月) | wendyの旅路
オリジナルロボットアニメ第2弾。でも、導入部分見てたら某歌姫ロボットアニメにしか見えない罠(^^;)遠い未来、はるか銀河の果てで人類はヒディアーズという異形の生命体と種...
2013/04/08(月) | ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
オリジナルロボットアニメ第2弾。 でも、導入部分見てたら某歌姫ロボットアニメにしか見えない罠(^^;) 遠い未来、はるか銀河の果てで人類はヒディアーズという異形の
2013/04/08(月) | ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★
前半と後半のギャップが面白いですね。 『スターオーシャン』や『ゼノギアス』っぽいとこともありますが、 設定や世界観は面白いので、今後の展開についても期待したいです。  
2013/04/08(月) | ひえんきゃく
「確定、該当データーは1件のみ。太陽系第3惑星地球、これまで記録においてのみ存在
2013/04/08(月) | くまっこの部屋
「太陽系第三惑星地球。これまで記録においてのみ 存在を示唆されてきた、人類発祥の星である」 物語は人間サイドと、 ヒディアーズと呼ばれる謎の生物とが戦っているところから
2013/04/08(月) | ジャスタウェイの日記☆
『遠い未来、遥か銀河の果て。 人類は、異形の怪生命体ヒディアーズと種の存続を賭けた戦いを続けていた。 激しい戦いの最中、少年兵レドは乗機である人型機動兵器チェインバーと
2013/04/10(水) | アニメ色の株主優待
 オリジナルロボットアニメ三連発、第二弾。 けっこう本命な感じであります。スタッフももちろんですが、バンダイビジュアルっていうのがね。ここ一・二年、バンダイビジュアル作...
2013/04/11(木) | 心はいつも13歳
だって「銀河英雄伝説」のトリューニヒトでしょ。アジ演説で人だまくらかしている様にしか聞こえませんね。その人類ですが、のっけから大ピンチみたいです。宇宙怪獣らしき敵と一大...
2013/04/14(日) | こいさんの放送中アニメの感想
だって「銀河英雄伝説」のトリューニヒトでしょ。アジ演説で人だまくらかしている様にしか聞こえませんね。その人類ですが、のっけから大ピンチみたいです。宇宙怪獣らしき敵と一大...
2013/04/14(日) | こいさんの放送中アニメの感想
シリーズ構成が虚淵さんなんで(筆力は認めるけど彼の作風が私に合わないというか・・・『まどマギ』の過去があるもんで・苦笑)、おっかなびっくりで見始めたのですが、AパートとB
2013/04/17(水) | ボヘミアンな京都住まい
『翠星のガルガンティア』 第1話 「漂流者」を観ました。今回の世間の評判をまとめつつ、個人的感想を述べています。翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 1posted with カエレバ石川界人 バ
2013/04/18(木) | 最新アニメ・マンガ 情報局
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。