QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「Steins;Gate 第24話(最終回) 『終わりと始まりのプロローグ』 感想」 の個別エントリーです。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前向きなメッセージのある作品は、やはりいいですね。 Steins;Gate 第24話(最終回) 『終わりと始まりのプロローグ』 のレビューです。

ある作品について、作者の”人生観”が出ているとか、”歴史観”が現れているとか言いますが、この作品は、作者の”宇宙観”、あるいは”時空感”と言うべきものが、現れているように思えます。

そう思う要素は2つあって、1つは、「観測してしまった歴史は容易には変わらない」という考え方です。 岡部は、まゆりが死ぬという未来を一度見てしまったので、タイムマシンで過去に戻り、状況を変えようと何回も試しても、まゆりが死ぬという過去は変えられませんでした。 タイムマシンをそもそも作らなかった、という時点まで遡って歴史を改変することで、やっとその世界線から脱出できましたが、そこまでしない限り、観察した事実は変わらないのが、この時空の性質だという考え方です。 でも、たかが人間の”観察”が、過去や未来の時空にまで影響を与えるのでしょうか。

実は物理学では、”観察”に重い意味を持たせています。 量子力学では、量子の状態は、人間が観察するまでは決まらないという法則があります。 量子がどこにあって、どんな状態なのか、それは確率的にはわかるけれど、決定はしていなくて、人間がその状態を”観測”したときに、初めて決定するのです。 「そりゃ変だろう」とアインシュタインなどは最後まで反対しましたが、今ではこれが定説になっています。 そうすると不思議なことが起り、有名な例が「シュレーディンガーの猫」の喩え話ですね。

1/2の確率で崩壊する量子と、量子が崩壊したら毒ガスを発生する装置を作り、それを中が見えない箱の中に、猫と一緒に入れます。 箱の中は観察できませんから、量子は崩壊したか、崩壊しないか決定しない、二つが重なり合った状態です。 ということは、箱の中の猫も、生きているとも死んでいるとも言えない、謎の状態だということになります。 常識的には妙な話ですが、いわゆる”コペンハーゲン解釈”は、それで問題無いと主張します。 誰かが観察するまで、猫は生と死が重なり合った状態で、観察した瞬間に、どちらかに収束するのです。 ”観察”が全てを決めるわけです。

では、もしタイムマシンがあったら、どうなるでしょうか。 箱を開けて、猫が死んでいたとします。 それを見たあとで、タイムマシンで過去に戻ってやり直したら、 1/2の確率で、猫が生きている未来に行けるでしょうか。

シュタインズゲートの宇宙観では、猫が死んだ未来にしか行けません。 ”観察したこと”は絶対であって、それと辻褄が合うように物理現象が収束するという考え方だからです。  コペンハーゲン解釈よりもさらに強く、”観察”に意味を置いていると言えます。 今現在の物理現象だけでなく、過去未来の時空全体に、”観察”が影響するという考え方です。 ”強いコペンハーゲン解釈”と言っていいかもしれません。

この話は一旦置いておいて、2つ目の要素についてですが、それは『リーディングシュタイナー』ですね。 違う世界線の記憶を維持することを、岡部はそう呼んでいますが、岡部に限らず、多くの登場人物がその能力を少しは持っているようです。

これもかなり不思議な話です。 異なる世界線の間は、物理的には完全に切り離されていて、ブラックホールという、物理現象が破綻した空間(特異点)を通りぬけない限り、関わりあうことはありません。 なので、脳内の電気化学現象に過ぎない”意識”や“記憶”が、異なる世界線で共有されることは無いはずです。

きっと、この物語の作者の”宇宙観”では、”意識”は単なる電気化学現象ではないのでしょう。 『人間原理』という考え方があります。 この宇宙は、信じられないような偶然の積み重ねによって、人間にとって住みやすいものになっています。 ほんの少し物理定数が違うだけで、人間も生物も住めない宇宙になっていたはずなのに。 なぜそんな偶然が起ったかというと、そもそも人間が存在しないと、宇宙があることはだれも”観察”できないのだから、宇宙も存在できないのだと。 だから人間が観察できるように、宇宙は人間に適した形になったのだ、という考え方が、”強い人間原理”です。 禅問答みたいですが。

