QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「true tears 第13話 「君の涙を」(最終回) 感想」 の個別エントリーです。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストで乃絵が涙を流した理由、僕は分かる気がします。 true tears 第13話 「君の涙を」(最終回) のレビューと総評です。

付き合っていた子と別れて、しばらく経った後、その子の写真なんか見つけて、不意に泣けてしまうことってあるものです。 別れたばかりの時は、直近のゴタゴタで、泣くような気分ではなかったのに。 時間が経つにつれて、そういう雑多なことは忘れて、好きだった想いだけ残るのかもしれません。 酒なども、寝かせると雑味が消えてまろやかになるそうですが、思い出も、そうやって熟成されるのでしょう。

乃絵は、別れたばかりのときはショックだっただろうし、あまり眞一郎のことは思い出さないようにしていたでしょう。でも冬が終わり、鶏小屋で赤い実と、石の文字を見たとき、眞一郎を好きだった想いがあふれてきたのでしょう。

おばあちゃんを亡くしたあと、乃絵は心を閉ざして、人とあまり関わらないようになり、本当に「大切な人」が存在しなかったのでしょう。だから人に対して「心が震える」ことが無くて、泣けなかったと。 でも乃絵は眞一郎を好きになったことで、涙を取り戻すことができました。

つまり、全体としてハッピーエンドなのでしょう。 眞一郎と比呂美は言うまでもないですし。三代吉と愛子も順調のようだ。 唯一、救いが得られなかったのは4番ですが、名前も思い出せないのでまぁいいかと。

眞一郎と比呂美の告白シーンも、良かったと思います。思い出の竹林にて。 比呂美が唐突に180度開脚の話をしたのは、「自分も成長している」と言いたかったのではないかと。 決して、過去の思い出だけに生きているのではないよと。

結局、眞一郎は初志貫徹したのですよね。最初から比呂美が好きだったのだし。”ちゃんとする”という約束も守りました。確かに、この結末しか無いなと思えます。

最終回なので総評。 ストーリーは、5点でもいいかと思ったけれど、あえて4点で。 先の読めない、二転三転するストーリーは素晴らしかったですが、気になるところもありました。母親が急に回心したこととか、ここ数話、眞一郎が比呂美に冷たかったこととか。 意外性を出すために、多少無理した感はあります。

キャラクタは5点ですね。乃絵も比呂美もいいキャラでした。どちらも違うタイプの「男を振り回す」キャラで、”俺も振り回されたい”と思わせます。 音楽は、OPが好きなので4点で。あとアブラムシ。 

作画・演出は、これはもう5点ですね。ヒロインの「演技」が素晴らしかった。印象的なシーンは、挙げたらキリが無いほどあります。 富山の実在の街を舞台にして、背景や風習を描きこんでいるのもリアリティがあるし、僕も田舎町出身なのでノスタルジーが喚起されました。富山に行ってみたくなりましたよ。 富山では放送が無かったのですが、放送されることになったそうで。

総合は迷わず5点。心に残る作品になったと思います。 今期ではベストでした。

ストーリー ☆☆☆☆_    
キャラクタ ☆☆☆☆☆
音楽 ☆☆☆☆_
作画 ・演出 ☆☆☆☆☆
富山  ☆☆☆☆☆
総合 ☆☆☆☆☆


よろしかったらポチっとして頂けると↓

コメント
この記事へのコメント
乃絵が涙を流した理由には兄貴の存在が無くなったことも大きいと思いますがいかがでしょう
前回木から飛び降りたのもそうだと思いますが
2008/03/30(日) 11:02 | URL | ムギハダンサーズ #3vdHtgpA[ 編集]
ムギハダンサーズさん、コメントありがとうございます!

このアニメ、制作者はいろいろ説明せずに、視聴者の想像に任せているところが多いですよね。なのでそういう見方もアリかと思います。

僕としては、眞一郎が現れるまで、乃絵にとって「大切な人」は居なかったという文脈だと解釈したので、だとしたら兄貴はあまり眼中に無かったのかな、と思いました。

兄貴の気持ちが分かっていなかったことがショックだった、というのはあったと思いますが。
2008/03/30(日) 21:19 | URL | メルクマール #-[ 編集]
 すごくよかったです。
久しぶりに、恋愛でのドキドキ感が伝播してくる作品で、
毎週楽しみに見てました。

 >思い出も、そうやって熟成されるのでしょう。
 やっぱり、あれですかね?
良い想いでの女性との記憶は、熟成されるのでしょうけど、
思い出したくない記憶の女性とは、
熟成しすぎて、お酢のようにスッパイ想いでになるのですかねっ?

