QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「機動戦士ガンダムUC 第2話 『赤い彗星』 感想」 の個別エントリーです。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダム00(ダブルオー)劇場版を見た後だから、特にそう思うのでしょうけれど、この作品は「すごくまっとうなガンダムだなー」という印象ですね。 機動戦士ガンダムUC episode 2 『赤い彗星』 の感想です。
内容のネタバレがあります。原作小説は未読です。

ちなみに、僕はガンダム00もとても好きですよ。感想記事を見ていただければ、僕のダブルオーへの愛は伝わると思います。→ 劇場版 機動戦士ガンダム00 感想(ネタバレあり)

でもそれはそれとして、この作品の「いかにもガンダム」な感じも、とても好きですね。テーマは、地球の支配階級とスペースノイドの対立という、お馴染みのものです。シャアとおぼしき人物が登場して、お約束のセリフの数々(「3倍のスピードです!」、「当たらなければどうということはない」など)が飛び出します。 「これこれ」という安心感がありますな。

主人公が偶然、あるいは強引にガンダムに乗り込むのはお約束ですが、でも従来のガンダムが、本当に勝手に乗ってしまうのに対して、この作品では、一応、承認の上で乗り込んでいます。最初はビスト財団のカーディアスの手引きだったし、2回目はアナハイムの重役が関わっていました。

本来、重要機密であるガンダムが、勝手に乗り込んで動いてしまうのは妙な話なので(セキュリティはどうなってるんだという)、こちらのほうが納得感があります。他にも細かいところが、SFやミリタリー的により「ありそうな」方向にリファインされていると思えます。

主人公とヒロインが、敵味方に分かれて戦うのもガンダムのお約束ですが、雰囲気は違いますね。従来のガンダムでは、主人公やヒロインは、それぞれの陣営のイデオロギーに縛られていて、しばしば相手のことよりも、所属陣営を優先します。

でも、バナージやミネバは、より柔軟に見えます。少なくともバナージは、地球連邦にはあまり縛られていなくて、利害が対立してもミネバ(オードリー)のことを優先するでしょう。

ミネバは、バナージが最優先ではありませんが、ネオジオンの言うとおりに動くつもりもありません。そもそも、ユニコーンガンダムがネオジオンに渡されることを、阻止したかったわけですし。

彼女は、なによりも平和を望んでいるのでしょう。そのために、やるべきことを自分で決めています。すごい娘ですね。誰にも頼れないという、そのプレッシャーは大変なものなはずで。 バナージはそんな彼女に、「君はどうしたいんだい。しなければならないことではなくて、君がやりたいこと、君自身がどうしたいのかを教えてよ」 と言いました。「君がやりたいことならば、僕は助ける」という気持ちでしょう。

「しなければならないこと」だけを考えてきたオードリーにとって、その言葉は新鮮だったはず。そしてこの言葉で、バナージはミネバにとって『唯一の味方』になったのです。今回、二人の絡みは少なかったですが、それでもしっかり絆を強化したように見えます。 この作品はきっと、第一にバナージとミネバのラブストーリーなのでしょう。

資源衛星のパラオは、元はアステロイドベルト(火星と木星の間)にあったということで、地球から遠いので補給が大変で、太陽の光も弱くしか届かない、劣悪な環境だったのでしょうね。棄民だったという、スペースノイドの悲哀の記念碑だと言えます。キリスト教がローマの奴隷の間で流行ったように、そういう悪い環境だからこそ、ジオン家への崇拝が育まれたというマリーダの説明は、納得できるものでした。

メカ描写が、例によって素晴らしいですね。特にGの表現が。加速したり、キックを食らったりしたときのパイロットの体にかかる負荷が、映像から伝わってきます。 UCガンダムの変形シーンも素晴らしくカッコイイ。

全体として、1話のほうが面白かったのは確かです。スペクタクルな導入から、ヒロインとの出会いと、緊迫感のある展開。そして戦闘になり、最後はガンダムが覚醒するという、派手でスカッとする展開でした。。

今回は、ガンダムが出撃するものの、いまいち戦果をあげていないし、主人公は囚われるしで、もやもやしたものは残ります。でもそれは、ストーリー進行上仕方ないことです。上に書いたように、ディティールで楽しめたし、ラブストーリーや戦争の是非といった、作品のテーマの部分が興味深かったので、PlayStation Networkに支払った1000円分の満足感は十分にありました。次回が待ちきれません。

