QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「花咲くいろは 第26話(最終回) 『花咲くいつか』 感想」 の個別エントリーです。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こういう構成の物語もあるんだな、と感動さえ覚えました。 花咲くいろは 第26話 『花咲くいつか』 のレビューです。

この作品のストーリーを辛口に評すれば、「これといった盛り上がりも、カタルシスも無い、平板な物語」とも言えるでしょう。 実際、僕が最初に思っていたものとは違いました。 都会っ子の緒花が、慣れない田舎町での仲居修行に苦労しつつ、周囲の人に好影響を与えて、寂れた旅館を盛りたてていく、という物語だと思っていたからです。 でもそうはならず、努力の甲斐なく旅館は廃業になり、仲間たちは散り散りになるという、残念な結末になりました。

それなのに、この物語には不思議な魅力があり、なんだろうかと考えたのですが、要するに『一体感』なのでしょう。 視聴者は緒花と一緒に知らない土地に来て、最初は戸惑いながらも、次第に馴染んでいきます。 でもこの心地よい空間が、物語の終わりと共に失われて、また元の日常に戻ることになります。 その郷愁と、でも未来があるはずだという希望を、緒花と視聴者が共有できるのです。 このシンクロ率が非常に高いのですね。

旅館が廃業になるのは残念な結末ですが、『物語との一体感』のためには、そうである必要がありました。 物語が終わっても、旅館が存続して、緒花たちがそこで楽しくやっているのであれば、それは視聴者とは別の世界になってしまいます。 物語の終わりとともに、舞台も無くなって、人々も去ったから、この一体感があるのです。 なるほど、こういう物語の作り方もあるのだなと思いました。

同じ岡田麿里さんが物語を作った、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』とは対称的です。  あれはベタな幽霊譚をストレートにやって、わかりやすく説明して、わかりやすく盛り上げていました。 あれはあれでアリなのでしょう。

でも、僕はあの作品は、尽太たちが子供時代を卒業して、大人になる話だと思っていました。 彼らは事件によって大人になれずにいたけれど、それが解決したことで、最後には『仲良しグループ』は解散するべきだと思ったのです。 そうならなかったのが、若干残念だったのですが、この作品によって、そこが埋め合わされたような気がしています。 全然関係無い筈ですけれど。

そんなわけで、この物語の終わり方はとても良かったし、ここに向かうために全てが準備されていたことに気付かされました。 大きな事件が起らないのは、それも一体感(親近感)のためだし、人物の日常動作がきめ細かく描写されているのも、やはり一体感のためです。 湯乃鷺の町も、そこに住んだ気になるくらいに、いろんな角度から描写されていました。 それらの積み重ねによって、このラストの感動があるのです。 true tearsを産んだ、岡田麿里さん&P.A.Worksのパッケージは期待を裏切らず、true tearsと同様に、ありそうで無かった新鮮な青春ストーリーでした。 次回作があることを期待したいものです。