 では、
2008/03/30(日) 21:56 | URL | まるとんとん #vJ5On1Uc[ 編集]
まるとんとんさん、コメントありがとうございます!

”恋愛のドキドキ”は本当にそうですね。特に序盤の、眞一郎が比呂美にぎこちなく接したり、乃絵に振り回されつつも惹かれていたりするところが、初々しかったり、なんだか恥ずかしかったりして。

酒を熟成したつもりが、雑菌が入っていると腐ってしまうわけですね。ナルホド、なんだかうまいこと言った気になりました。
2008/03/30(日) 22:42 | URL | メルクマール #-[ 編集]
>このアニメ、制作者はいろいろ説明せずに、視聴者の想像に任せているところが多いですよね

そうなんですよね
人の感情なんて数式みたいに表せるもんじゃないし、全て言葉で説明できるものでもない
他人の感情を理解するにも自分の引き出しの中の材料をこねくり回して、それでもちゃんと理解出来てるのかどうか?
なので、色んな人が色んな解釈をして新たな発見ができたりして面白かったです このアニメ

とにかく、久々にハラハラドキドキする恋愛ドラマを見たような気がします 
最初は画面の綺麗さに魅かれて見てたのですが、後半からの展開・演出は出色でした
最後まで見ててよかったと思います

P.S.こういうブログにコメント寄せたりするのは実は今回が初めてです
たぶんそれだけ心を掴まれてしまったのでしょう(笑
あまり場慣れしてないコメントでしたがお許し下さい<(_ _)>

それでは、また
2008/03/30(日) 23:07 | URL | ムギハダンサーズ #3vdHtgpA[ 編集]
ムギハダンサーズさん、こんにちは!

感想を書くために、文章で説明しようとするのですが、書いてしまうとなんだか違う気がして、難しいアニメでした。

他の方の書いた感想を見るのが面白いアニメというのは、本当にそうですね。人によって解釈が違うし、自分が見落としていたことを気づかされることも多いです。

ブログにコメントされるのは初めてということで、光栄です。今後もぜひ、気が向いたらコメントして下さい。
2008/03/30(日) 23:47 | URL | メルクマール #-[ 編集]
最終回見ました。
理由がわからなかった点は残りましたが、非常によいアニメだったと思います。(多分写真の切り取りとかは、きれいに正方形だったので葬式で使用する写真の候補を集めていたのではと思っています)
録画してあった1話から最終回までをCMカットしてブルーレイに焼き、確認をかねて1話から見直しましたが本当にいいアニメだったと思います。
感想を書いているみなさんが言っていることですが、映像がとてもよく、夕日のさしこみや、電灯の明かりの処理など本当にすばらしかった。
映像だけではなく、ストーリー的にも登場人物の心の変化がよく伝わってきたと思います。
たとえば、眞一郎の母が、ひろみに対して心を開いていき、最終話で初めて「ひろみちゃん」と呼ぶことや(ひろみが謹慎中に学校の校長にひろみと言ってましたがそれは別ってことで)、ひろみに好きな人がいることがわかっても、ひろみのバイク事故の現場でひろみを抱きしめたときにも決して泣かなかった眞一郎が、最終話でノエのことで初めて泣いたこと。最後にノエには見せた絵本をひろみが見たいと言ったとき、「つきあおう」って眞一郎が絵本を見せることをごまかして言ったことに対して、すねて「いや」と言って見たり。本当に、登場人物の心の動きがうまく表現できた作品だったと思います。
まだ見ていない人には、是非見ていただきたい作品だと思いました。
2008/04/06(日) 00:19 | URL | 通りすがりです #-[ 編集]
通りすがりですさん、コメントありがとうございます。

写真の切り取りの件、ビックリしました。そういう見方もありますね! そうだとしたら、ぜひ本編で分かりやすく明かして欲しかったですけれど。確かに、アルバムのことで比呂美が怒ったときの母親のリアクションは不自然でした。

