QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「2011年 夏アニメの印象と期待度」 の個別エントリーです。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年7月スタートの夏アニメが出揃ったので、今のところの期待度と寸評をまとめてみました。ネタバレはなるべく無しで。 

作品としての絶対評価ではなく、僕の好みによる評価です。 また、あくまで”現時点での印象”なので、初期の評価と、今後の評価が大きく変わることはよくあります。 

■Sクラス (名作の予感)

輪るピングドラム
 今期のイチオシ。カラフルで楽しい映像、ノリのいい音楽、人を食ったユーモア、惹きこまれるストーリーで楽しませつつ、実験的な面白味や深そうなテーマ性もある凄い作品、というのが今のところの印象。このまま突っ走って頂きたい。

神様のメモ帳
 1話が素晴らしくて、2話はやや落ちるけれど期待値込みということで。 萌えキャラがけれん味たっぷりの台詞回しをするというのは、鼻に付きがちだけれど、この作品はダメになるギリギリの線でとても良いと思える。 登場人物が多めだが、みんな魅力的。 ストーリーがどうなるかが未知数。

ダンタリアンの書架
 これも、まだわからないけれど期待値込みで。 古い本をテーマにしたファンタジーということで、教養に裏打ちされた格調高い作品になるか、衒学趣味の薄っぺらいものか見届けたい。

セイクリッドセブン
 安定のヒーローもの。 アクションが素晴らしく、主人公やヒロインが凛々しく、世界観が興味深い。 1クールで描ききれるのかというのが最大の懸案点。


■Aクラス (良作の雰囲気)

・ロウきゅーぶ!
 ロリロリした萌えアニメかと思わせて、内容はガチなスポ根ものだった。純粋にスポ根ものとして先が気になる。ヒロインがいい子で感情移入できる。

・いつか天魔の黒ウサギ
 ありがちではあるけれど、なかなかクオリティの高いファンタジー。詩的な台詞回しが好きだ。

・神様ドォルズ
 これもまだストーリーはわからないが、とりあえず妹?が可愛い。 伝奇物としてのストーリーよりも、二人のヒロインとのラブコメが主題か。

・異国迷路のクロワーゼ
 あまりダイナミックなストーリーは無さそうだが、湯音の可愛さと、ほのぼのした物語世界を楽しむ癒し系作品だろう。

・うさぎドロップ
 子育てコメディ。くたびれたオッサンが主人公ということで親近感があり、細やかな描写にリアリティがある。りんは出来すぎた子供だけど。

・BLOOD-C
 アクションシーンが凄い。日常シーンにも尺を取っているわりには内容が薄く、ヒロインの内面、人間関係、世界観などが描かれていないので、そのあたりは今後に期待。

・バカとテストと召喚獣にっ!
 コメディとして安定して面白いが、同じネタを繰り返している感もある。水着回、浴衣回もいいけれど、やはり試験召還戦争が楽しみ。


■Bクラス (いまひとつな感じ)

・快盗天使ツインエンジェル
 悪くはないけれど、セーラームーンなどのパロディに過ぎず、そこからのプラスアルファを感じない。

・ゆるゆり
 僕の趣味の問題で、ほのかな百合は好きだけれど、ガチなのはあまり好きではなかった。コメディとしては案外面白い。

・NO.6
 よくあるディストピアものの範疇を出ていないのと、過剰なBL臭が気になる。でも今後良くなるかもしれない。

・THE IDOLM@STER
 大量のヒロインをさばく構成は、すごく努力していると思うが、そもそもこれだけのヒロインを公平に出すのは無理があるような。誰かを中心に描いたりしないのだろうか。

・まよチキ!
 1話は面白いと思ったけれど、2話はひたすらエロがメインになってしまったのが残念。 お嬢様のSっぷりなどはとても良いので、普通にラブコメが見たい。


■Cクラス (視聴打ち切りな気分)

・魔乳秘剣帖
 馬鹿馬鹿しい設定に笑えるけれど、映像については、激しい規制で画面に何も見えないことが多いので評価できない。有料のディレクターズカット版を観ろということなのだろうけれど、ならばテレビで放送しなくてもいいのでは。

・猫神やおよろず
 あえて古っぽい感じにしているのだろうけれど、僕のノスタルジーは喚起されなかった。

・R-15
 エロだけで、他に見所を感じなかった。


雑感

Sクラスが4本なのは豊作と言えます。 最初の3本は、文学的・哲学的な香りがあるところが似ていますね。 今期はSクラスの4本のレビューを書くつもりですが、もう少し増やすかもしれません。 できれば、ロウきゅーぶ!や天魔の黒ウサギあたりを書きたいのですが。

今期は伝奇(ファンタジー)バトル物が目立っていて、どれも今のところアクションが良いです。今後、息切れしない作品が頭角を現すのでしょう。

コメディがメインの作品に、あまりいいのが無いですね。 バカテスくらいか。 まよチキ!は1話は良かったのですが…

パッケージを売るためなのでしょうけれど、エロを前面に出した作品が多いのが気になります。 本題のストーリーやコメディに、エロを挟むのはいいのですが、エロばっかりな作品は個人的には見る価値を感じません。

一方で、ストーリーがしっかりしている作品が増えている気もするので、多様性という点ではいいのかもしれません。 今期はSクラスの作品を中心に、ストーリーやセリフを楽しみつつ、アクション物にも見所の多いシーズンになりそうです。

ポチッとしていただけると励みになります!↓

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございます! コメント大歓迎ですが、このブログは原作ネタバレ無しの方針で運営していますので、ご協力をお願いします。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/1760-5f302d1f
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。