QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「あそびにいくヨ! 第9話 『いだいなるさいしょのあしすとろいど?』 感想」 の個別エントリーです。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まさかのキャプテン・フューチャーネタということで、興奮さめやらない私です。 あそびにいくヨ! 第9話 『いだいなるさいしょのあしすとろいど?』 の感想。

キャプテン・フューチャーは、いわゆる”スペースオペラ”(宇宙活劇)の原点と言える作品の一つです。そして、僕のSF好きの原点とも言えるのですよ。図書館で児童向けのものを読んで、すごく面白かったので続きが読みたいと思い、ハヤカワ文庫で出ていた全20巻を集めました。初めて買った文庫本でもあります。

キャプテン・フューチャーの両親(ニュートン夫妻)は高名な科学者で、共同研究者のサイモン・ライトと共に月の研究所で暮らしてしていました。研究の助手として、ロボットのグラッグと、アンドロイドのオットーが作られ、さらに、ニュートン夫妻の間に子供が生まれます。

しかしある日、彼らの研究を狙う悪漢に襲われて、両親は殺されてしまいます。サイモンと二人の人造人間は、残された赤ん坊にできるだけの教育をすることにしました。サイモンは知力を、グラッグは体力を、オットーは体術を鍛え、文武両道の青年に育ったカーティスは、その能力を、人類のために使うことを決意します。

原作が書き始められたのは1940年代(第二次大戦中)なので、科学知識としては古く、太陽系の各惑星に原住民が住んでいたりしますが(ガス惑星である木星にも木星人がいたり)、それを割り引いても、様々な危機を知恵と勇気で切り抜けるキャプテン・フューチャーの活躍は、胸がすくものでした。野田昌宏さんによる名訳の力も大きいでしょう。

ジェンスたちが見ていたのは、キャプテン・フューチャーのアニメ版だと思われ、セリフから判断すると32話あたりですね。原作の『宇宙囚人船の反乱』のエピソードです

物語は、キャプテン・フューチャーたちが乗っていた囚人護送宇宙船が、事故で爆発するところから始まります。無人惑星に漂着したけれど、脱出するためには自力で宇宙船を作るしかない。キャプテンたちは、金属の精製や工具を作るところから、気の遠くなるような作業を進めていきます。

非協力的な囚人たちや、凶暴な現住生物に手を焼きつつ、宇宙船は完成するのですが、一つ問題がありました。エンジン(サイクロトロン)を安定させるにはカルシウムが必要で、それがその惑星には欠如していたのです。生物の骨にさえ含まれていない。ならばどうするか… というシーンをやっていました

で、本編ですが、”最初のアシストロイド”であるラウリィをフィーチャーした、いわゆる人造人間譚でした。人造人間譚とは、人間に似せて作られた機械の悲哀を語るものです。 実は、キャプテン・フューチャーにも、人造人間譚の要素があります。

グラッグとオットーはともに人造人間で、人間に強烈に憧れているんですね。そして二人は、どちらが人間らしいかということでいつも喧嘩しています。「このゴム人形が!」「なにをこの、屑鉄風情が!」という調子で。でも実は互いに大切に思っていて、片方が危機に陥ると、もう片方は矢も盾もたまらなくなるのですが。

「おいらは淋しいスペースマン」は、アニメでは随所で使われていたようですが、原作で使われたのはたぶん1回で、グラッグが歌うのです。「歌を歌うのは人間らしい」とオットーに自慢するシーンでした。

それをラウリィが歌うのは、二重の意味で感慨がありますね。宇宙をさすらうために作られた身の上を歌いつつ、歌うことで人間らしさを表現している、と。

エリスがラウリィを苦手そうにしていたのは、過去のこともあるけれど、本来はラウリィの主人が地球に一番乗りするはずだったのが、自分がその役をやってしまった、という後ろめたさがあるのでしょう。そんな繊細なところがあったとは意外です。 

