QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「宇宙兄弟 第1話 『弟ヒビトと兄ムッタ』 感想」 の個別エントリーです。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年春アニメの感想第1弾です。 やや期待と違うところもあったけれど、期待作には違いないですね。 宇宙兄弟 第1話 『弟ヒビトと兄ムッタ』 のレビューです。

『生録ブーム』というのが1970年代ごろにあったそうです。 SL(蒸気機関車)が消えつつあった時代なので、その音を残そうということが大きなモチベーションだったようですが、それだけでなく、鳥のさえずりや小川のせせらぎなど、いろいろなものの音を録音して楽しんでいたようですね。 僕の家にも、父親が使っていた機材(ポータブル・テープレコーダーと外付けのマイク)がありました。

ムッタたちが子供の頃に使っていたのは、まさにそれくらいの時代の生録機材に見えました。 たぶん、元々は父親のものなんでしょう。 兄のほうは指向性のガンマイクを持っていました。

そんな小道具にはニヤリとさせられたのですが、ストーリー展開のほうは、ややリアリティに欠けるなと感じてしまいますね。 ムッタは32歳の若さで自動車メーカーの設計主任で、しかも開発した車が賞を取った(おそらくカーオブザイヤーのこと)ということで、超エリートじゃないですか。 他社が引き抜きに来るくらいの人材だと思いますが、上司に頭突きしたくらいでクビで、しかも他のメーカーも雇ってくれないというのは、ちょっとありえないなと。 少なくとも、駐車監視員しか仕事が無いってことは考えにくい。 そのため、ムッタがサラリーマンの悲哀を背負っているのを見ても、あんまり共感できませんでした。

近未来の宇宙開発ものということで、ついリアリティを求めてしまうのですが、この作品はそうではなくて、もっとお伽話的なものなのかもしれません。 ムッタの自動車設計者としての経験が、今後生きてくるのでしょうか。

二人の人物が、別々の道で宇宙に向かう様を描くという設定は、『MOONLIGHT MILE』とカブりますね。 あちらは登山仲間のライバルで、こちらは兄弟という違いはありますが。 ちなみに『MOONLIGHT MILE』で主人公が宇宙飛行士候補になる過程はある意味とてもリアルで、なるほど今後は本当にこういう経歴の宇宙飛行士が登場するのかもしれないな、と思えるものでした。 そういえば、あれも主人公の一人の声が平田さんでしたな。

二人が切磋琢磨する様子が、家族愛も絡めつつ描かれることになるのでしょう。 オープニングの映像が素晴らしかったし、本編も背景などのクオリティが高かったので、宇宙のシーンでのスペクタクルに大いに期待しています。

ポチっとして頂けると励みになります!↓

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント
この記事へのコメント
>ついリアリティを求めてしまうのですが、この作品はそうではなくて、もっとお伽話的なものなのかもしれません

これはちょっと語弊がありますね。リアリティは充分にある作品ですよ。でなければ原作があれだけの傑作と称されるはずは無いですから。
上司に頭突きしただけでクビというのも少し見落としておられるようで。正確にはあの上司がとても陰湿な性格で六太が再就職出来ないように裏で関係各所に徹底的に根回ししていたからです。それプラス六太がとても不器用な性格をしているのもあり、自動車会社以外の就職は無理だと最初から諦めているという点も加味して考えるとこの六太のケースは充分有り得るケースでしょう。
これだけでリアリティが無いと決め付ける前にもう少し視聴を続けてから判断された方がよろしいかと。原作の面白さからしてストーリーの面白さは保証されてますから。
2012/04/05(木) 03:42 | URL | ジンガ #.IoDzD1M[ 編集]
たしかに、ここだけで全体のリアリティについて語ってはダメでしたが、少なくともムッタの就職活動についてはリアリティが無いとしか言えません。

自動車メーカーの設計主任は40代以上が普通で、32歳で設計主任(開発スタート時は20代だと思われる)というのは超優秀な将来を嘱望さえる人物だったはずです。そんな人が応募してきたら、どこでも大歓迎なはずで、上司の根回しがあったとしてもライバルメーカーはそんなことは気にしないでしょう。
仮に自動車業界への就職がダメだったとしても、技術者および開発マネージャーとしてのスキルを生かす職場はいくらでもあるわけで(就職難と言いますが、優秀な技術者は不足しています)、駐車監視員をやることはありません。

