QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「ギルティクラウン 第12話 『再誕 the lost christmas』 感想」 の個別エントリーです。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生物とは、遺伝子が自分のコピーを残すための乗り物に過ぎないと言われますが、この物語の主役も”遺伝子”なのかもしれません。 ギルティクラウン 第12話 『再誕 the lost christmas』 のレビューです。

いろんなことが怒涛のように明らかになった回で、テンポは良かったけれど、怒涛すぎて、集と涯とマナの関係性(愛憎)の描写が断片的だったように思います。 断片的な情報から、想像で補完しろということでしょう。

涯はマナに憧れて、「大人の目」、つまり恋愛対象として見ていたけれど、一方でマナがウイルスに侵されて「狂っている」ことに気付き、それを集に警告しようとします。 マナは、「私は集と結ばれる」と涯を拒絶しつつも、涯を支配下に置こうとします。 涯はマナへの恋心と集への友情の狭間で、苦しんでいたのでしょう。

この作品は遺伝子がテーマなので、遺伝子が融合して新しい生命を生み出す”生殖”を外すわけにはいかないでしょう。 ユウは、マナの伴侶が「新たな人類の始祖となる」と言っていました。 感染したイブ(マナ)と、選ばれた相手が生殖して、”新たな人類”を生み出すことが、アポカリプスウイルスの本来の用途だと思われます。

マナが「結ばれる」相手として、集を選んだ経緯は描写されませんでしたが、ウイルスの影響はあるでしょうね。 近親婚が忌避されるのは、道義的な理由だけでなく、生物的な理由があります。 近い遺伝子を持ったもの同士が生殖することで、劣性遺伝子のペアが作られて、遺伝子疾患のリスクが高まるからです。 でもアポカリプスウイルスの立場では、ウイルスによって書き変えた遺伝子を積極的に次世代に残したいわけですから、近親婚のほうが確実性が増すはずです。 マナが集と結ばれたいと願ったのは、そういうウイルスの本能に操られていたと考えられます。 でもきっと、彼女自身の潜在的な願望もあって、どこまでが自分の気持ちなのかは、彼女もわからなくなっていたでしょう。

集がマナの求めに応じて結ばれていたら、集が「新たな人類の始祖」となったはずですが、集は拒絶したので、マナは暴走し、ウイルスが人を襲うようになったと考えられます。  それが”ロストクリスマス”の顛末だったのですね。

涯や集としては、自分たちの力が足りなかったばかりに、マナを助けられず、さらに大勢が死ぬ大惨事を招いたわけで、大きなショックを受けました。 それを契機に、涯は「強くなる」道を選び、集は「忘れてしまう」道を選びます。 本来は、集のほうが強い人間で、涯はそんな集が目標だったのに。 でもここで、集は封印した過去を思い出し、ヘタレから卒業できるのでしょう。

涯は以前、「好きな女を抱くために戦っている」と言ってましたが、それは実現したのでしょうね。 マナを胸に抱いて、集の剣で貫かれることになりました。 あれはただの剣ではなく、いのりのヴォイドなので、本当に死んだのかは不明です。

「六本木フォートはマナのヴォイド」というのは壮大な話ですが、それにはどういう意味があるのでしょうね。 ヴォイドだから、GHQはあまり手を出せず、葬儀社がアジトにすることができたのでしょうか。 マナが消えた?ことで、六本木フォートも消えるのでしょうか。

いのりは「インターフェイス用インスタンスボディ」ということで、つまりマナのクローン的なものなのでしょう。 ユウも人間離れしているので、デザインベイビー(遺伝子操作によって能力を高めた人間)的なもの見えます。  彼がラスボスなのでしょうか。

当初はGHQ V.S. 葬儀社 という図式で、巨大なGHQに知略で立ち向かうのが痛快だったのですが、もうそれは終わって、物語は次のフェイズに入ったようです。 次回が、今後の方向性を示すことになるはずなので、注目しています。

