QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「輪るピングドラム 第24話(最終回) 『愛してる』 感想」 の個別エントリーです。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「生存戦略」をテーマに描き切った最終回。 輪るピングドラム 第24話 『愛してる』 のレビューです。

この作品は一見難解なのですが、それは、どのシーンが現実で、どのシーンが象徴(空想)なのか分かりにくかったり、「こどもブロイラー」や「ピングフォース」といった重要そうな設定について、ほとんど説明されないことから来ています。

でも、それらのディティールはあまり突き詰めて理解する必要は無いのでしょう。 多分に感覚的で、理詰めで作られた作品ではないからです。 20話のレビューで、それを「創発的」だと書きました。 制作者がほとばしる表現力をぶつけたものを、そのまま感じればいいはずです。  

それらのディティールや象徴を取り去れば、作品の筋は実は分かりやすくて、つまりは「2つの生存戦略」の戦いでした。 2つの生存戦略とは、「眞悧の生存戦略」と「桃果の生存戦略」です。

眞悧(ピンク髪の男)の生存戦略は、いわゆる『利己的遺伝子』の考え方ですね。生物とは遺伝子の乗り物であり、遺伝子が自分のコピーを残す確率を最大化するための行動をする、という『生存戦略』です。 「生命の世界は、利己的なルールが関与している。そこに人の善悪は関与できない」 と眞悧は言っていました。 

確かにこれで、生物の行動の多くは説明できて、その説明によく使われるのがペンギンだったりします。 ペンギンは真っ先に海に飛び込むことはせず、他のペンギンが飛び込んで、海に危険な外敵がいないかどうかを確かめようとします。 真っ先に飛び込むようなペンギンは、勇気があるかもしれないけれど、死ぬ確率が高く、子孫が残せない(遺伝子が生き残れない)のです。

ピングフォースは、そんな利己的なペンギンを象徴しているのでしょう。 自分が生き残れるならば何をしてもよいという、生存戦略の象徴です。 今の世の中は、人々が箱の中に閉じこもって孤独であり、それは人間としての「社会性」と、生物としての「生存戦略」の板挟みになって動けないからではないか。 ならば、社会性なんてものをブチ壊して、利己的な生物として生きるのが本来の姿ではないか、というのが、ピングフォースや眞悧の思想だと想像します。

その対極にあるのが、「桃果の生存戦略」です。 この作品のファンタジー的な要素は、彼女に集約していますね。 桃果が日記を持っていて、「運命の乗り換え」の呪文を知っていて、眞悧をこの世ならぬ存在にして、また「プリンセス・オブ・クリスタル」の帽子を作ったのです。

なぜ桃果にそんな力があるのかは不明ですが、そういうものだとします。 神様か天使なのかもしれません。 ともあれ、桃果はプリンセス・オブ・クリスタルを通して、冠葉と晶馬に「ピングドラムを探すのだ」と命じます。それが生存戦略だと。

そしてピングドラムとは、かつて冠葉と晶馬が分け与え、そして陽毬にも与えた『リンゴ』でした。 宮沢賢治の作品において、リンゴは生命の象徴です。 色・形・大きさが心臓と似ているからですね。 この場合のリンゴも、リンゴそのものではない象徴でしょうけれど、ともあれ、彼らは赤の他人だったのですが、『リンゴ』を分け合って兄弟となることで、共に生き延びたのでした。

もし彼らが「利己的遺伝子」の生存戦略で行動していたならば、少なくとも晶馬と陽毬は生きていなかったでしょう。 二人の助けが無かったことで、冠葉も生きられなかったかもしれません。 彼らは利己的ではない、別の生存戦略で生き残ったのです。

つまり、リンゴは愛による死を選択したものへのご褒美でもあるんだよ」と、ラストで子供の冠葉(生まれ変わり?)が言っていましたが、まさに「愛による死」という表現が、この場合の生存戦略を説明するのに適切でしょう。 利己的ではなく、自分が生きる確率を減らしてでも、他人が生きる確率を増やし、全体として生き残る確率を増やそうとする生存戦略です。 この原動力となるのは、家族愛、同胞愛、愛国心などの「愛」であるはずです。

