QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「【PSPゲーム】 ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 レビュー」 の個別エントリーです。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新作ではないですが、お気に入りのゲームなので紹介。 PSP用の推理アドベンチャーゲーム、『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』 のレビューです。 ネタバレはなるべく無しで。

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生
ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生
スパイク 2010-11-25
売り上げランキング : 318


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

推理アドベンチャーは、古くからあるコンピュータゲームのジャンルで、このゲームもその基本的なフォーマットに従っています。 また、閉鎖空間で、仲間内で連続殺人が起るというプロットも、よくあるものだと言えます。

それでも、この作品をユニークなものにしているのは、一つは雰囲気ですね。 悪趣味さとスタイリッシュさが紙一重の、印象的なアートワークや演出があり、素晴らしい音楽がそれを盛り上げてくれます。

もう一つは、それとも関連するのですが、アクションゲームの要素を持たせた、独特な推理シーンでしょう。 証拠集めのパートは普通のアドベンチャーゲーム風なのですが、推理を行う『学級裁判』のパートでは、アクションゲーム風にタイミングを測ったり、妨害をよけたりしながら、証拠を突きつけ、容疑者を問い詰めるのでした。

推理物の醍醐味は何でしょうか。 僕は、「容疑者を追い詰めていく高揚感」だと思っています。 探偵役は、普段は頼りなかったりするし、証拠集めのシーンは地味なのですが、クライマックスでは、証拠や推理を容疑者に突きつけ、容疑者が反論したら次の証拠を出し、という丁々発止のやりとりが行われて、それはあたかもアクションものの対決シーンのようです。 そして最終的に容疑者を屈服させたとき、カタルシスを得るのでした。

この作品の演出や音楽、そしてアクションゲーム風のシステムは、その「容疑者を追い詰めていく高揚感」を出すのにとても効果的なのでした。 この作品の最大の美点です。

ストーリーは、グロかったり悪趣味だったりもしますが、スリリングで、なかなか深みもあって、僕は気に入りました。 登場人物たちはアクが強く、最初は多少鼻につきますが、だんだん愛着が出てくるはずです。

以上の予備知識をもとに、以下のプロモーションムービーを見て頂くと、かなり雰囲気がつかめると思われます。 ただこれ、ややネタバレを含むので、気にする方は見ない方がいいかも。 公式のプロモーションなのですが。

見た方はわかると思いますが、声優さんが豪華ですよねー。 みなさん、アクが強い役をノリノリで演じておられますが、なんと言っても大山のぶ代さんでしょう。 この作品のために、5年ぶりに声優に復帰されたのですが、それだけ、この役のオファーに魅力を感じたのでしょうね。 実際、いい役だし、もうモノクマ役は大山のぶ代さんしか考えられません。 続編を作るなら、大山のぶ代さんが現役のうちに急いで頂きたい。

そんなわけで、推理物や、学園サスペンス調のアドベンチャーゲームが好きな方は、ぜひ遊んでみて下さい。 きっと楽しめると思います。

ポチっとして頂けると励みになります!↓

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございます! コメント大歓迎ですが、このブログは原作ネタバレ無しの方針で運営していますので、ご協力をお願いします。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/1700-ce39fc68
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。