QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「刀語 第12話(最終回) 『炎刀・銃』 感想」 の個別エントリーです。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさに圧巻。拍手喝采の最終回。刀語 第12話 『炎刀・銃』 の感想です。

三島由紀夫だったと思うのですが、「破滅に向かう姿こそがドラマだ」と書いていました。この物語は、まさに破滅に向かうドラマを描いていて、ほとんどの登場人物が破滅します。それなのに、後味が清々しいのは何故でしょうか。

とがめは、復讐のため生きていました。父親が殺されたところを目の前で見てしまったのだから、無理もありません。復讐の対象は、父親を殺させた尾張幕府と、実際に殺した無刀流の現当主、七花です。

変体刀を集めていたのは、将軍に目通りして、殺害するためでしょう。でもそれはまさに、四季崎記紀の思惑通りでした。とがめの父親は、四季崎記紀によって改変された歴史を戻すために謀反を起こしたのだから、四季崎記紀もまた、とがめの仇のはずです。それなのに、実は彼女も四季崎記紀の手のひらの上で踊っていたという、皮肉な話でした。

心象シーンの蛇が、復讐にとらわれた彼女を表しています。彼女の目が青くなるのは、『復讐モード』を表しているのでしょう。復讐のために冷徹になり、自分の心さえも駒として利用出来るモードです。でも、普段の彼女は普通の女の子で、七花に恋していました。それもまた、嘘では無かったのです。

尾張城で、これまで登場した変体刀が再登場するのは熱いですね。ゲームの終盤近くで、それまでの中ボスが一斉に登場する、いわゆるボスオンパレードを思わせます。そこで七花は、これまで散々苦労してきた変体刀を、苦も無く瞬殺します。

ロボット三原則』みたいな話でした。七花はとがめから、「刀を守れ。私を守れ。自分を守れ」という3つの命令を受けていて、それが彼の力の足かせになっていた。とがめが死んで、その命令から自由になったことで、初めて彼のフルパワーが発揮されたのです。クライマックスで「真の力が覚醒する」というのはありがちで、ご都合主義だったりしますが、これはなんとも説得力のある、綺麗な展開じゃないですか。

否定姫の目的は、四季崎記紀の悲願を達成することですが、彼女もそれに囚われていたのでしょう。そのために部下を失い、友を失い、地位を失って、破滅したのでした。

四季崎記紀の思惑も外れて、尾張幕府は存続しています。結局、何もうまくいっていません。でもそんなことは、きっとどうでもいいのです。大事なのは結果じゃないから。

人生で、うまくいくことなんて滅多に無いじゃないですか。失敗の連続が人生だと言えます。それに、たとえ上手くやったところで、最後はみんな死ぬのだから、最終結果だけ見れば全員が敗者ではないですか。

この物語では、誰の思惑も成就せず、登場人物たちはほとんどが破滅します。でも、みんな一生懸命生きて、輝いていました。刀集めの過程で、とがめは無邪気に楽しんだし、七花は喜怒哀楽を知ったし、右衛門左衛門は姫のために尽くしました。それが全てであって、結果として目的が遂げられなかったとか、努力が実を結ばなかったとか、そんなことはどうでもいいのです。 

四季崎記紀は、予知能力を持っていたので、全てを手のひらの上で動かしているつもりでしたが、やはり、歴史はそんな単純なものではありませんでした。その時その時の人々が、いかに生きたかが歴史なのだから、歴史もまた、結果ではなく過程なのです。

「人生において結果なんて意味はない」。そう考えると、「あのときああしていれば」なんてクヨクヨする必要も無いですね。輝いた一時があれば、それだけでいい。生きるってそういうことだ。そんな前向きなメッセージが込められた、破滅のドラマ。それが刀語でした。

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント
この記事へのコメント
アニメだと、やや分かり難いんですが実は、とがめ(七実)と衛門左衛門の願いだけは叶ってるんです。七花と否定姫の生存だけは。
いや、原作既読者から見ても文句のつけようもない素晴らしいアニメでした。
感想お疲れさまでした。
2010/12/11(土) 15:14 | URL | クロウ #-[ 編集]
クロウさんコメントありがとうございます!