ポチっとして頂けると励みになります!↓

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございます! コメント大歓迎ですが、このブログは原作ネタバレ無しの方針で運営していますので、ご協力をお願いします。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/1418-18ef967a
この記事へのトラックバック
第2話 「赤い彗星」
2010/10/31(日) | ~Fantasy Earth Blog~
機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 第1話 ~  第2話 赤い彗星  アフィリエイト
2010/10/31(日) | 動画共有アニメニュース
大阪・なんばパークスにて、日曜朝一番の回見てきました。ガンダム、特に宇宙世紀に思
2010/10/31(日) | くまっこの部屋
episode2「赤い彗星」あやまちを・・認めたくないのは若さゆえ、認めるのが大人「シャアの声だ」はい、その通りです(笑)池田秀一さんをフル・フロンタルを起用したからこその遊びの...
2010/11/01(月) | 帰ってきた二次元に愛をこめて☆
見せてもらおうか 新しいガンダムの性能とやらを 時間に余裕を持とうと思ってMOVIXさいたまに朝見に行ったら、限定BD完売とか圧敗にも程がある… 全国で5000枚って少なすぎるだろ! 劇
2010/11/02(火) | フレイグ
感想 ガンダムユニコーン2話です。ほぼ8ヶ月ぶりですかね。 このクオリティを堪能できるのは素直に嬉しいです。 サンライズは最近ガンダムに制作リソースを費やしてくれます。 例えて言うなら、ユニコ...
2010/11/02(火) | 失われた何か
今際び際のピスト財団の当主、カーディアスから、『ラプラスの箱』の『鍵』となる モビルスーツ《ユニコーン》を託された少年バナージ・リンクスは、『袖付き』の マリーダ中尉が駆る《クシャトリヤ》と...
2010/11/03(水) | ひえんきゃく
ええ、はい そうです、僕は、ガンダムが好きです。 ホントはサイトでガンダムだけのページを作ってさぁ、したいけどさぁ、それすると多分、怒られるんだよねぇ、世知辛いよねぇ、 ガンダムUC(ユニコーン)...
2010/11/04(木) | 物理研究愛好会公式ブログ
『亡国のイージス』、『終戦のローレライ』などの作家・福井晴敏が『逆襲の シャア』の3年後を舞台に「ガンダムエース」誌上で連載した同名小説を 映像化したSFアニメの第2話。 キャラクターデザインは安彦良和で、メカニックデザインがカトキハジメが 担当。 “ラプ…
2010/11/04(木) | だらだら無気力ブログ
ガンダムユニコーンのエピソード2。 赤い彗星の再来となるフル・フロンタルの登場が鮮烈です! CVが池田秀一さんだし(笑) 過去作品を彷彿させる名セリフも訊けて、本人なのか正体が気になりますね。 ...
2010/11/07(日) | SERA@らくblog
待ちに待った機動戦士ガンダムUCの第2話の感想となります 第1話から8ヶ月近く、長かった・・・。 すごくいいところで、終わったこともあってすごく楽しみでした。 原作もどうせアニメになるだろうか...
2010/11/08(月) | 洒落た乾杯でも…
機動戦士ガンダムUC〈3〉赤い彗星 (角川コミックス・エース)福井 晴敏角川書店発売日:2007-12ブクログでレビューを見る? この作品の感想を書くうえで、私は自分が物心ついて以来30年間、 ずっと「ガンダム」に抱き続けてきた憧れや、富野監督を追い続けてきた 年月
2010/11/08(月) | 空想野郎の孤独語り
現在公開中のユニコーンを見てきました。長いので、2つに分割です。こちらは極力バレ無しの総評です。
2010/11/10(水) | 隠者のエピタフ
視聴しながらの感想箇条書き。 episode 2「赤い彗星」・ストーリー    今際の際のビスト財団当主、カーディアスから、『ラプラスの箱』の『鍵』となるモビルスーツ《ユニコ-ン》を託された少年バナージ...
2010/11/12(金) | 書き手の部屋
それは希望の再来か? それとも血の再来か?
2010/11/13(土) | 穹翔ける星
ラブプラスをめぐる戦いVol.21巻では絶妙な所でお預けをくらったので半年以上の「待て」をしていた格好となりました。忠犬にも程がありますよ。待望の第2巻を視聴するに当たって、まず1巻冒頭のクシャトリヤの勇姿を3回くらい拝み、パパンがユニコーンを託す所くらいま...
2010/11/15(月) | 紅鏡の鑑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。