重箱の隅を突くつもりは無いのですが、この作品は兄と弟の対比を際立たせて、底辺の兄が輝かしい弟に迫るところを見せたいのでしょうから、兄が底辺であることに説得力が必要で、そこにリアリティが無いのは残念だと思ったのでした。
2012/04/05(木) 11:42 | URL | メルクマール #-[ 編集]
コメントありがとうございます! コメント大歓迎ですが、このブログは原作ネタバレ無しの方針で運営していますので、ご協力をお願いします。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/1864-d57092d6
この記事へのトラックバック
兄とは常に弟の先を行っていなければならない…。 でも世の中ままなりませんね(^^;  ドーハの悲劇の日に生まれた兄・ムッタは運が悪いというか。 野茂英雄が活躍した日に生まれた弟・ヒビトに先に行か...
2012/04/01(日) | SERA@らくblog
―俺は今まで何をやりたかったんだろうか― 兄とは常に弟の先をいっていなければならない、しかし現実は・・・ その答を見つけようとあがく南波六太、その先にあるものとは・・・ ...
2012/04/01(日) | ヲタブロ
nationwise@nationwise宇宙兄弟始まった! #uchukyoudai2012/04/01 07:01:11 nationwise@nationwiseこっちか? #uchukyodai2012/04/01 07:01:36 nationwise@nationwiseドーハとか野茂とか良いのか。 #uchukyodai2012/04/01 07:02:12 nat ...
2012/04/01(日) | nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ!
兄とは常に弟の先を行っていなければならない-----それが兄の務め!!原作が人気で、気にはなっているものの、手をだしていない作品。今期は一気にアニメと映画と同時に攻略って事で...
2012/04/01(日) | ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
兄とは常に弟の先を行っていなければならない-----それが兄の務め!! 原作が人気で、気にはなっているものの、手をだしていない作品。 今期は一気にアニメと映画と同時に攻略って事で、楽しみにしてました!! 2006年7月9日、月に飛翔するUFOに遭遇し「2人で宇宙...
2012/04/01(日) | ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★
『2006年7月9日。星空の下、録音機を持って調査遊びをしていた南波六太(12歳)と日々人(9歳)の兄弟は、偶然にも月へ向かうUFOを目撃し、その感動から、『二人で宇宙飛行士になる』と、約束を交...
2012/04/01(日) | Spare Time
「俺らは二人で宇宙飛行士になるぞ」 片やドーハの悲劇の日に生まれた兄・ムッタに、 片や野茂英雄がメジャーリーグでノーヒットノーランを達成した日に生まれた弟・ヒビト。 生まれからして明暗が分かれてそうなこの二人は、 ジダンがワールドカップで頭突きをして...
2012/04/01(日) | ジャスタウェイの日記☆
宇宙兄弟ですが、ドーハの悲劇や野茂ノーヒットノーランの年に生まれた兄弟が宇宙飛行士を目指すようです。 弟の方は既になっていますが、兄は上司に頭突きしてリストラされるというドーハの悲劇以上の悲劇です。(以下に続きます)
2012/04/01(日) | 一言居士!スペードのAの放埓手記
原作は読んでて気になってた作品で非常に楽しみに観た。 印象としては悪くなかった。 OPもEDも良かったし絵も朝アニメっぽかったけどちゃんとしてたし物語の運び方も問題なかったし声優陣も合ってた。 と...
2012/04/01(日) | 蒼碧白闇
夢再び
2012/04/01(日) | あんずあめ
日曜朝7時にやるアニメじゃない なんでこんな面白い作品を日曜のしかも朝7時にやるんだよ! エウレカセブン見たようなコアな視聴者しかこねージャンかよ! 原作既読組からすると、上手に作ってあって素...
2012/04/02(月) | 制限時間の残量観察
宇宙兄弟 第1話 弟ヒビトと兄ムッタ 2006年7月9日、月に飛翔するUFOに遭遇し「2人で宇宙飛行士になろう」と約束した南波六太(なんば むった)、日々人(ひびと)兄弟。時は流れ2025年、その時に交わした...
2012/04/02(月) | 動画共有アニメニュース
投稿者・フォルテ 宇宙兄弟(17) (モーニング KC)(2012/03/23)小山 宙哉商品詳細を見る 2006年7月9日。星空の下、録音機を持って調査遊びをしていた南波六太(12歳)と日々人(9歳)の兄弟は...
2012/04/03(火) | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
宇宙兄弟「第1話 弟ヒビトと兄ムッタ」に関するブログのエントリページです。
2012/04/03(火) | anilog
宇宙兄弟第1話「弟ヒビトと兄ムッタ」「兄とは、常に弟の先を行っていなければならない」今期アニメ第二弾ですあらすじ(ウィキより)2006年7月9日、月に飛翔するUFOに遭遇し「2人で宇...
2012/04/03(火) | SOLILOQUY
宇宙兄弟 第1話「弟ヒビトと兄ムッタ」 「兄とは、常に弟の先を行っていなければならない」 今期アニメ第二弾です あらすじ(ウィキより) 2006年7月9日、月に飛翔するUFOに遭遇し「2人で...
2012/04/03(火) | SOLILOQUY 2
宇宙兄弟 第1話「弟ヒビトと兄ムッタ」
2012/04/03(火) | SOLILOQUY別館
「上司に頭突きなんかしちゃ駄目だよ!」
2012/04/03(火) | 往く先は風に訊け
兄より優れた弟など存在しない!兄は常に弟の先を行くもの、という物言いが「北斗の拳」のジャギを思い起こさせます。幼い頃にUFOを見た六太(むった)と日々人(ひびと)の兄弟。弟...
2012/04/07(土) | こいさんの放送中アニメの感想
主人公の南波 六太は1993年10月28日生まれで、同日にドーハの悲劇が起きている事からから自分は不運に縁があると考えている男。 2006年7月9日、月に飛んでいくUFOを弟の南波 日々人と共 ...
2012/04/17(火) | ゲーム漬け
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。