人間の観察、つまり意識が、宇宙をも決定するのであれば、意識は時空よりも上位の存在なのかもしれません。 であれば、意識が世界線を越えることはできるのでしょう。 妙な喩えですが、好きな相手と出会って結婚する確率って、本来はかなり低いと思いませんか? 一生添い遂げても良いと思えるタイプの女性が、たまたま自分の近くにいて、その相手も自分に対して同じように思っていて、さらにただの知り合いから、深い仲になるためのイベントを発生させ、それをクリアしなければならないのです。 なんだか、天文学的な確率にも思えてきます。 でも現実に、世の中の多くの人は、適した相手と結婚して、それなりに幸せにしています。

もし、”強い意識は世界線を越える”としたら、どうでしょうか。 無数の世界線があり、その中には、その天文学的な確率をクリアして、”運命の相手”とゴールインした世界線もあるでしょう。 すると、それはかなりの”強い意識”ですから、今自分がいる世界線にも影響して、自分と、どこかの世界線での”運命の相手”とが自然と接近して惹かれあうということが、起り得るのではないでしょうか。 この物語の結末は、まさにそれが起ったわけです。

つまり、”強いコペンハーゲン解釈”と、”超強い人間原理”が、この物語の作者の宇宙観であって、それはとても前向きなメッセージだと思うのです。 私たちには無限の未来があり、自らの意志の力によって、より良い未来を掴むことができるのだ、という。 人類が、原始時代から今まで、何度も危機に瀕しながら、なんとかなってきたのは、それが”時空の性質”だからなのかもしれません。 個人レベルでも、諦めずに未来を信じていれば、道は開けるものなのでしょう。 なぜなら、時空がそうなっているから。 いや、これほど楽観的な世界観は珍しいかもしれません。 なんだか元気になれます。

ラブストーリーとしても秀逸でしたね。 友人を死から救うために、極限状態で協力しあった二人が、やがて惹かれあうようになり、互いのためならば自己犠牲を厭わず、その想いが時空をも超えたという、ドラマチックでロマンチックな物語でした。 とても満足できましたね。 映画も楽しみです。

ポチっとして頂けると励みになります!↓

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント
この記事へのコメント
>意識は時空よりも上位の存在なのかもしれません

こんなのはどうでしょうか。
この世界には設計図、プログラム、遺伝子みたいなものが存在してそれには全てが書かれている。
全ての世界線、時間が書かれている。
全ての時間、世界での自分が一つになっているそんなものが存在する。
ハルヒでいうなら多分情報統合思念体はそういう存在なのかなと思います。別の言い方をするなら火の鳥でしょうか、全てはそこから生まれそこへと帰る、それの一部であり、それ自身でもある。
その存在にとって今の自分は、過去の自分であり未来の自分であり、今でもある。
そして、人間はそれから記憶というハッシュをたよりに次の自分ダウンロードしているに過ぎない、自由に別の世界や別の時間の自分と同期できる長門とは違うあまりに不完全で出来損ないの失敗作な長門。
そしてそこにいる岡部には全ての出来事が存在し、順番どおりならんでいる。
世界線は平行に並んでなどいない、並行でありながら時系列があるそういうもの。その中からでは平行に見えるが上位存在になるとそれは全てがつながった直線になる。
それがまゆりのいっていた何千万年前ということなのかなと思います。
何千万年というのは世界が終り、また始まりまた秋葉原にいいる二人、そして世界はまた終り、始まり、秋葉原にいる二人、そして世界は終わり、始まり、…、ずっと思いは連続していくずっとそこ(情報統合思念体、火の鳥)に自分はいる、今の自分はオリジナルでもあり大勢いるうちの一人、という話なのかなと思います。
きゅうべぇの進化型みたいな存在が存在して世界に生きながら、同時に高みから世界を観察している。
というのはどうでしょうか。

>前向きなメッセージのある作品は、やはりいいですね

そういわれると前向きに捉えたくなくなる天邪鬼なのでこんな捉え方もあるのではないでしょうか。
確かに人間は頑張れば何とかなるのかもしれない。
自分を何度も殺して大切な人が壊れるところまで追い詰めることで大切な人とクリスとの縁を結ぶことができる。
タイムマシンの開発に成功しセルンの支配に加担し、そしてまゆりを、ブラウン、萌郁を…することで岡部の逃げ道を封じ逃げれないようにする。
岡部に世界線漂流に必要なコンパスを届けるためだけに娘すら利用する。
完全なタイムマシンを手に入れ、それを次の自分に渡すためだけに次の自分に一度何十億人を殺させる。そのための最悪の兵器をダルに作らせ、その娘を実行犯にする、そんな選択をできる。
どんなにチキンでもそんな人間に頑張れば、なれる。
でも世界はきっとそんな人間を許してはいないんでしょう。
だから何度も世界は終わる。
世界を理解する存在は不要。
だから消される、なかったことにされる。
つまりは頑張っても全てが無駄何も変わりはしない、自分が救われることはない。
そうも捉えられるのでは?
とはいえ誰も頑張らなければ今もないわけですが…
2011/09/19(月) 02:16 | URL | 野良猫 #eOLD9.pg[ 編集]
まさに情報統合思念体みたいな、意識の塊が時空の上位にあるという考え方はあり、この作品もそうなんだろうと思いますね。

