QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- 第12話 「戦う人形」 感想」 の個別エントリーです。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義体たちよりも、ピノッキオを中心に描かれています。「戦う人形」というサブタイトルは、むしろピノッキオのことを意味しているのでしょうか。 GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- 第12話のレビューです。

ただ、ピノッキオのエピソードには、あまり心が動かないんですよね。ここまで延々とと引っ張られて、だいたい底が分かってしまった気がして。彼がどういう最期を遂げるかには、興味がありますが。

フランコ・フランカの出番は、これで終わりでしょうか。周到に準備したわりには、しょぼい結果になってしまいましたが。 何のために彼女らはテロに走ったか、それには意味があったのか、答えが出るような結末を期待しています。

クリスティアーノの館を攻略するために、作戦を立てたり、見張り所を襲撃したりするシーンは良かった。キビキビした、やることを心得たプロフェッショナルの動き、という感じが良いですね。

ただ、館に突入してからは頂けない。敵のアジトを一人でウロウロするなんて、CQB(近接戦闘)の戦術を完全に無視しています。3~4人組で援護し合い、部屋に突入するときにはまず閃光手榴弾を投げ込んで、といった手順を踏まないと、命がいくつあっても足りません。義体だから無茶してもオーケーなのかもしれませんが… ちなみに、フルメタふもっふの量産型ボン太君のエピソードが、CQBのお手本的な動きです。

ピノッキオとトリエラの対決がクライマックスなのだろうと思っていましたが、意外と早く来ましたね。1回では決着がつかないのかもしれませんが。 ここまで雰囲気は悪くないと思うので、どうまとめてくれるのか楽しみにしています。

よろしかったらポチっとしていただけると↓

コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございます! コメント大歓迎ですが、このブログは原作ネタバレ無しの方針で運営していますので、ご協力をお願いします。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/176-7b7cf653
この記事へのトラックバック
ドメニコ「秋には戻って来いよ、収穫の時期だ」 ピーノ「うん…そうするよ」 ワイン園の農夫にドメニコにこう言われたピーノ。 ちゃん...
2008/03/25(火) | マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
形のない愛情。
2008/03/25(火) | ミナモノカガミ
GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-  第12話「闘う人形」 クリスティアーノに迫る警察の手から救うべく、実験橋の爆破を試みたフランカたちだったが、爆...
2008/03/25(火) | 刹那的虹色世界
GUNSLINGER GIRL-IL TEATRINO サブタイがサブタイだけに、不覚にも期待してしまった。 でも、やっぱり、相変わらず戦闘シーンは見れたものじゃない。 っていうか、「義体」、役に立ってるのかかなり疑問。 完全無防備なザコキャラに対しては鬼のような殺し方をするの...
2008/03/25(火) | パプリカさん家のアニメ亭
「戦う人形」 橋脚に爆弾を仕掛けるフランカたち。警備に当たる福祉課との戦いが始まる。その中で、ピノッキオは…。 前回のラスト、そし...
2008/03/26(水) | 新・たこの感想文
フランカたちはメッシーナ大橋の実験橋爆破を目論んだが。 ジョゼたちに邪魔され失敗。 このままではクリスティアーノが失脚すると知らされ...
2008/03/26(水) | SeRa@らくblog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。