ポチっとして頂けると励みになります!↓

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント
この記事へのコメント
メルクマールさん、久しぶりです。

アポカリプスウイルスの性質、設定や、「イブ」の名を使うところは、同じ遺伝子をテーマとしたSFホラー小説:「パラサイト・イヴ」を思い出しました。


公式Twitterを読むと、涯は本当に死んだらしいです。
2012/01/14(土) 11:53 | URL | Zax #-[ 編集]
たしかに、遺伝子物SFという点で、パラサイト・イブと共通点がありますね。

あれはミトコンドリアに寄生するウイルスという設定で、ミトコンドリアは母系しか遺伝しないので「イブ」なのですが、アポカリプスウイルスがそうなのかは不明です。

あと、アポカリプスウィルスは、何らかの有効利用しようとする狙いがあったはずで、バンデミックは事故か副作用なのでしょう。

涯が死んだとは、信じられない気分ですけれどね。集と二人で一人前の主人公だと思っていたので。
2012/01/15(日) 12:00 | URL | メルクマール #WstX4HDY[ 編集]
コメントありがとうございます! コメント大歓迎ですが、このブログは原作ネタバレ無しの方針で運営していますので、ご協力をお願いします。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/1808-c9416469
この記事へのトラックバック
ギルティクラウン #12 再誕 the lost christmas 546 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で 投稿日:2012/01/13(金) 01:56:16.99 ID:PVq2Dxk5P 実は知り合いでしたとかなんつー安っぽさだ ...
2012/01/13(金) | にわか屋
 子どものときの集が最強ですね。
2012/01/13(金) | つれづれ
 葬送、恙神涯。  …以下、お話――前回の続き。 嘘界「…ヴォイド? あの街全てが?」 茎堂「六本木フォートは、一人の少女の心で形作られた幻影なのだよ」 嘘「…桜 ...
2012/01/13(金) | あにぎし、ツブヤきます。
私のことを大人の目で見たのよ 「ギルティクラウン」第十二話感想です。 ギルティクラウン(1) (ガンガンコミックス)(2012/01/21)宮城 陽亮、満月 シオン 他商品詳細を見る
2012/01/13(金) | 知ったかアニメ
「集 思い出せ、あの日の出来事を  お前は覚えているはずだ」 集・涯・真名、3人の過去が明らかに! いのりを助けに向かう集、そして涯が……    【第12話 あらすじ】 ガイをヴォイドの刃にかけ、...
2012/01/13(金) | WONDER TIME
「ギルティクラウン」  第12話 「再誕 -the lost christmas-」 の感想記事です。   ついに過去の記憶を取り戻す“集”   ようやく開かされる、涯、集、真名の関係。   そして、いのりちゃんの正体も!
2012/01/13(金) | アニメとゲームと情報局!
ギルティクラウンの第12話を見ました。 phase12 再誕:the lost christmas 「ここでお別れです。さようなら、桜満集!」 「いのりのヴォイドを使って集は襲われるが、涯が庇ってくれる。 「だから放...
2012/01/13(金) | MAGI☆の日記
最終回? 最終回かと思えるほど、話にも区切りが着いていましたし、盛り上がっていました。 映画のクライマックスを見たような感じですね。
2012/01/13(金) | シュミとニチジョウ
ギルティクラウン 02【完全生産限定版】 [DVD](2012/02/22)梶 裕貴、茅野愛衣 他商品詳細を見る  集の実の姉だった桜満真名。恙神涯を助けたのは、真名。 そして楪いのりは、肉体を失った真名とコ...
2012/01/13(金) | 北十字星
お前はいつだって 俺になれる、俺がお前になれたように――。 ようやく甦った集の記憶。 涯との過去を思い出したのに 切ない結末ですね…。 ギルクラ前半クライマックス! ▼ ギルティクラウン 第11話「...
2012/01/14(土) | SERA@らくblog
情報量が多い回だったなあ。 果たしてこの作品はGHQの設定とか必要だったのだろうか。