岡部は何度もバッドエンドに行きあたっていますが、そこで諦めなかったから、最終的にはハッピーエンドなので、時空は自ら助くるものを助すくということなのでしょう。
2011/09/23(金) 20:48 | URL | メルクマール #WstX4HDY[ 編集]
こんにちは。
現実のCERNが超光速のニュートリノを観測したらしい・・・ですね。
後はカー・ブラックホールと時空間座標と・・・。
ジョン・タイターは本物の未来人だったのでしょうか・・・。

まさか、ね。

真実は時空の彼方に。
エル・プサイ・コングルゥ。
2011/09/24(土) 21:32 | URL | 真言 #-[ 編集]
ニュートリノは実はタキオンだったのか、みたいな説もありますが、どうなんでしょうね。
それが本当だと、いろいろな観測結果と矛盾するので、なんらかの計測誤差な気がしますが、それはそれで新現象があるのでしょう。

でもタイミングが良いので、CERNがタイムマシンを開発してしまうのか、とか妄想するのは楽しいですね。
2011/10/19(水) 01:50 | URL | 真言さんコメントありがとうございます! #dWupqUn6[ 編集]
コメントありがとうございます! コメント大歓迎ですが、このブログは原作ネタバレ無しの方針で運営していますので、ご協力をお願いします。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/1777-f6dfe559
この記事へのトラックバック
「これが、『シュタインズゲート』の選択だよ」 原作同様、最後は綺麗に着地した「Steins;Gate」第24話(最終話)の感想。 少し遅くなってしまいましたが、感謝の想いを踏みしめつつ再びこの最終回...
2011/09/15(木) | attendre et espérer
「我が名は鳳凰院凶真。狂気のマッドサイエンティストにして世界の支配構造を破壊する男。失敗など、ありえん───」 最終回アバンまで中二で格好良くきめるオカリンw このくだりもこれで最後だと思うと寂しくなるなー。アニメが始る前は序盤の主人公の痛さに耐えら?...
2011/09/15(木) | ムメイサの隠れ家
αでもないβでもない第3の世界線「シュタインズゲート」への糸口を探す最後の挑戦。 紅莉栖の「死」を観測した過去の自分を騙すための最後のタイムトリップ。鈴羽の乗ってきたタイムマシンの燃料は最後の一往復分となった。...
2011/09/15(木) | アニメレビューCrossChannel.jp
「STEINS;GATE」オーディオシリーズ ☆ラボメンナンバー001☆岡部倫太郎(2010/11/24)宮野真守、岡部倫太郎 他商品詳細を見る  劇場版「Steins;Gate」が公開予定と、どんな内容になるのでしょうか? 総集編に...
2011/09/15(木) | 破滅の闇日記
これが シュタインズゲートの選択――。 狂気のマッドサイエンティストにして世界の支配構造を破壊する男。失敗などありえん! 息巻いていた岡部ですが、サイリュウムに入れた血ノリで偽装って作戦上手くいく...
2011/09/15(木) | SERA@らくblog
【TIGER&BUNNY 第24話】ラス前。虎徹さん死す、の巻。自信満々で出してきたロボットですが、奪われた武器でアッサリ倒されちゃいましたね…。武器を内蔵型にしておけば良かったのに ...
2011/09/15(木) | アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)
自分を騙し、世界を騙したオカリンにもう一度助手は微笑みかけてくれるのか?な、クライマックス回でした。 いくつもの世界線を乗り越え辿り付いたシュタインズ・ゲートで起こった奇跡が胸熱!で、涙腺崩壊した方も多いかと。 孤独な観測者としてようやく助手との未来を見...
2011/09/15(木) | gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)
Steins;Gate 第24話(最終話) 『終わりと始まりのプロローグ』 ≪あらすじ≫ 未来の自分から届いたムービーメールに奮起し、倫太郎はもう一度紅莉栖を救うべく過去へタイムトラベルを行う。 紅莉栖を...
2011/09/15(木) | 刹那的虹色世界
厨二は世界を救う。 というわけで、 「STEINS;GATE」24話(最終回) 輝ける日々の巻。 まあ順当に答え合わせというか、 絞り立て自家製血糊にこそびっくりしたものの、 概ね予想の範囲に収まった...