眞悧による「利己的な生存戦略」に対抗するため、桃果はプリンセス・オブ・クリスタルを通じて「愛の生存戦略」を見出すよう高倉兄弟を導いて、そして彼らはピングドラムにたどり着いたのでした。 冠葉は眞悧にそそのかされ、陽毬を助けるには利己的になるしかないと考えていましたが、最後の最後で、自分たちが「愛の生存戦略」で生かされたことに気づき、「利己的な生存戦略」の間違いを悟ったのです。

苹果もまた、 陽毬と晶馬を助けたいと思い、またそれが桃果の遺志だと悟り、自分を犠牲にしてでも他人を生かそうとします。 それによって、「愛の生存戦略」が「利己的な生存戦略」に打ち勝ち、つまりは桃果が眞悧に勝ったのでした。

代償として、冠葉と晶馬は世界から消えてしまいますが、10年前に戻って生まれ変わることができたようで、これは桃果からの「ご褒美」なのかもしれません。 全体にハッピーエンドで、とても後味が良いですし、前向きなメッセージがありました。

現代の僕たちは、生きるか死ぬかという瀬戸際にいるわけではありませんが、人々は孤独であり、多くの社会的な問題に直面しています。 でもそれらは、自分の一部を殺して他人を生かすことによって利益を最大化する、「愛の生存戦略」によって解決できる問題ではないか。 そんなメッセージが込められているように思うのです。

ポチッとして頂けると励みになります!↓

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント
この記事へのコメント
本当に良い最終回でした。ハッピエンドなのに何故かとても切なかった(泣)
芸術性と大衆性を兼備したっていうのはこのような作品のことを言うんでしょうね。人を選ぶ作品なのは確かですが演出者の個性がだんだん見づらくなる今の時代だから自分としては見応え充分でした。幾原監督の次回作がとても楽しみです。
2011/12/25(日) 12:41 | URL | Katty #JalddpaA[ 編集]
本年度を締め括るに相応しい「難物」でしたね(笑 今年は不思議と「運命のやり直し」をテーマにした作品が多かった印象です。

個人的には桃果という女の子が一番の謎でしたが、眞悧がこの世に生まれ落ちた者を「呪う」存在で、桃果は「祝福」する存在のように思えました。
この作品に登場する少年少女達は、いずれも自分の命に代えても救いたい相手が存在します。 最終話でそれが冠葉と晶馬に凝縮された結果、彼らは消滅(?)し、「生存戦略」さながら子供を産む女である陽毬と苹果が生かされたのはとても興味深いです。

前話での桃果と眞悧の対決を、黄泉平坂でイザナミの「一日に千人を殺す」という呪いの言葉に、「ならば千五百人を産もう」と返したイザナギの説話を連想したのは私だけでしょうか。
もちろん、立場は男女逆転していますが。
2011/12/25(日) 17:57 | URL | こにぃで #-[ 編集]
>なぜ桃果にそんな力があるのかは不明ですが、そういうものだとします

