QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「坂道のアポロン 12話(最終回) 『オール・ブルース』 感想」 の個別エントリーです。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛々しい青春は、痛々しいままでいい。 坂道のアポロン 12話 『オール・ブルース』 のレビューです。

3人+2人の群像劇が、どのような形に決着するのかという物語でしたが、結局バラバラになったまま、でも時間が解決してくれたという結末でした。 地味ではありますが、それでよいのでしょう。 これは、観る人のノスタルジーを呼び起こす作品だからです。

高校時代というのは、なにしろ未熟ですから、いろいろ失敗してばかりで、痛々しい思い出ばかりです。 それでもその時代が愛おしいのは、その頃の一所懸命な自分が愛おしいからでしょう。 薫たちを見ていて、それを思い出しました。 不器用で、でも一所懸命で。

近頃はfacebookなどで、長い間連絡が取れなかった人と繋がったりするので、高校以来の友人と会う機会が増えたのですが、相手が僕の高校時代のことを、僕よりもよく覚えていて驚くことが良くあります。 自分自身は高校時代から時間を重ねて、その思い出は後の経験で埋もれているのだけれど、相手にとって、僕は高校時代のままですから、その頃の僕のことがタイムカプセルのように保存されているのですね。

薫と千太郎は、ぶつかった時はいつも、セッションすることで解かりあうことが出来ました。 今回も、二人は再会してから一言も言葉を交わしていませんが、「セッションで解かりあう」感覚がすぐに戻ってきて、高校時代に戻ることが出来たのですね。 そんな様子がはっきり伝わってくる、いいシーンでした。

律子は異性というよりは、二人の母親のような存在だった気がします。 やんちゃをする二人を笑顔で迎えるのが、彼女の役目でした。 薫と別れたとき、彼女は無理に笑顔を作りましたが、ラストカットの笑顔はとても自然に見えました。 高校時代そのままにやんちゃな二人を見て、彼女にもその頃の感情が瞬間的に戻ってきて、あの笑顔を作らせたのでしょう。

全体として、演奏シーンをウリにしつつ、ノスタルジックな青春ストーリーもきっちり描いた、優れた作品だったと思えます。 サントラ買ってみようかな。

ポチっとして頂けると励みになります!↓

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございます! コメント大歓迎ですが、このブログは原作ネタバレ無しの方針で運営していますので、ご協力をお願いします。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/1926-1b803bfe
この記事へのトラックバック
痛々しい青春は、痛々しいままでいい。 坂道のアポロン 12話 『オール・ブルース』 のレビューです。
2012/06/29(金) | ネタ速報deブログたん
前回からの引き千太郎はどこかへ行ったまま帰ってこず 心ここにあらずな薫くん2人の思い出の場所であった屋上は開放されジャズにも離れてしまい複雑な心境・・・りっちゃんはそん...
2012/06/29(金) | サブカルなんて言わせない!
坂道のアポロンの第12話を見ました。 #12 オール・ブルース 千太郎はさっちゃんの意識が戻ったのを確認するとロザリオを残して回復を待たずに姿を消してしまう。 薫はその現...
2012/06/29(金) | MAGI☆の日記
坂道のアポロンの感想です。 それぞれが進んだ道。
2012/06/29(金) | しろくろの日常
坂道のアポロンですが、川渕千太郎がいない学園生活は西見薫にとっては味気ないものとなります。迎律子ですら、その穴を埋めきれるとは言えません。(以下に続きます)
2012/06/29(金) | 一言居士!スペードのAの放埓手記
今期一番の良作、「坂道のアポロン」もいよいよ最終回です。薫の前から姿を消してしまった千太郎の消息は、その後もつかめませんでした。大切な友人を失って、薫はなんだか
2012/06/29(金) | 日々の記録
あの坂道を登って-------------!!失踪してしまった千太郎。それでも日々は過ぎていく。受験の迫った時期。一時成績を落としてしまった薫だったが、それはなんとか克服。恐らく勉強に...
2012/06/29(金) | ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
あの坂道を登って-------------!! 失踪してしまった千太郎。 それでも日々は過ぎていく。 受験の迫った時期。 一時成績を落としてしまった薫だったが、それはなんとか克服。 恐...
2012/06/29(金) | ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★
「あいつの事 ずっと忘れようとしてたのに  この鼓動が止まらない、この心臓のリズムがどうやっても止められない――」 東京の大学へ進学した薫、千太郎の事を忘れようとしたけれ
2012/06/29(金) | WONDER TIME
良い最終回でした! 上手くまとめたけど、展開早かったなぁ。 原作の9巻を読むべきかは…学生編でイチャモン付ける人はつけるんだろうなぁ。 学生時代にジャズはやってたんですよ...
2012/06/29(金) | 制限時間の残量観察
記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2012/06/post-cbd9.html
2012/06/29(金) | うたかたの日々別館
『姿を消した千太郎。薫はその現実を冷静に受け止めようとするあまり、律子を傷つけてしまう。気持ちがすれ違ったまま、薫は東京の大学に合格し、町を離れる日が来るが…!?奇跡的...
2012/06/29(金) | Spare Time
捨ててしまったものは戻ってこないけれど、失くしてしまったものは急に帰ってくることがある。
2012/06/29(金) | うつけ者アイムソーリー
「西見君、2年の文化祭の君たちの演奏、 僕はきっと一生忘れないよ」 千太郎が姿を消し、薫は一時成績を落としたようだが今は主席に復帰。 それは嫌なことから逃れようと、勉強
2012/06/29(金) | ジャスタウェイの日記☆
薫と千太郎の再会、そして演奏シーンは良かったですね。 最後はやっぱりハッピーエンドがいいですから。 できればもう一話、欲しかったなぁ。 姿を消した千太郎。 薫はその現実
2012/06/29(金) | ひえんきゃく
ジャズで繋がった青春の物語は、まだ続いてる... みたいな終りで良かったです♪ 坂道のアポロンと言うのは 千太郎のことを指してるだけでなく。 これから坂道をあがっていく途...
2012/06/29(金) | 空 と 夏 の 間 ...
坂道のアポロン第12話(最終話)「オール・ブルース」「この鼓動が止まらない!」薫たちの前から姿を消した千太郎。彼は何処に?残された薫と律子は・・・いよいよ、話題作も最終回...
2012/06/30(土) | SOLILOQUY
坂道のアポロン 第12話(最終話)「オール・ブルース」 「この鼓動が止まらない!」 薫たちの前から姿を消した千太郎。 彼は何処に? 残された薫と律子は・・・ いよいよ、話...
2012/06/30(土) | SOLILOQUY 2
坂道のアポロン 第12話(最終話)「オール・ブルース」
2012/06/30(土) | SOLILOQUY別館
「オール・ブルース」 あいつのこと忘れようとしてたのに、この鼓動が止まらない     この心臓のリズムがどうやっても止めらない
2012/07/01(日) | 日影補完計画(あ゛ぁやっちゃったなぁ… おい… な毎日w)
いつまでも思いは変わらず・・
2012/07/03(火) | 雨男は今日も雨に
投稿者・全力丘 坂道のアポロン 1 (フラワーコミックスアルファ)(2008/04/25)小玉 ユキ商品詳細を見る 姿を消した千太郎。薫はその現実を冷静に受け止めようとするあまり、律子を傷つ
2012/07/04(水) | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。