ポチっとして頂けると励みになります!↓

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございます! コメント大歓迎ですが、このブログは原作ネタバレ無しの方針で運営していますので、ご協力をお願いします。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/1780-728ff8a5
この記事へのトラックバック
ドラマを起こすのは、人の気持ち。 キャラがあってのドラマ、ドラマあってのキャラ。 その基本をきっちりおさえて作ったからこそ このアニメは面白かったのですよね! 属性やフラグだけでは キャラもドラ...
2011/09/28(水) | SERA@らくblog
夢は受け継がれる。 というわけで、 「花咲くいろは」26話 旅立ち少女の巻。 四十万スイになりたい。 かつて現実主義を標榜した少女の、思い描く理想。 緒花ちゃんの夢探し、とうとう出した結論が...
2011/09/28(水) | アニメ徒然草
花咲くいろは 最終話「花咲くいつか」 ついに最終回です。 まずは孝ちゃんの話から。 約束どおりぼんぼり祭にやってきた孝ちゃん。 何か言おうとする緒花。「や、やきそば食べたい!」 あ、まずは腹...
2011/09/28(水) | くろくろDictionary
まだだれも見た事ない物語へ続く。
2011/09/29(木) | AQUA COMPANY
最終回のクオリティが高すぎましたねぇww 作画はもちろん、構成が素晴らしい!1話の中でできることを 最大限にやりきった最終回だったのではないでしょうか。 この作品が重きを置いてきたのは、緒花の成長と居場所。 成長に関しては「四十万スイになりたい。」と...
2011/09/29(木) | すとぅるるるのアニメ日和
夢を見据えた緒花の瞳はどこでだって輝く。 花咲くいろは、いい最終回でした。
2011/09/29(木) | 在宅アニメ評論家
『花咲くいろは』 という作品は何を描いていたのか? それは、これから輝きたい女性たちだと思うんですね。 緒花の成長や女将の生き様など、いろいろありましたが、それらをすべてひっくるめると輝い...
2011/09/29(木) | 物理的領域の因果的閉包性
「あたしね、ちゃんと見つけたよ」 あたしは、なにになりたい? なりたいものが分からなくて、漠然と平凡な日常じゃないドラマを求めてた。 だけど喜翠荘に来て、みんなに会って、緒花が見つけた大切なもの。 すごく爽やかな青春物語でしたね。 ぼんぼり祭りキレ...
2011/09/29(木) | 空色きゃんでぃ
しんかんせんになりたい 「花咲くいろは」第二十六話感想です。 湯乃鷺メモリィズ(2011/09/28)TVサントラ商品詳細を見る
2011/09/29(木) | 知ったかアニメ
花咲くいろはですが、みんなでボンボリ祭りを楽しみます。願い事には新幹線になりたいなどもありますが、緒花は女将のようになりたいそうです。結名がなれなれしいので、民子のホビロンが増えてしまいます。 喜翠荘はやはり閉店してしまうようですが、若旦那はまだまだ雑...
2011/09/29(木) | 一言居士!スペードのAの放埓手記
とうとう「花咲くいろは」も最終回です。緒花= 伊藤かな恵さんの前向きさには、いつもパワーをもらっていたので、それが来週からは見られないのは残念です。喜翆荘で働い
2011/09/29(木) | 日々の記録
最後も豆爺さんで!!
2011/09/29(木) | 地図曹長の時酷表
花咲くいろは「第26話 花咲くいつか」に関するブログのエントリページです。
2011/09/29(木) | anilog
始まったぼんぼり祭りに向かう緒花たち――… 大きなお祭りということで県外からのお客さんも多いようですね 他のみんなも望み札にしっかり願いごとを書いて持参してくれたようですし 『貯蓄』と書いた巴さん...
2011/09/30(金) | Spare Time
孝ちゃんが、好きです 大好きです!! 焼きそば屋台の前で告白とはw さすがホビロンおはにゃん(^_^;) 屋台のおやじさんの粋なはからいが良かった♪ みんなも気を使って2人きりにしてあげてるし。 ...
2011/10/01(土) | のらりんすけっち
花咲くいろは 4 [Blu-ray](2011/10/19)伊藤かな恵、小見川千明 他商品詳細を見る 神社を目指して徐々に集まるぼんぼりの灯り。 暗闇の中で輝くその灯は、空に輝く天の川のようにも見えた。 初めて目にす...
2011/10/04(火) | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
「花咲くいろは」26話(fin)、観ました。 喜翆荘一同は、本格的に始まったぼんぼり祭りに繰り出した。そこに、孝一から湯乃鷺に着いたとメールが入り、駆け出す緒花。再会した孝一に、緒花はようやく自分の気持を伝える。そして、ぼんぼり祭りが終わった後豆じいの送別会が行
2011/10/15(土) | 最新アニメ・マンガ 情報局
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。