QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「刀語 第9話 『王刀・鋸』 感想」 の個別エントリーです。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この作品は、アニメでは珍しい1話1時間モノなわけですが、それもいいなと思える回。刀語 第9話 『王刀・鋸』 感想です。

今回のストーリーには、いろんな要素があるんですよね。本筋は、『無刀流』を封じられた七花が、いかに慚愧に勝つかという物語ですが、そこにとがめの勘違いによるラブコメが絡み、七花と慚愧との心の交流があり、さらに平行して真庭忍軍と衛門左衛門の戦いがあります。 前半から中盤にかけて、それらの前フリをじっくりとやって、終盤で一気に収束させました。

この構成は、30分モノの前編・後編では難しかったでしょう。前半の内容が薄くなり、引きが弱いですからね。1時間モノだから1時間の枠内で緩急がつけられて、終盤のラブコメの畳みかけや、衛門左衛門の戦いのスピード感や、とがめの奇策による勝負のあっけなさ、が効果的に表現されたと思えます。

とがめは勘違いで嫉妬していましたが、完全に勘違いとも言えないですね。七花と慚愧は、互いに惹かれ合っていたでしょう。互いの境遇が似ていて、互いに孤独で、互いが理解者だとわかったから。七花は剣が生理的に苦手なはずなのに、楽しそうに稽古をしていたのは慚愧がいたからです。あのまま続けていたらどうなったか分からず、とがめが勝負を急いだのは、正しい判断だったでしょう。

ちなみに、”王刀楽土”は”王道楽土”のもじりですね。満州国のスローガンで、孟子が唱えたような”徳の高い王”が統治する理想的な国という意味です。殺人のための剣は覇道であり、剣の王道は精神を鍛えることにあり、だから木刀なのですね。面白いなぁ。 将棋の”王”にも掛けているかも。

本当に、この作品のストーリー構成の巧みさには唸らされます。一つの設定で一つのことを説明するのは、簡単なのですよ。でも良いストーリーでは、一つの設定で多くのことを説明するものです。そしてそのような設定が有機的にからみあい、結末に向かって収斂していくのが、つまり「良いストーリー」です。

例えば、慚愧が真人間でフェアプレイを重んじるという設定は、王刀の持ち主にふさしく、また七花が道場通いする展開のため必要でした。さらに、七花と慚愧が接近するためにも必要だったし、結末の奇策のためにも必要でした。一つの設定で多くのことを説明している、ということです。

前回も前々回も良かったので、尻上がりに良くなっている感がありますね。とがめの奇策が冴えるようになったのがそのあたりなので、とがめ次第なのかもしれません。今後もとがめに期待します。次回はとがめの出生について語られるようで、「咎め」という、愛娘に相応しくない名前が付けられた理由についても語られるでしょうか。

ポチっとして頂けると励みになります!↓

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございます! コメント大歓迎ですが、このブログは原作ネタバレ無しの方針で運営していますので、ご協力をお願いします。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/1340-836c42c3
この記事へのトラックバック
真っ直ぐであるが故に
2010/09/13(月) | 穹翔ける星
居合とは人に切られず 人切らず ただ受け止めて平らかに勝つ
2010/09/13(月) | 物理的領域の因果的閉包性
刀語 第9話 『王刀・鋸』 ≪あらすじ≫ 伝説の刀鍜治、四季崎記紀がその人生を賭けて鍛えた完成形変体刀十二本を求め、無刀の剣士である...
2010/09/13(月) | 刹那的虹色世界
いつもと違うコメディ回、ただ今とがめ絶賛暴走中~、の巻。
2010/09/13(月) | ひそかにささやかにアニメを応援している日記
刀語 第9話「王刀・鋸」 脚本:待田堂子 絵コンテ・演出:サトウシンジ 作画監督:池上太郎、二宮壮史 溢れんばかりのとがめの可愛ら...
2010/09/13(月) | Welcome to our adolescence.
 とがめがタイミング悪過ぎですね。彼女のいろんな表情が見られて楽しかったです。
2010/09/13(月) | つれづれ
今回はラブコメですか(笑) 何この可愛い生き物。 今回の待ち受けパスワードの二つ目に吹いたよ! 木刀 VS 無刀 王刀・鋸を求め、出羽...
2010/09/13(月) | ひえんきゃく
-田村ゆかり劇場開幕- 今回の刀語。 個人的にはとがめ=田村ゆかり劇場としか言い様の無い展開でした。 とがめが動き、芝居し、演技をす...
2010/09/13(月) | 失われた何か
「剣を取ったほうが弱くなるなど──まるで呪いのようですね」 木刀 VS 無刀 王刀・鋸を求めて、出羽の将棋村までやって来たとがめたち。 ...
2010/09/13(月) | ジャスタウェイの日記☆
とがめのでれっぷりは可愛い。 前回は、七花の人間としての成長と、とがめとの関係性
2010/09/13(月) | 雑然倉庫~ふくのブログ
刀語 第七巻 悪刀・鐚(完全生産限定版) [Blu-ray](2010/10/06)細谷佳正田村ゆかり商品詳細を見る 原作でも見られたラブコメ要素を拡大し、見事に笑え...
2010/09/13(月) | 破滅の闇日記
ラブコメ回。笑わされっぱなしだった^^
2010/09/13(月) | 妄想詩人の手記
出羽 天童将棋村 王刀・鋸を所持する汽口斬愧にとがめが将棋の勝負で勝ったとことで、刀をかけて七花と勝負させてもらえる権利を得る。
2010/09/13(月) | 本隆侍照久の館
出羽の天童将棋村で剣術道場・心王一鞘流の12代目当主である汽口慚愧に将棋の勝負で勝利したとがめは、約束通りに四季崎記紀の完成形変体刀『王刀・鋸』を賭けた鑢七花との勝負を承諾させるも、慚愧は防具も武器も持たない相手と勝負出来ないと言い出した。、やむなく防具...
2010/09/13(月) | 無限回廊幻想記譚
『王刀・鋸を求め、出羽の将棋村へと向かう七花ととがめ。 その名の通り将棋が盛んな村にある唯一の剣術道場・心王一鞘流の12代目当主である...
2010/09/13(月) | Spare Time
ラブコメ王道回でした(笑) 剣術道場、心王一鞘流の当主である汽口慚愧は、真面目すぎるキャラ。 七花に武器を持たせないと試合をしないと...
2010/09/13(月) | SERA@らくblog
原作ギャルゲーでしたっけ?というわけで、「刀語」9話夏色剣術小町の巻。ふぅ…やきもちを焼く女の子ってどうしてこんなにかわいいんだろうな。ベタな勘違いのオンパレード!か、...
2010/09/13(月) | アニメ徒然草
刀語 第9話 「王刀・鋸」 人気ブログランキングへ
2010/09/14(火) | アニメは日本の文化遺産
第9話 「王刀・鋸」今さらですが刀語のレビューいきます。とがめの髪が短くなってOPもリニューアル。曲も毎回変えるし、ホント手間かかってるなこのアニメ。今回の敵(名前が難しすぎる)...
2010/09/15(水) | GIGASSA!!
シトロンの雨(初回限定盤)(DVD付)田村ゆかりキングレコード発売日 2010-...
2010/09/17(金) | ベストアンサー
変体刀を求めて、七花ととがめは出羽の将棋村へとやって来ていました。そこで2人は、王刀・鋸の所有者・汽口慚愧と勝負をすることになったのですが・・・。汽口は七花が無
2011/01/05(水) | 日々の記録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。