これは全ての人にある力です。
誰にでも運命の乗り換えは出来る。
ただし、一度きり。
BLACK BLOOD BROTHERS
における吸血鬼になる、始祖になる。
それと同じだと思います。
人間には一度きり答えを出す権利が与えられている。
しかし、その答えが出た後はそれに縛られる。
たまに一つの作品以降、次まで長く休む漫画家がいますが多分それが答えが出たということだと思います。
答えを出した時からその人はどこにも行けなくなる。
その答えを突き詰めるだけの存在になっていく。
そして、一つの答えという形で不死の存在となる。
サネトシと同じ思いを持った人間が現れた時にその人間の内側に現れる。桃果も同じ。
二人とも元はただの人間。
でもその言葉、その人を知るもの、事件を知るものの心の中に宿る形で永遠と奇跡に等しい力を手に入れた。
でもそれは呪いでもある。
永遠にそういう存在として縛られるということ。
アーチャーではありませんが、「(自分にとって)意味のない殺戮も、意味のない平等も、意味のない幸福も拒んでも見せられた。守護者になった俺に意志などない、人間によって産み出され(描かれ)人間が作ってしまった罪の後始末をさせられるだけ。」
そういう存在になるほどの答えを手入れただけのただの人間。
それがサネトシと桃果ではないでしょうか。
それがサネトシのいうその身が焼かれ何も残せないという意味ではないでしょうか。
二人もまたそういう存在になってしまった。
永遠に二人で分け合う。
姿が変わろうと、名が変わろうと、二人で罰を受け続ける存在に。
次の運命の列車に乗ることができた二人の内に宿り。
見せつけられ続ける。
二人に与えられる罰を。

そして桃果はその役を二人とサネトシに押し付け勝手に眠りについた。
サネトシは永遠に運命の列車を見送り続けるはずです。
自分たちを縛り続ける世界を壊すために、自分は無理でも次の運命の列車に乗っている人間の中からは自分と同じ存在が生まれないように。
ただの偽善でも自分の起こせる奇跡で救える人がいるのならと列車を見送り続ける。

桃果とサネトシの力は人の心の奥底に残ることができるそんな存在になることで得られる力。でもそれは全ての人にできることで、全ての人にある力。そして、全ての人が受ける呪いであり、罰。
さっさと忘れられ眠りにつける奴もいれば、永遠に縛られる奴もいる。桃果もサネトシと同じ、もう次の世界に影響を及ぼせない、忘れられる存在、塵ひとつ残せない存在。永遠に幸せになんてなれないただ消えていくだけの存在。
勝ちも負けもなく、もう眠れるか、まだ眠らせてもらえないか、そういう存在が桃果とサネトシではないでしょうか。

ただもしかしたら桃果もまた「帽子の彼女」が宿っただけの存在でサネトシよりも格下だっただけなのかもしれませんが。
桃果は眠りにつけても「帽子の彼女」はサネトシ同様永遠に世界に縛りつけられその罰を受け続けているのかもしれませんが。
2011/12/26(月) 05:18 | URL | 野良猫 #eOLD9.pg[ 編集]
■Kattyさんコメントありがとうございます!

そうですね。特に考えなくても楽しんで見られるし、考える余地もある。映像は純粋にかっこいいし、芸術性も高い。素晴らしい作品だと思います。


■こにぃでさんコメントありがとうございます!

確かに難物でしたが、すべてを理解する必要はないと諦めることで、むしろわかりやすい作品だと思えるようになりました。

桃果と眞悧は、この世の善意と悪意の象徴で、これもわかりやすい二元論なのでしょう。イザナミとイザナギにもつながる、古典的なテーマですよね。


■野良猫さんコメントありがとうございます!