とがめは、表の目的は成就間近でついえたので、やはり無念はあると思いますね。でも一方で、七花を殺さずに済んだのは良かったので、裏の目的は叶ったと言えるかもしれません。それにしても、七花とずっと一緒にいるという約束は果たせませんでしたが。

衛門左衛門は、否定姫を守れずに先に死んだのは、やはり無念だったと思えます。差し違えたなら満足だったでしょうけれど。

いずれにしても、人生の最後がどうだったかは、あまり関係ないといのがメッセージでしょう。

時間ができたら原作を読んでみようと思います。西尾維新はかなり読んでるのですが、たまたまこれは読んでないのですよね。
2010/12/13(月) 16:14 | URL | メルクマール #WstX4HDY[ 編集]
初めまして。 原作は未読なのですが、アニメの方の評価が尻上がりに高くなっていった作品のようですね。

好いた者を殺そうとした容赦姫と彼女を殺させてしまった否定姫は、似た者同士といえるのでしょう。 四季崎記紀の思惑通りに行動した結果、全てを失った否定姫と七花が行動を共にするのは必然にも思え、姫は疎まれているようですが、ある意味ツンツン男とデレデレ女のツンデレカップルが完成したのではないでしょうか。

否定姫は、とがめという安全装置を失くした鑢七花という刀の鞘になったのだと思えば、この二人はこの後お互いを死なせない為のバランスの取れた連れ合いとして、偶発的に完成された一振りの刀であるようです。
そしてそれは「生き永らえて欲しい」という、とがめと右衛門左衛門の願いに叶うものとして、ささやかながらも報われた思いがするのでしょう。

長文失礼しました。 これからもメルクマールさんの考察記事を楽しみにしています。
2010/12/17(金) 00:44 | URL | こにぃで #-[ 編集]
確かに、容赦姫と否定姫は似ていると言えて、互いに理解者なのかもしれないですね。

全てが終わって、四季崎記紀の呪縛から解かれたおとで、否定姫が憑き物が落ちたようになったのが印象的でした。あの特徴的なしゃべりが普通になりましたし。これまでずっと、自分の運命を否定し続けてきたのでしょうね。

