QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「もしドラ 第6話 『みなみは戦略と現状について考えた』 感想」 の個別エントリーです。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱意が何より大事というのは同感。 もしドラ 第6話 『みなみは戦略と現状について考えた』 のレビューです。

今回は主に、人事の話でした。 みなみはマネジメントチームの中で、人事を任されるわけですが、大役ですね。 組織とは人の集まりであって、集めた人がダメであれば、どんなにマネジメントしてもダメだからです。  あくまで参考意見であって、最後に決めるのは監督でしょうけど。

では、何を基準に人を評価すればよいのでしょうか。 野球のテクニックなのか、体格なのか。 みなみが重視したのは、そういうことよりも、「なぜ野球部を志望したのか」でした。 それが、野球部の方向性に合っていることが、重要だと考えたのです。

僕も採用面接をやりますが、その人が本当に仕事ができるかは、面接ではなかなか分からないのですよね。 新卒ならば学校の勉強について、中途採用ならばこれまでやってきた仕事について、いろいろ質問すると、その人の理解力や知識レベルはある程度分かるけれど、それと「仕事ができるかどうか」は必ずしも直結しません。 なので、その人がなぜ志望したのかという動機は、僕もかなり重視します。

僕らの仕事は、締め切りがきつく、長時間拘束されることが多いので、個人の時間を重視したいという人には、全く向いていません。 仕事そのものを楽しめないと、やっていられないし、楽しんで仕事をする人は、義務感で仕事をする人よりも遥かにパフォーマンスを発揮します。 だから、こういう仕事が好きで、それに使命感を持てるかどうかを見極めるために、あれこれ質問して探るのでした。

野球部もそうなのではないでしょうか。単に運動したいとか、試合に出て楽しみたいという目的であれば、野球部は割に合わないと思えます。 「とにかく野球が好きで、甲子園に行きたくて、そのためならば何でもやる」という真摯な気持ちの持ち主が、チームに必要なのでしょう。それは多少の野球のスキルや、身体能力の高さよりも優先するのでしょう。

ただ、そうやってモチベーション重視で集めたメンバーが、高いモチベーションを維持できるかどうかは、マネジメント次第のところがあるのですよね。  モチベーションを生かせる目的を掲げて、そこへの具体的な道筋を示す必要があるからです。 二階君をキャプテンにしたのは、その意味で重要でした。

せっかく集まった新入部員を、テストでふるい落とすことに批判的な向きもあるかと思いますが、練習場所や機材に限りがある以上、仕方ないと思えます。 希望者にしても、レギュラーになれる見込みが薄いのであれば、玉拾い三昧になるより、早い段階で他の部活に移った方が幸せかもしれません。 そう考えて、みなみは振い落すことを決断して、それにずいぶん悩んだことは描写されていました。 

夕紀とのシーンは、今回も短いですがありました。 あいかわらず、携帯ストラップのクマ?を強調していますが、何の意味があるのでしょうね。 お見舞い面談の人数を減らすと聞いたとき、夕紀がひどく淋しそうだったのが気になります。 なにかの伏線でしょうか。 みなみは気付かなかったようですが。

プロジェクトマネージャーの仕事は、プロジェクトを始める前に準備をすることと、実際に走り出した後に出てくる、予想外の問題(いわゆるトラブル)に対処することです。 準備段階は終わって、次からは夏の大会のようなので、どんなトラブルが起って、みなみたちがどう対処するか楽しみにしています。

ポチっとして頂けると励みになります!↓

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント
この記事へのコメント
この回は学校の部活なのに入部もさせない、運動能力テストの結果より面接重視という内容に批判も多いようですね
社会人としては、この回のみなみの対応は良く頑張ってる方だと思うのですが……
その辺は年代によって意見が違ってそうです
そういう意味でも部活ものというよりはマネジメントありき、なのでしょうけど
2011/05/04(水) 02:33 | URL | 名無しさん #-[ 編集]
「最適化」というのが、ドライに取られているようですが、「幸せを最適化する」ということなんですよね。
たとえばブラスバンド部で、楽器が足りないのに部員を入部させて、何人かで楽器を共用して、それで楽しいでしょうか。結局、誰も幸せにならないでしょう。
練習場所に限りがあるのだから、適正な人数を入部させて、残りは他の部活をあっせんするのは、幸せを最大化できる対応だと思えます。

もちろん、マネジメントのたとえ話だから、こういう筋なのですが、そんなにおかしくないと思うのですね。
2011/05/04(水) 18:43 | URL | メルクマール #WstX4HDY[ 編集]
>みなみは振い落すことを決断して、それにずいぶん悩んだことは描写されていました。

個人的には、その甘さを批判したい気分です。
面接してふるい落として他の部活へ…
面接なんかしないで全部入れて使いつぶして、つぶれた奴から捨てていけばいいのでは?と思いました。
残る奴はつぶれても立ち上がるし他の奴をつぶしてでも残る、つぶれる奴はつぶれてそのまま。
それだけのことでつぶれる奴、つぶれた奴、そんなののことは気にもとめてやる必要はないのではないか。
そんな甘いなんて高校になるまでどんだけ温室育ちだよ、とか思いながら見ちゃいました。
2011/05/05(木) 20:40 | URL | 野良猫 #eOLD9.pg[ 編集]
いやまぁ、所詮非営利組織である野球部なんだから門前払いじゃなくて二軍をつくったら・・・とか思ってしまったり。人材をプールするって意味でもそっちのがいいような気がするんですけどね。
会社だと就職希望する人間全て養うのは不可能なんで、面接等で落とすわけなんですが。
2011/05/06(金) 12:12 | URL | hoge #-[ 編集]
■野良猫さんコメントありがとうございます!