「誰にでも運命の乗り換えは出来る」というのは、面白い視点ですね。誰しも桃果になれるし、眞悧にもなれるのかもしれません。自分自身の”運命”において、自分が主人公なのだから。
2011/12/31(土) 03:28 | URL | メルクマール #WstX4HDY[ 編集]
メルクマールさん、こんばんは。「うたかたの日々」のSIGERUです。年末のご挨拶に伺いました。
2011年はTBなどでお世話になりました。2012年も、充実した年にしたいものです。
切れのよい理知的なレビュー、来年も楽しみにしています。
それでは、良いお年を。
2011/12/31(土) 20:03 | URL | SIGERU #gvOA6bH6[ 編集]
年を越してしまいましたが、昨年はお世話になりました。今年もよろしくおねがいします!
理知的なレビュー、と言われると恥ずかしいですが、楽しんでいただけると幸いです。
2012/01/02(月) 01:01 | URL | メルクマール #WstX4HDY[ 編集]
コメントありがとうございます! コメント大歓迎ですが、このブログは原作ネタバレ無しの方針で運営していますので、ご協力をお願いします。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/1800-897b9dcb
この記事へのトラックバック
輪るピングドラム    放送開始:2011年07月
2011/12/25(日) | ぶっきら感想文庫
晶馬と冠葉が出会った時、死を目前にした2人ですが、生き残る者を選ぶ事になる運命の果実は冠葉にだけあった。 ですが、冠葉は運命の果実を2つに割って、晶馬と分け合った。 高倉 ...
2011/12/25(日) | ゲーム漬け
謎と不思議と目いっぱいの愛と。 堂々の完結でした。
2011/12/25(日) | あくあぐらす~Aqua Glass~
輪るピングドラム 24話「愛してる」 の感想を 過去に呪われた、「冠葉」「昌馬」「陽毬」「りんご」の4人 とらわれ続けた運命の中で導き出した答えは… そして”ピングドラム”の正体は、やはりアレだったんだな 『 輪るピングドラム 』の公式ホームページは?...
2011/12/25(日) | おもしろくて何が悪い ケの人集会所
【愛してる】 輪るピングドラム 4(期間限定版) [Blu-ray]出演:木村昴キングレコード(2012-01-25)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る これが僕達の始まり、運命だったんだ! 
2011/12/25(日) | 桜詩~SAKURAUTA~
ありがとう、ございました! というわけで、 「輪るピングドラム」24話(最終回) ぶっ生き返すの巻。 大逆転。それもまた、運命。 さすがに全員生存ルートまでは辿り着けなかったけど、 転生でき...
2011/12/25(日) | アニメ徒然草
輪るピングドラムですが、陽鞠をめぐって冠葉と晶馬の対決となるようです。苹果も重要な役割を果たしますが、最初の方の頃と違って一番まともなキャラになりつつあります。(以下に続きます)
2011/12/25(日) | 一言居士!スペードのAの放埓手記
輪るピングドラム 上(2011/07/04)幾原 邦彦、高橋 慶 他商品詳細を見る  高校生たちがドタバタしているなというのが、序盤での印象。話の輪郭がじょじょに見えてきて、何となく形が出来あがったぐらいで最終...
2011/12/25(日) | 破滅の闇日記
とうとう迎えた最終回。冠葉と昌馬の選択は!? 陽毬の命は!? 運命の乗り換えは成功できるのか!?
2011/12/25(日) | 妄想詩人の手記
記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2011/12/post-9e60.html
2011/12/25(日) | うたかたの日々別館
感謝するぜ ピンドラと出会えた これまでの全てに!!!
2011/12/25(日) | うつけ者アイムソーリー
「運命の果実を一緒に食べよう!!」 黒いウサギが世界を壊すのをとめられるのは、冠葉と晶馬しかいない。 そう桃果の声のペンギン帽に言われて、 運命の至る場所へと向かう列車に乗り込んだ晶馬。 だがそこにいた冠葉は、陽毬を救うための眞悧の作戦に否はなかった。
2011/12/25(日) | ジャスタウェイの日記☆
「愛してる」、この言葉が全ての始まりであり、終結への合図でもあった。『運命の果実を一緒に食べよう』 桃果の残した運命を乗り換える呪文、これもまた一つの愛の形を表し、冠 ...
2011/12/25(日) | ヲタブロ
