QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「トータル・イクリプス 第2話 『帝都燃ゆ(後編)』 感想」 の個別エントリーです。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨大ロボによる、血なまぐさい格闘シーンは大した迫力でした。 トータル・イクリプス 第2話 『帝都燃ゆ(後編)』 のレビューです。

某アニメのように、プロローグで全滅して登場人物全とっかえ、というのを危惧していたのですが、そこまでは行きませんでした。 でも近いですかね…

メインのストーリーの前日談ということなのでしょう。 敵の強大さを印象付けるには効果的でした。 とても勝てそうな感じがしません。 敵が初めてはっきり描かれましたが、兵器ではなく生物なのですね。

『レーザー』と呼ばれる敵が曲者のようで、ある程度以上の高度を飛んでいると狙い撃ちにされます。 これが、航空兵器が使えない理由のようです。 かといって、戦車のような地上兵器では、ベータの速度に太刀打ちできそうにありません。 なので、低空を高速に移動できて、かつ火力のある兵器が必要になります。

それだけなら、垂直離着陸のできるVTOL機のようなものでも良さそうですが、敵の数が多く、弾切れになりがちなので、空に逃げずに血路を開くには、格闘戦が有効なケースもあるでしょう。 レーザー以外の敵部隊は、遠隔攻撃をせずに体当たりするだけのようなので、それも格闘戦が有効な理由になります。 また、敵は航空部隊はいなさそうで、上から狙い撃ちにされる危険性は無いようです。

これらが、巨大ロボットが主力兵器になった理由なのでしょうね。 それなりに、納得感がある気がします。 少なくとも、SFとして説明を付けようという姿勢には好感が持てます。 今後もSF解説をやる甲斐がありそうです。

(ノズルが複数ある)ロケットの発射シーンをよく見ると、個々のノズルが独立して動いて、姿勢制御をしているのがわかりますが、この作品でもロボが垂直に浮上するときに、スラスターのノズルや脚がバランスを取るように動いていて、そういう細かい描写もいいなと思います。


te02.jpg

戦闘シーンの迫力もかなりのものですね。 返り血を浴びる巨大ロボという表現も珍しいのでは。 エヴァであったかもしれませんが。 全編戦闘シーンでしたが、最後までダレずに引き込まれました。

次回からはかなり雰囲気が変わるのでしょうね。 オープニングが使い回しなのは、本来のキャラがまだ出ていないからでしょうし。 引き続き楽しみな作品です。

ポチっとして頂けると励みになります!↓

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント
この記事へのコメント
次からは兵器開発(中々成果がでなくて苦悩する現場)と各国の色々な思惑や人間関係の確執と理解とかが中心の話になります。
2012/07/09(月) 21:05 | URL | みやん #J8TxtOA.[ 編集]
メルクマールさん、こんにちは。

戦術機は、もともと月面の人型重機の技術を流用したものです。メルクマールさんが分析した通り、人型のほうが有効に対抗できます。その実績は、第一次月面戦争にすべに証明されました。(この世界では宇宙開発かなり進んでいます、月面も基地を建設しました。人とBETAの初の戦争もこの第一次月面戦争)

機体の性能差による、機体の動きの違いもよく表現されでいますね。唯依達が乗る瑞鶴は、第1.5世帯の機体、最後に出た武御雷は第3世代の機体です。その性能の違いはよく現れると思います。(武御雷はこの時点またロールアウトされていません、当時斯衛軍の大隊の指揮官の一人が無理言って、自ら武御雷の試作機に乗り出撃しました)
2012/07/10(火) 00:10 | URL | Zax #-[ 編集]
■みやんさんコメントありがとうございます!

なるほど、兵器開発の話ですか。マクロスプラスみたいなノリだとしたら楽しみですー


■Zaxさんコメントありがとうございます!

月面から戦いが始まっているのは、1話で描かれていたので、そういうことだろうなとは思っていました。

世代の違いがあったのですね。シルエットはそれほど変わらなかった気がしますが、動きはスムーズだったかな。そのあたりも意識して見てみます。
2012/07/15(日) 01:23 | URL | メルクマール #WstX4HDY[ 編集]
コメントありがとうございます! コメント大歓迎ですが、このブログは原作ネタバレ無しの方針で運営していますので、ご協力をお願いします。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/1934-a9e2a85a
この記事へのトラックバック
巨大ロボによる、血なまぐさい格闘シーンは大した迫力でした。 トータル・イクリプス 第2話 『帝都燃ゆ(後編)』 のレビューです。
2012/07/09(月) | ネタ速報deブログたん
マブラヴオルタネイティヴト-タル・イクリプス 02 (電撃コミックス)(2011/02/26)吉宗 鋼紀商品詳細を見る そうだ、京都へ行こう!
2012/07/09(月) | 中濃甘口 Second Dining
4316 名無しになるもんっ♪ sage New! 2012/07/09(月) 01:38:51 ID:??? キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
2012/07/09(月) | Dash ch
武御雷がかっこよくて安心した。 マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス 1 朧月の衛士 (ファミ通文庫)(2007/12/25)吉宗 鋼紀商品詳細を見る ちょっと一見さんお断り風味だっ
2012/07/09(月) | 不定形爆発 Ver.2.0
日曜夜のロボアニメ
2012/07/09(月) | 往く先は風に訊け
トータル・イクリプス「第2話 帝都燃ゆ (後編)」に関するブログのエントリページです。
2012/07/10(火) | anilog
 死線。  遂に、BETAとの遭遇戦に入った唯依ちゃんたち。敵は圧倒的な物量で、攻め込んでくる。一機、また一機と味方機が減っていく。唯依ちゃんの友達もレーザーの餌食に
2012/07/10(火) | ζ[ZETA] Specium blog
怒涛の勢いで帝都に押し寄せるBETAの大群! 1200年の帝都にもついに最後の時が...  唯依が絶望しかない戦場に見たものは?  OP映像は1話のダイジェスト。 これは今回だけの
2012/07/10(火) | 空 と 夏 の 間 ...
今回でプロローグは終了。 予想はしていましたが、何とも酷いことになりましたね。 ここからどう巻き返すのか。 楽しみにしたいと思います。 首都・京都に迫るBETAの進撃を止める
2012/07/11(水) | ひえんきゃく
投稿者・ピッコロ マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス 1 朧月の衛士 (ファミ通文庫)(2007/12/25)吉宗 鋼紀商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎
2012/07/11(水) | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
1998年7月31日 京都最終防衛線は突破され、BETAは唯依達がいる京都嵐山仮設補給基地へ 迫り、ついに唯依達も戦術歩行戦闘機に乗って出撃する事になった。 いやな予感しかしないッス…  ...
2012/07/12(木) | ゴマーズ GOMARZ
血が嫌いな人にはお勧めしませんよ というほど、リアルな戦闘描写。そしてシビアな戦場。 第一話の登場人物もほぼ戦死ですもんね。 そして、今回は当然ながらSEXYシーンはなしで
2012/07/13(金) | 9_ppm 最近気になるもの
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。