2012/01/14(土) | 世の為人の為に生きたいけど感想も書きたいブログ
「だから放っておけないんだ、お前は-----------」六本木に突如発生した塔のようなオブジェ。いのりからヴォイドを取り出し、集を襲おうとしたユウ。だが、それを庇ったのは-------涯。六...
2012/01/14(土) | ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
「だから放っておけないんだ、お前は-----------」 六本木に突如発生した塔のようなオブジェ。 いのりからヴォイドを取り出し、集を襲おうとしたユウ。 だが、それを庇ったのは---------涯。 六本木のすべてはヴォイド。 だが、ここは、本当はひとりの少女...
2012/01/14(土) | ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★
 ギルティクラウン  -GUILTY CROWN-  第12話 『再誕 the lost christmas』 感想  次のページへ
2012/01/14(土) | 荒野の出来事
舞台は六本木フォートの最深部、コキュートスへ! 語られた10年前の出来事。涯と集の関係にすごく驚き、そして感動しました。 今回で第1章の終わり、ということのようです。
2012/01/14(土) | ひそかにささやかにアニメ等を応援している日記
いい最終回だった・・ というか本当にこれで最終回でいいんじゃないかな?w とりあえず、今までの話の中では一番の神回でしたね。 ギルクラでこういう話が見られて良かったです。
2012/01/14(土) | ☆*Rolling Star*☆ ~純粋に、純真に~
前半戦終了、というところですか。年をまたいでしまったのは不運としか言いようがない。
2012/01/14(土) | もす!
集をかばい負傷した涯を抱きかかえ、広がっていく血だまりと クロスのペンダントを見た集は昔を思い出す… 集「君は…まさか」 涯「やっと思い出したか、鈍いのは相変わらずだな、集」 あのフラッシュバックに出てくる少年は涯だった。 涯はユウを見ると… やっとお出...
2012/01/14(土) | ゴマーズ GOMARZ
集を守るために墓守に斬られた涯 「だから放っておけないんだ、お前は…」 そして、集は涯が誰なのかを思い出す 集が墓守を追おうとすると墓守に全てを思い出せと言われ、引き離されてしまう
2012/01/15(日) | 犬哭啾啾
ギルティクラウン「第12話 再誕 the lost christmas」に関するブログのエントリページです。
2012/01/16(月) | anilog
いのりを連れ去ったユウは“ダアト”の墓守。 その姿を追った集は、六本木フォートに出現した巨大オブジョへ。 その地下で、囚われのいのりを捧げ、儀式を始める茎道と対峙する事 ...
2012/01/17(火) | ゲーム漬け
六本木フォートに出現した巨大オブジェ。茎道修一郎はそれが一人の少女・桜満マナによるものだと嘘界=ヴァルツ・誠に語る。桜満集を庇って傷ついた恙神涯。ガイは謎の少年ユウを“ダァト”の墓守と呼ぶ。彼が楪いのりを生け贄にして、マナを蘇らせようとしていると告げる?...
2012/01/18(水) | 無限回廊幻想記譚-アニメ・映画感想-
何この迷惑なブラコン女! こいつのイヤボーンで、日本は大変なことになっちゃったのかよ。 いやまあ、弟に拒絶されんのは、そりゃショックでしょうけど。 好きな男の子に化け物扱いされるのは、心がちぎれ...
2012/01/19(木) | アニメ徒然草
今期は一週遅れで罰ゲームなので頑張ります! なヨペチコです。 2クール系は追いついてからでOKなようですが、追いつくのが遅れても罰ゲームっぽいので やっぱり頑張ります!
2012/01/22(日) | バカとヲタクと妄想獣
ギルティクラウン 12話「再誕:the lost christmas」、観ました。 涯をヴォイドの刃にかけ、いのりを連れ去った“ダアト”の墓守・ユウ。 その姿を追った集は、六本木フォートに出現した巨大オブジョに導かれる。 その地下で、囚われのいのりを捧げ、異様な儀式を始める茎...
2012/01/29(日) | 最新アニメ・マンガ 情報局
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。