アシストロイドが言葉をしゃべれなくなった経緯も印象的でした。そういうことはあるかもしれないな。 人工知能の人権問題は、文明がいつか必ず突き当たるはずの壁で、SFの大きなテーマです。

この作品はSFマインドがあると以前から思っていましたが、単なるトレッキーとかでなく、筋金入りであることがわかりました。どの程度の視聴者がついてこれているかわかりませんが、僕はめいっぱい楽しんでいます。

ポチっとして頂けると励みになります!↓

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント
この記事へのコメント
ついてこれてない人多いなぁ、と思っていたところにキャプテン・フュ―チャーの原作まで知ってる人がいるのに安心しました。
今回はOPがなかったので「これは本気でやってくる!」と思わず姿勢を正して見てしまいましたね。
正直先週の次回予告で~エーテルとか言い出した時は、今回、「~人は彼女をキャプテンクーネと呼ぶ」とアバンタイトルが始まるんじゃないかと思ってましたから。
2010/09/05(日) 17:43 | URL | コメット號 #a/.h4cH.[ 編集]
はじめまして。

「いだいなるさいしょのあしすとろいど」ということで、フォーカスライト(またはSSL、二ーヴ、インタシティ)とかいったあたりを思い浮かべつつ、「あ、キュアムーンライト!」とか騒いでみたりしながら、(すいません)相当に楽しみました。

あの歌は、キャプテン・フューチャーのあの世界で作られ、宇宙開拓史に思いを馳せるスペースマン達に好まれた流行歌、と勝手ながらそう解釈していましたので、ゴーハム・ジョンソンになれなかったご主人様を思う時、これはぴったりだったかなと。

でも今回一番ぐっと来たのは、以下のやり取り。

「しかし不思議です。地球人は外宇宙に出たことないんですよね?」
「なのに、宇宙を旅する人の心をここまで表現できるなんて、不思議ね。」

大元帥、聞こえましたか?
2010/09/05(日) 19:55 | URL | しろ #MF8IyTP2[ 編集]
どうもどうも、ご無沙汰です。

『キャプテン・フューチャー』ネタ良かったですね。メルクマールさんは何か書いてるだろうと思ったら盛大に取り上げておられてまさにGJです。
小学生の時にNHKのアニメ版は毎回楽しみに視聴していました。その後とくにSFファンになるわけでもなく、原作にも手を出しておりませんが、まさか深夜アニメでこの作品を思い出させられるとは。31年もたってねぇ。
改めて調べると今回キーになってる「おいらは淋しいスペースマン」を始め、音楽は大野雄二さんなんですよね。特に「ポプラ通りの家」っていうエンディングの歌が好きだったなぁ。

『あそびにいくヨ!』の原作は寡聞にして存じ上げないのですけど、『キャプテン・フューチャー』のネタは原作にも出てくるのですかね。アニメ版はもとより、古典として名高い原作を知る視聴者だって少ないだろうに思いきったことをします。沖縄の文物を大道具・小道具として丁寧に描いている(旅行ガイドに載ってる有名なものばかりですが)ので好感を持っていた『あそびにいくヨ!』ですけど、SF的な視点からも注目しなければいかんのかな、と思いました。

しかしまあ、オッサンがよろこぶネタを仕込んでくるアニメには困りますよ。いい意味で。

では股。
2010/09/05(日) 21:52 | URL | 雪中梅 #-[ 編集]
おお、コメントたくさん頂いて嬉しいです!

■コメット號さんコメントありがとうございます!

前回の予告から予期されていたとは凄い!「時は未来、ところは宇宙」はアニメのナレーションなんですね。

『エーテル』は懐かしい雰囲気があります。『特殊放射線』とかも。この作品は、そんな古き良きSFを、今に蘇らせてくれるかもしれません。


■しろさんコメントありがとうございます!