眞一郎の母の心境の変化については、分からないところがあったけれど、1話から丁寧に見直せば、なにか発見があるのかもしれません。時間があったら、ぜひやってみたいと思います。
2008/04/06(日) 22:48 | URL | メルクマール #WstX4HDY[ 編集]
コメントありがとうございます! コメント大歓迎ですが、このブログは原作ネタバレ無しの方針で運営していますので、ご協力をお願いします。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/181-9ae078f4
この記事へのトラックバック
「君の涙を」 木から飛び降りた乃絵。幸いにして、骨折程度の怪我で済んだものの、眞一郎の気持ちは。純、比呂美の気持ちは…。 「全員が...
2008/03/30(日) | 新・たこの感想文
第13話「君の涙を」
2008/03/30(日) | 待ってられないアニメがある。
強い痛みを伴う最終話でした。 アニメというのは「絵空事」。 学校や会社の人間関係などで疲れた人達が、一時のファンタジーに逃避して明日への活力を養う、そういうのが得意なジャンル。 対して実写ドラマは生々しすぎて、夢の世界に入れません。 しかしその生々し...
2008/03/30(日) | バラックあにめ日記
前回のラストで木から飛び降りた乃絵ですが、雪のおかげで右足の骨折だけで済みました。 眠ったまま何年も目を覚まさないとかじゃなくて良か...
2008/03/30(日) | リリカルマジカルS
第13話 「君の涙を」
2008/03/30(日) | ~Fantasy Earth Blog~ 脱初心者への道
true tears 第13話「君の涙を」 理解される喜びも、信じられる喜びも、愛される喜びも、人との係わりの中でしか得られない。恋はドラスティッ...
2008/03/30(日) | Welcome to our adolescence.
2代目雷轟丸、羽ばたけ! ついに最終回。第1話を見る前とは思えないくらい視聴意欲の強かった作品。これがラストか~。 ではtruetears最終回感...
2008/03/30(日) | ラピスラズリに願いを
最終回です。 よくここまでもったな自分・・・。 まずよく骨折だけですんだなって話ですね。 雪があるとはいえ普通に死ねますよ。 兄貴...
2008/03/30(日) | 日々を綴る
第13話キャプ付き感想です。 今期No1の称号は重すぎたかな? 期待が大きすぎたんだと思います。 そういうことにしましょうwww ...
2008/03/30(日) | 続・たてまつやんの戦闘記
公式よりあらすじ。 理解される喜びも、信じられる喜びも、愛される喜びも、人との係わりの中でしか得られない。恋はドラスティックに人の...
2008/03/30(日) | 日常と紙一重のせかい
祭の後…。 眞一郎は乃絵のことを純に謝り。 純は比呂美に好きでなかったと告げる。 そして比呂美は眞一郎を部屋に呼ぶ…。 嫌いにならな...
2008/03/30(日) | SeRa@らくblog
とうとう最終回。どんな結末が待っているのか・・・??truetearsvol.2早速感想。乃絵、そして自分にもしっかりと向き合って欲しいと語る比呂美。それを聞いた眞一郎のとった行動は・・・。そんな感じの最終回はしっかりと決着をつける形に。乃絵に絵本を見せると言った眞...
2008/03/30(日) | 物書きチャリダー日記
衝撃の展開で毎週終わってきた作品ですが、最終回は正直微妙。なんか中途半端感が否めなかったです。乃絵は骨折で済んだとか。死んだと思いましたww眞一郎と比呂美がやっとちゃんとくっつきましたね。まあそこは普通のハッピーエンド的な。乃絵の兄ともちゃんと別れまし...
2008/03/30(日) | スローボール
 今期最高のアニメ「true tears」もついに最終回。神回だったと思います。
2008/03/30(日) | あにめどりる
『true tears』 最終回…第13話 『君の涙を』。 ストーリーは…。 理解される喜びも、信じられる喜びも、愛される喜びも、人との係わりの中で...
2008/03/30(日) | どっかの天魔日記
「どういう時に泣く?」
2008/03/30(日) | 空色☆きゃんでぃ
思いっきりネタバレです。 true tears視聴前...
2008/03/30(日) | A-MIX
  __,冖__ ,、  __冖__   / //       /        / i, 
2008/03/30(日) | たどたどしい日々
眞一郎が乃絵と比呂美のどちらを選ぶのか最終話まで引っ張った「true tears」第13話。主人公の視点で見れば「比呂美を選んだ」と言えるけれども、乃絵の立場では「選ばれない事を選んだ」ような感じでもある。珍しくも普通の(と言うにはアクが強いが)ヒロイン比呂美エン...
2008/03/30(日) | アニメレビューCrossChannel.jp