安全装置というのは、面白いですね。たしかに、七花はもう死んでもいいと思っていたのだし。否定姫を守るために、お互いのために生きるという目的は、必要なのでしょう。

1年間お付き合いいただいてありがとうございました。今後もよろしくおねがいします!
2010/12/21(火) 09:45 | URL | メルクマール #WstX4HDY[ 編集]
今更だけど…とがめも四季崎の刀みたいなもんだよ。それの証拠があの左目
2012/12/10(月) 00:23 | URL | ちぇりおの伝道師 #-[ 編集]
コメントありがとうございます! コメント大歓迎ですが、このブログは原作ネタバレ無しの方針で運営していますので、ご協力をお願いします。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/1471-a89395bc
この記事へのトラックバック
■刀語 第12話(最終話) 「炎刀・銃」 脚本:上江洲誠 絵コンテ・演出:元永慶太郎 作画監督:池上太郎、中村和久、又賀大介、板垣敦、中田正彦 とがめの死。10話で自分はとがめのために戦っている、...
2010/12/11(土) | Welcome to our adolescence.
 まさかそういう終わり方をするとは……
2010/12/11(土) | つれづれ
黒歴史ならぬ嘘歴史。 全ての物語の結末を今宵。 全ての視聴者にありがとう。 拳銃 VS 無刀 最後の完成形変体刀である炎刀・銃が、ある者の手により、 尾張幕府へと謙譲されてしまう。 そし...
2010/12/11(土) | ひえんきゃく
とがめの死を持って完成した変体刀・虚刀流「七花」。 四季崎記紀の目論みとは、歴史の改竄。 尾張幕府の終わりであった…? ▼ 刀語 第12話 「炎刀・銃」  最期に際して、とがめは、七花に言ってきたことは全て嘘だと語る。 七花を利用するために自分すらも...
2010/12/11(土) | SERA@らくblog
「言葉は嘘でも 気持ちは・・・嘘では、ない」 刀語 オリジナル・サウンドトラック Vol.2 (2010/12/22) 岩崎琢 商品詳細を見る
2010/12/11(土) | 狼藉者
  第12話「炎刀・銃」(終)十二ヶ月かけて集められた変体刀は、尾張幕府に献上されていた。時の将軍、家鳴匡綱との謁見は、変体刀蒐集を成し遂げた褒美として与えられる、とが...
2010/12/11(土) | 日々“是”精進!
「七花、私が死んだら『ちぇりお』を気合を入れる 掛け声として、日本中にはやらせてくれ」 拳銃 VS 無刀 前回、右衛門左衛門に炎刀『銃』で撃たれてしまったとがめ。 どうやら最期の言葉が聞けるよるようにと、急所を外してくれたようだが、 とがめはこのシリアス...
2010/12/11(土) | ジャスタウェイの日記☆
『最後の完成形変体刀である炎刀・銃が、ある者の手により、尾張幕府へと謙譲されてしまう。そしてその場で、現将軍・家鳴匡綱語られた完成形変体刀の真実は、誰もが驚愕するものであった。そして、七花ととが...
2010/12/11(土) | Spare Time
生きるという命令を守るつもりも無い。自らを守れと言う命令を守る気も無い。 右衛門左衛門はとがめに致命傷を与えたものの即死はさせず、七花に「何と言って死ぬのか」聞くように促します。 自身の死を理解したとがめは七花に遺言を託します。「自分が死んだら『ちぇりお...
2010/12/11(土) | こいさんの放送中アニメの感想
 刀語  第12話 『炎刀・銃』 感想  最終回    次のページへ
2010/12/11(土) | 荒野の出来事
刀語 オリジナル・サウンドトラック Vol.2(2010/12/22)岩崎琢商品詳細を見る  10分ほど使用した七花ととがめの別れのシーン。第6話で先取りしていたのですね。右衛門左衛門が急所を外してくれたおかげか...
2010/12/11(土) | 破滅の闇日記
そもそもきみは歴史とは何だと思う
2010/12/11(土) | 本隆侍照久の館
 1年続いた刀語もいよいよ最終回…!1話がなんかもう昔のようです…。右衛門左衛門にとがめが撃たれるという、衝撃な展開で終わった前回…一体七花ととがめはどうなってしまうのでしょうか…?最後の戦いが七花を待ち受けていました。  ラストの七花対右衛門左衛門の...
2010/12/12(日) | コツコツ一直線
一年間に及ぶ大河アニメ、ここに完結。 ◇とがめの死 思っていた以上に悲しさを感じず、淡々と受け入れてしまいました。 とがめが余りにも自分の死に対して受け入れていたからですね。 むしろ死ぬことで...
2010/12/12(日) | シュミとニチジョウ
最後までたまに歩きつつも走りきった刀語は素晴らしい作品。
2010/12/12(日) | 所詮、すべては戯言なんだよ
刀語 第12話(最終話) 『炎刀・銃』 ≪あらすじ≫ 伝説の刀鍜治、四季崎記紀がその人生を賭けて鍛えた完成形変体刀十二本を求め、無刀の剣士である虚刀流七代目当主・鑢七花(やすり・しちか)と美貌の奇...
2010/12/12(日) | 刹那的虹色世界
なんたる名作!! 歴史ドラマに特有の面白さ・感慨深さが、ぎゅっと濃縮された物語だった!