野良猫さんの言われる方式は、運動部で一般的に行われていますね。最初のうちは玉拾いなどさせて、根性がある奴だけ残ればいいという。

この作品は、そういう根性論ではないところが新しいのだと思います。 根性が重視される高校野球チームを、あえてドラッカー式にマネジメントするという。 現実に上手くいくかは分かりませんが。


■hogeさんコメントありがとうございます!

練習場所などのリソースに限りがあるわけなので、2軍を作っても解決しないと思えます。別の場所で練習させるなど、リソースを増やせればいいのかもしれませんが。

みなみのやり方は、志望者の幸せや、他の部活のことも総合的に考えたものなので、野球部の利益だけを優先すれば、他のやりかたはあるかもしれません。
2011/05/06(金) 19:23 | URL | メルクマール #WstX4HDY[ 編集]
>リソースに限りがあるわけなので、2軍を作っても解決しないと思えます。

うーん、富の再分配ということで言うなら、他の部に部員紹介した結果、他の部活動が活発化して練習場所の確保が以前より難しくなる、なんて「リソース不足」も考えられるんですけどね。
後はまぁ、面接で落とされた入部希望者が他の部を紹介されて幸せか?仕方なく入部してきた部員を迎え入れるのが部にとって幸せか?ってのもありますし。

むしろ、単純に幸せを「利益」の問題として割り切るのであれば、みなみのマネジメントは妥当な解だと思えます。
2011/05/06(金) 21:36 | URL | hoge #-[ 編集]
コメントありがとうございます! コメント大歓迎ですが、このブログは原作ネタバレ無しの方針で運営していますので、ご協力をお願いします。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/1670-ff00a1de
この記事へのトラックバック
私、川島みなみ! いやもうわかってゲフンゲフン
2011/05/03(火) | KAZUの暮らし
 カスタード味のおむすび。
2011/05/03(火) | つれづれ
キャプテンに任命されて、男泣きする二階君。 部活でユニフォームをもらえると嬉しいですよね。 男泣きしたくなるのもわかります。   自分も部活でユニフォームをもらえた時は嬉しかったです。 そんなことを思い出させてくれました。  
2011/05/03(火) | 失われた何か
二階くんが報われたのは素直に良かったー。 「もしドラ」公式サイトはこちら! 後半に向けて、また少し動き始めましたねー。 とはいえ、2日開いたせいなのかいまいち理解しにくい(^-^;) これ...
2011/05/03(火) | crystal cage
面接をやること自体は別にいいと思いますよ。1人1人の性格を把握し、今後の育成方針に役立てればいいわけですし。でも面接だけで野球部の入部を断るのはどうなんです? あり得 ...
2011/05/03(火) | よう来なさった!
あらすじ(公式サイト) 四月となり、三年生になったみなみたちは甲子園出場をかけた最後の夏までのわずかな期間を有効に使うために『ノーバント・ノーボール作戦』にポイントを絞った練習を始める。そんな...
2011/05/03(火) | GaRyu
もし松下幸之助とドラッカーがマネジメントで勝負をしたら?(2011/04/21)大西 宏商品詳細を見るもしドラ 第6話 「みなみは戦略と現状について考えた」 感想
2011/05/03(火) | ムメイサの隠れ家
いやはや、マネージャーの権力が絶大なものになってきましたね。 とうとう人事権まで手に入れてしまったとは! これで ますます程高野球部の命運は みなみにかかってきた様に思います。 人事の発表は監督からというのが、みなみの手腕の高さを物語っていますね。 今回 …
2011/05/03(火) | サラリーマン オタク日記      
アニメ「もしドラ」~もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら~第6話は4月になりみなみたちは3年生になった。現メンバーでの練習にも熱が入 ...
2011/05/04(水) | オールマイティにコメンテート
なんだろう…。 ちょっと今回のお話は私的にはダメでした。 高校野球とは「教育の一環」であると私は思っていますし、1話感想でも書いてきました。 なので、入部すらさせず、「甲子園に行くために必要な...
2011/05/06(金) | シュミとニチジョウ
加地監督から信頼されるようになった みなみをはじめとするマネジメントチーム それぞれ得意分野に合わせて 役割を決めて野球部をマネジメントしていく。 トップマネジメントなんて話しが出た。   この中でみなみの役割は人事担当 洞察力に加えて、他の部に対...
2011/05/06(金) | KAL
6月6日 もしドラ&FAIRY TAIL&JSQ TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10907729319/1710ec4c
2011/06/06(月) | スポーツ瓦版
もしドラは週1話で後4話あるけど 監督が客観的にレギュラー案だが マネージャー役割分断は良いけど 新入部員を12名に面接で選ぶも
2011/06/06(月) | 別館ヒガシ日記
「もしドラ」6話、観ました。新入生が入ってきて、程高野球部にも入部希望者が殺到。夏の大会へ向けてのレギュラー選考もあり、みなみ達マネージャーも大忙し。そこでみなみは、トップマネジメントの手法を導入し、部の最適化を計ることを提案する。
2011/06/22(水) | 最新アニメ・マンガ 情報局
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。