眞一郎の答え。
2008/03/30(日) | ミナモノカガミ
【あらすじ】 理解される喜びも、信じられる喜びも、愛される喜びも、人との係わりの中でしか得られない。 恋はドラスティックに人の...
2008/03/30(日) | Shooting Stars☆
作画とOPが神がかり的だった『true tears』も今回で最終回です。 比呂美、乃絵、愛ちゃん、3人とも本当に可愛かったですね。ラストで眞一郎...
2008/03/30(日) | **ユメイチゴ**
トゥルーティアーズ
2008/03/30(日) | ゲーム&アニメ感想館
ture tears感想です。ネタバレ注意。画像が多いので、回線が細い人・PCスペックが低い人は注意してください。
2008/03/30(日) | ネットの片隅で適当なこと書く人のブログ
true tears最終話「君の涙を」、誰か俺に涙を拭わせてくれ…(号泣。・゚・(ノ∀`)・゚・。 “雷轟丸”とつけた紙ヒコーキ 二人でよく飛ばしたね~。絵本の結末と同じく、確かにニワトリは紙飛行機となることで空は飛べました。(実際には捨ててるんだけどw 直喩的
2008/03/30(日) | ふぇあ へぶん。→stoicでいこう
第13話 『君の涙を』    「眞一郎」から大切なあなたへ・・・     一人歩きを始める、今日は「乃絵」の卒業式だね、  僕の扉を開...
2008/03/30(日) | まるとんとんの部屋
true tears vol.3 理解される喜びも、信じられる喜びも、愛される喜びも、人との係わりの中でしか得られない。恋はドラスティックに人の内面を曝け出す。真の自分を知った彼らは、招く結果に関わらず、もう一度大切な人と真っ直ぐに向き合うことを選ぶ。一度は雪で覆わ...
2008/03/30(日) | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
【true tears】 第13話の感想です。
2008/03/31(月) | 紅鏡の鑑
true tears vol.3(2008/05/23)石井真、高垣彩陽 他商品詳細を見る true tears 第13話(最終回)キャプ感想です。 眞一郎の選択は――――――
2008/03/31(月) | 紅蓮の煌き 
最終話「君の涙を」 君の涙を僕は拭いたいと思う。今の僕にはそれができる。 と、言う事で眞一郎が選んだのはやはり比呂美でした。どうな...
2008/03/31(月) | 渡り鳥ロディ(旧ぎんいろ)
true tears vol.2石井真発売日:2008-04-25価格序盤は良作品でしたが作品のクオリティは終始それなりに高いと思います。ただ、終わってみれば、主人公とヒロイン(比呂美)に振り回されるまわりの人達といった最初から2人は相思相愛だったんだよ、とめぞん一刻の焼き直し
2008/03/31(月) | ここには全てがあり、おそらく何もない
最終回。眞一郎の選んだ相手とは…? 「本当の涙」をテーマとした今作、泣いても笑っても最後です。 ゲームとは大分違うのかなぁと気になりますね^^
2008/03/31(月) | 月の満ち欠け
何という結末www 乃絵エンド希望してた奴ら死亡としか言い様がない。 それにしても今更比呂美エンドとは…… 前回の終盤で乃絵エンド確...
2008/03/31(月) | ランゲルハンス島の雑記帳
JUGEMテーマ:漫画/アニメ &nbsp;    乃絵か比呂美。  どちらかをちゃんと選ばないといけないと決めた眞一郎だが、果たして誰を選ぶ結果になったのか?     全てのいざござも決着するのか? &nbsp;  今回、最終回です。http://lapislazurirose.blog69.fc2....
2008/04/01(火) | 独り言の日記
最終回は、乃絵が眞一郎の描いた絵本を読むお話。 最初は思い切り拒んでましたが、結局見ずにいることはできなかったようで。 最後のページはどんなふうに補完したんでしょうかね。 乃絵は木から落ちてどうなったかと思ったら、骨折してしまいましたか・・・。 雪が...
2008/04/02(水) | パズライズ日記
true tears 第13話「君の涙を」 あぶらむしを再評価したアニメ終結 心残りはあるけれど、それぞれ収まるところに収まった   
2008/04/04(金) | 裏オタク
どんな結末を迎えるかと思った true tears ですが、結局カップリングとしては比呂美×眞一郎で決着しちゃいましたね。(^^;比呂美とのやり取りの後、木から飛び降りた乃絵でしたが、足...
2008/04/04(金) | 日々の記録
 結局、乃絵はどうなったのでしょうか?  感動(?)の最終回は自分としては良かったと思います!すこし無難な感じでしたがw  true tears ...
2008/04/04(金) | 荒野の出来事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。