2010/12/12(日) | 妄想詩人の手記
その刀身はただ真っ直ぐに行く末を見つめるのみ
2010/12/12(日) | 穹翔ける星
刀語終幕---------------。いよいよ1年に渡って放送されてきた大河アニメも最終回。後半は放送時間が週末に変わったので視聴が後回しになってしまい感想もすべてはかけなくなってしまい...
2010/12/12(日) | ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
とがめ~。゚(゚´д`゚)゚。 こんな終わり方のアニメ珍しいですね。 やっぱりハッピーエンドの物語の方が多いのかな? 理不尽な運命に翻弄されて、人間1人の力なんてとてもちっぽけ。 誰の願いも叶わない、誰も幸せになれない、そんな世界だとしても。 だけど
2010/12/12(日) | 空色きゃんでぃ
とがめ最後の奇策
2010/12/12(日) | 隠者のエピタフ
刀語 #12 炎刀・銃 771 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2010/12/11(土) 02:34:04 ID:HbBdAe3uP これはいい新婚旅行EDだった 773 名前:風の谷の名無しさん@実況は実...
2010/12/12(日) | HISASHI'S ver1.34
歴史とは作られるものではなく、紡がれるもの。というわけで、「刀語」12話(最終回)容赦姫よ安らかにの巻。とがめさんは死んだ。最期の会話は少々長かったが、あっさり死んだ。 ...
2010/12/12(日) | アニメ徒然草
刀語 第十二話 炎刀・銃 (エントウ・ジュウ) (講談社BOX)(2007/12/04)西尾 維新商品詳細を見る いるかそんなもん!ちぇりお――!! 毎月1話放送、「刀語」第12話の(ほぼ)感想です。 天下など。 (感想...
2010/12/12(日) | 渡り鳥ロディ
【刀語】最終話「炎刀・銃」視聴終了。まず、尺的には2クールですけど、一年に渡る長丁場お疲れさまでした。月1回1時間モノを12回という手法ですが、この作品の様な「12」という数が ...
2010/12/13(月) | 紅鏡の鑑
炎刀・銃によって撃たれたとがめ!尾張幕府に献上される12本の刀。「拳銃VS無刀」あらすじは公式からです。最後の完成形変体刀である炎刀・銃が、ある者の手により、尾張幕府へと謙...
2010/12/13(月) | おぼろ二次元日記
『七花、私が死んだら“ちぇりお”を気合を入れる掛け声として、日本中にはやらせてくれ』 『“ちぇりお”を間違った意味ではやらせるなんて、俺一人じゃ出来ないよ』 まさかの流れに…途中まではこれも奇策の一環かと信じてた(涙) 刀語 第十二巻 / 炎刀・銃 【完全生…
2010/12/13(月) | 風庫~カゼクラ~
★★★★★★★★★★(10:素晴らしい) 運命と歴史の流れに翻弄された者達の、悲しくも前向きな物語。 凄く良かったですね。 ずしりと胸に痛みを伴うラストではあるのだけれど、 どこか晴れ晴れとした心持ちに...
2010/12/13(月) | サボテンロボット
(すっごくショボくれたとがめ…ではありません) 刀語 第12話(最終回)の所感です。
2010/12/14(火) | アニメ与太話
十話、十一話を見逃したので、ついていけないかな?と思ったんですが、最終回は最終回として楽しく・・・いや、感慨深く見させていただきました。 もう最後の来宮さんのナレ ...
2010/12/14(火) | nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ!
刀語 第九巻 / 王刀・鋸 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る 最後の完成形変体刀である炎刀・銃が、ある者の手により、尾張幕府へと謙譲されてしまう。そしてその場で、現将 ...
2010/12/14(火) | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
刀語(第12話) すばらしかった! 何がというわけではなく全てがすばらしかった!! あっという間の1年。 この1年は本当に毎月毎月が楽しみでした。 おっ、1月になったから刀語だ! おっ、2月に...
2010/12/14(火) | 維新蕩れ
左右田右衛門左衛門の放った炎刀・銃による銃弾を浴びて倒れる尾張幕府家鳴将軍家直轄預奉所軍所総監督・奇策士とがめ。驚く鑢七花に、右衛門左衛門はとがめの真の名が容赦姫であると語る。全てを否定する否定姫と対立していたとがめの名前が容赦姫。否定姫がとがめは全て...
2010/12/16(木) | 無限回廊幻想記譚~アニメ・映画感想~
左右田右衛門左衛門の放った炎刀・銃による銃弾を浴びて倒れる尾張幕府家鳴将軍家直轄預奉所軍所総監督・奇策士とがめ。 驚く鑢七花に、右衛門左衛門はとがめの真の名が容赦姫であると語る。 全てを否定する...
2010/12/16(木) | 無限回廊幻想記譚 別館
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。