イマージーン!ご想像にお任せします。 これは見る人ごとのピングドラム解釈が生まれそうですね。 最終話までこうして見終わった訳ですが  暗喩が多用されていて 毎回色々想像出来て凄く楽しかったです。 この作品ではいくつかのキーワードが出てきましたが それに対する…
2011/12/25(日) | サラリーマン オタク日記      
  24THSTATION「愛してる」(終)「運命の果実を、一緒に食べよう…」箱の中で何とか生き延びる冠葉と晶馬。今度寝たら二度と目覚めないような気がすると冠葉冠葉の前に晶馬が駆けつ...
2011/12/25(日) | 日々“是”精進!
予想の斜め上というか、想像すらしていなかった凄いラストでした。 運命の乗り換えがそこまでの変化を暗示していたとは…なんという鳥肌生存戦略…!! 正直、Aパートが終わった段階では、めちゃくちゃ盛り上がってるけどどう解釈すればいいのかよく判らないなぁ…と思っ...
2011/12/25(日) | gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)
輪るピングドラム #24 愛してる 841 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 03:22:46.47 ID:pREMy6I20 何かもう分け分からないけどすごかった 953 名...
2011/12/25(日) | にわか屋
輪るピングドラムの感想です。 悲しい物語だったなあ…。
2011/12/25(日) | しろくろの日常
愛、それは分け合う物である…。 どうも、管理人です。とりあえず、時間がある内に記事の雛型を作っておかなければ…。 苹果:「運命の果実を一緒に食べよう!!」  最終回ということで、今回は色んな事が明らかになる話。前回の記事を上げた後に、コメ...
2011/12/25(日) | 戯れ言ちゃんねる
こういう終わりになったかぁ。冠葉と晶馬が最後に来てなんだか「魔法少女まどか☆マギカ」のまどかのような印象になってしまったけど(特にこれまで何も出来なかった晶馬は)これが2010年代の象徴的な終わり...
2011/12/26(月) | 蒼碧白闇
開始当初から頭を抱えさせられたこの作品もついに最終回。 運命の果実を分けることの意味。高倉家の運命。 全てが語られたわけではありませんが、後は視聴者に委ねられたと言う印象。 というわけで、自分なりの解釈という名の妄想を書き連ねたいと思いますw 冠葉?...
2011/12/27(火) | すとぅるるるのアニメ日和
【UN-GO 第11話(最終話)】爆破事件の完結編。事件の犯人はともかく、別天王を手に入れていたのが、あの刑事さんだったのは意外でしたね。つか、この世界の特殊能力のルールは分か ...
2011/12/28(水) | アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)
ついに「輪るピングドラム」も最終回です。最終回なんですが、このところいろいろと忙しくて流して見ていたせいか、すっかりお話に置き去りにされてしまった感じでした。(;
2011/12/29(木) | 日々の記録
訳分からないのが、カッコイイ。と勘違いしたアニメは「新世紀エヴァンゲリオン」以降1990年代後半から2000年代前半に一杯あった気がします。謎を作って視聴者の気を引き続ける。そして広げた風呂敷畳めない。 あれにもこれにもそれにも意味があるに違いない。視聴者は何?...
2011/12/30(金) | こいさんの放送中アニメの感想
冠葉と晶馬の回想 箱の中 10年前 *僕たちは出会った。でも、もう時間は残されてなかった。  飢えと乾きが僕たちに襲いかかる… 晶馬の箱の目の前のもう一つの箱の中には冠葉。二人は箱から 出る事もできず、何日も過ぎ飢えと乾きで死にそうになっていた。 今度眠った...
2011/12/30(金) | ゴマーズ GOMARZ
  全ては「愛してる」。この為にあった! ついに「輪るピングドラム」最終回。 今回の記事は最後の冠葉と晶馬の描写について セーラームーンR劇場版とセーラームーンS 少女革命ウテナを交えて考えて...
2012/01/02(月) | 失われた何か
愛してる、愛してるよ、愛してるわ。 ビートルズの曲に 「All You Need Is Love」 という曲がありますが、 作品終了後にこのタイトルを連想しました。愛かぁ… ふっ(遠い目)
2012/01/04(水) | ひそかにささやかにアニメ等を応援している日記
さて、遅くなりましたが見終わっていた作品ですので感想です 私自身はセーラームーンを見ていた世代ですし (一番記憶にあるのはSやSsだと思いますw) 少女革命ウテナも好きな作品だったので期待してい...
2012/01/08(日) | にきログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。