2011/09/15(木) | アニメ徒然草
「また会えたな、クリスティーナ」 これがシュタインズ・ゲートの選択だよ。 劇場版制作決定ですって!?見に行きてぇ!! アニメが終わって寂しくなるかと思いきや、嬉しい情報でしたね。 一体どんな内...
2011/09/15(木) | ジャスタウェイの日記☆
Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)ですが、岡部倫太郎は鈴羽と一緒にタイムマシーンで再び過去に戻ります。鈴羽はダルを「父さん」、オカリンを「おじさん」と呼びますが、椎名まゆりには敬意は払いません。 中鉢博士のタイムマシーン講座も飽きるほど繰り返していま?...
2011/09/15(木) | 一言居士!スペードのAの放埓手記
第1話のサブタイが「始まりと終わりのプロローグ」で、最終回である今回が 「終わりと始まりのプロローグ」、感慨深いものがありますね。 今回も素晴らしい内容でした。 ずっと見続けてきて良かった...
2011/09/15(木) | ひえんきゃく
 #24(最終回)「終わりと始まりのプロローグ」    「ただ・・・もし変える事が出来なければ、わたしはここで生きていく事になる・・・ずっと 後悔したまま。 」  タイムマシンには...
2011/09/15(木) | おきらく委員会 埼玉支部
確定した過去を変えずに、結果を変える---------!!さぁ、いよいよ最終回!!昨晩は、思わず1話を見直してしまったくらい続きが気になっておりました。サブタイも1話に繋がるという...
2011/09/16(金) | ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
本当に素晴らしいの一言! さらに、映画化決定ですよ! STEINS;GATE Vol.4【初回限定版】[購入者限定イベント応募券封入!] [Blu-ray](2011/09/21)宮野真守、今井麻美 他商品詳細を見る
2011/09/16(金) | 新しい世界へ・・・
Steins;Gateの感想です。 長い長い3週間の戦いの終わり。
2011/09/16(金) | しろくろの日常
感動しました!!凄く綺麗な まとめ方をしてくれて大満足ですよ。 一体 どの様に世界を騙すのか、前回気になって仕方が無かったのですけど まさか オカリンが身体を張って紅莉栖を助けるとは思いもよらなかったです。 オカリン、漢だぜ!カッコよかったなー。 では、今…
2011/09/16(金) | サラリーマン オタク日記      
Steins;Gate -シュタインズ・ゲート- 第24話(最終話)「終わりと始まりのプロローグ」 無限とも言える選択肢の中から必死に辿り着いた、この再会が意味するように、 そこには無限の可能性がある。これが、"シュタインズ・ゲートの選択"だよ―
2011/09/16(金) | aniパンダの部屋
Steins;Gate「第24話 終わりと始まりのプロローグ」に関するブログのエントリページです。
2011/09/16(金) | anilog
これより最終ミッション、オペレーション・スクルドの概要を説明する 確定した過去を変えずに、結果を変えろ 血まみれで倒れている牧瀬紅莉栖と、それを見た岡部倫太郎 その確定した過去を変えずに、結果を変えるのだ 燃料はあと1往復が限界、過去に行って戻ってくる…?...
2011/09/17(土) | ゴマーズ GOMARZ
【あらすじ】 「未来を司る女神作戦(オペレーション・スクルド)」の概要を理解した岡部は、ラボへ戻って未来ガジェット「サイリウム・セーバー」を用意する。この内部には血糊が仕掛けられており、紅莉栖の...
2011/09/19(月) | アルベロの雑木林
走り抜けた。生き延びた。そして、皆が、集まった。・・・・・・否、集まるであろう、という期待と共に、新たな未来が紡がれ始めた。いい結びだった。最後の最後で、改めて示され ...
2011/09/23(金) | あんりみてっど・くっきんぐ・わーくす
「Steins;Gate」24話(fin)、観ました。 クリスを救うため、オペレーションスクルドを発動した岡部。鈴羽と共にタイムマシンで再び7月28日へ飛び、中鉢博士が入手する論文の消去と、自分が見聞きた光景をすべて再現するための行動を起こす。しかし、血まみれのクリスを再現
2011/10/16(日) | 最新アニメ・マンガ 情報局
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。