QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「へうげもの 第5話 『決意のかけひき』 感想」 の個別エントリーです。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改めて、この作品の切り口の鮮やかさに感銘。 へうげもの 第5話 『決意のかけひき』 のレビューです。

佐介は、「すきしゃ」や「すき」という言葉を良く使いますが、なんとなく「好き者」なのだろうと思っていたけれどそうではなく、「数寄者」と書くのですね。 芸事、特に茶道具に執心する人物のことを言うそうです。

これは、この作品のキーワードとも言えるのでしょう。 歴史を数寄者の観点から切り取った物語だからです。

『数寄』は、歴史の原因に成り得るし、結果にも成り得ます。 千宗易が秀吉に謀反をそそのかしたのは、前者の例でしょう。 佐介が茶杓をすり替えたのも、明智光秀が謀反を決意する理由の一つになったかもしれません。

「全てが揃えば天下をとったに等しい」と言う、三種の茶入は、「数寄が歴史の結果になる」例でしょう。 茶入そのものに、天下を取らせる神秘的な力があるわけはなく、佐介たちもそういう話をしているわけではないはず。 天下の名物を独占できる力があるならば、それはつまり天下を取る力があるのと同義だ、ということなのです。 事実、名品コーナーで紹介されていた『初花』は、信長→家康→秀吉→家康と渡ったのでした。 名物が権力の象徴だったのですね。

この作品は、茶道などの日本の文化にもスポットを当てるということで、ストーリーの合間に、そういうウンチクが語られるのかなと、当初は思っていました。 でもそうではなく、茶道など『数寄』がまさに中心テーマで、その切り口から歴史を描いています。 大胆ですが、それに無理がなく、確かにこうだったのかも、という説得力があります。 数寄が歴史を作ったのかも、と。 素晴らしいお手並みです。

まぁ、本能寺の変を仕組んだのが、実は秀吉と千宗易だった、という斬新な説を頭から信じたわけではないですが。 明智光秀が謀反を起こした理由は、信長に恥をかかされた恨みという説が一般的ですが、これは後世の創作のようです。 信長は普通に、明智光秀を重用していたらしい。 謀反を起こした理由については、多くの説があるけれど、決定的なものは無いのです。 ならば、千宗易陰謀説もあり得るんじゃないでしょうか。 たしかにあのオヤジは、それくらいやりかねないのかもしれません。 そのように描かれてきました。

人の命が軽く、力関係が激しく変化する戦国の世を生き延び、力をつけるには、したたかさが不可欠でしょう。 秀吉や千宗易はしたたかだし、佐介もしたたかです。 ただ、佐介は根が善人なのですけれどね。 彼が秀吉や宗易に気に入られているのは、その性格のおかげも大きいでしょう。 佐介が二人から評価されているのが嬉しいです。 彼の出世物語ですから。 佐介は、大きな茶会が開ける身分に栄達できるでしょうか。

ポチっとして頂けると励みになります!↓

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございます! コメント大歓迎ですが、このブログは原作ネタバレ無しの方針で運営していますので、ご協力をお願いします。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/1675-bfa9958b
この記事へのトラックバック
第5話 『決意のかけひき』 なんか、早くもOPが変わってたでゴザルw凄ぇ格好良かったでござるよ。 まあ…恐らくは“例の事件”の影響で、急遽差し替えになった感じだとは思われますが なんであれ、より“スタ...
2011/05/06(金) | インチョーのなんとなくブログ風 ~もしくはネットの海で瓶詰地獄~
OP曲がが案の定変わってしまった、へうげもの第5話感想です。 結構好きなOPだったので、残念です。まぁ、しょうがないっすね。 でも、映像そのままで、インストのみの曲ですが、急造で創った感満点です・・...
2011/05/06(金) | 洒落た乾杯でも…
オープニングがいきなりツルッとインストロメンタルなってると思いきや、どうやら作曲の人が大麻の不法所持で逮捕され、バンドも解散となったみたいでそれで狗Hk的にはおい、それ、ノン! ということになっ...
2011/05/08(日) | とある猟奇の上段蹴撃
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。