はじめまして! 「いだいなるさいしょの」は、アポロ11号のアームストロング船長の言葉からかなと思っていましたが、他に謂れがあるでしょうか。興味深いです。

ゴーハム・ジョンソン!と思わず膝を叩きましたよ。そうそう、あの”ご主人”のモデルはそれでしょうね。探検中に遭難したんでしたっけ。マーク・カルーという人もいました。そういう過去のスペースマンの犠牲の上に、フューチャーメンたちの時代があるのでした。キャーティアたちも同じですね。

野田大元帥は、宇宙活劇を愛し、宇宙開発を愛し、心はいつも宇宙にさまよわせていた人だから、あの歌詞に説得力があるのでしょうね。種族を超えて、時代を超えて、いつかあの歌が本当に宇宙で歌われるようになるかもしれません。きっとそうなると思えます。だから大元帥は生き続けます。


■雪中梅さんコメントありがとうございます!

このネタは取り上げざるをえませんよ! いくらでも書けてしまいそうなのを、必死にセーブしました。楽しんで頂けて嬉しいです。

作詞 野田昌宏、作曲 大野雄二って、贅沢な話ですよね。

このエピソードは原作にもあるようなので、がぜん原作を読みたくなりました。でも原作者だけでなく、アニメスタッフにもキャプテン・フューチャーへの愛を感じます。古い、ほとんど忘れられている作品だと思っていましたが、こうして生き続けているんだなぁと感動しました。僕にとって特別な作品であるだけに。
2010/09/05(日) 23:44 | URL | メルクマール #WstX4HDY[ 編集]
ちなみに「ワープ9で前進」のシーンは露骨にスタートレックでしたけどね。
コメット号のワープってどんなんだっけ??
2010/09/09(木) 20:47 | URL | #-[ 編集]
はじめまして。ワープ9はスタトレネタですね。
コメット号のワープは「振動ドライブ」だったかと。詳しくは思い出せませんけど。今回の話を見て懐かしくなり、amazonでサウンドトラックのCD買ってしまいました。
2010/09/10(金) 02:26 | URL | たかひろ #.x12vYto[ 編集]
「ワープ9」にはニヤリとしましたよね。キャーティアはいろいろ露骨にスター・トレックです。

コメット号は、原作ではワープはありません。太陽系内が主な舞台ですからね。でもアニメは銀河系が舞台にアレンジされているので、ワープがあった気がします。

それとは別に、”振動ドライブ”という超光速航行があり、あるエピソードのために開発されます。ワープではなく、普通に光速を超える技術だったと思います。
2010/09/10(金) 02:29 | URL | メルクマール #WstX4HDY[ 編集]
どうもはじめまして! 数分違いでした。おっしゃるとおり振動ドライブです。

アニメでは、十字型のアームみたいのが、光りながらぐるぐる回ってた気がします。

amazonでサントラ売ってるんですか!チェックしてみよう。

アニメのDVDは、残念ながら出ていないんですよね。フィルムが紛失したと聞いたことがあります。
2010/09/10(金) 02:33 | URL | メルクマール #WstX4HDY[ 編集]
コメントありがとうございます! コメント大歓迎ですが、このブログは原作ネタバレ無しの方針で運営していますので、ご協力をお願いします。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/1330-13544f57
この記事へのトラックバック
おいらは淋しいスペースマン♪ 同じ曲ばっかり流しすぎ(笑) でも感動エピソードぽい話でしたね~。 ▼ あそびにいくヨ! 第9話 「いだい...
2010/09/05(日) | SERA@らくblog
■第9話 いだいなるさいしょのあしとろいど? 今回は1000年前に造られたアシストロイドのプロトタイプが地球に来た話。 それはそれとし...
2010/09/05(日) | めもり~る~む
夜空を埋め尽くす満天の星空の下、それぞれが、それぞれの場所で、 同じ歌を聞いていた。 その歌は、とても穏やかだがどこか寂しげで、抱...
2010/09/05(日) | ひえんきゃく
フューチャー を フィーチャー しました
2010/09/05(日) | 物理的領域の因果的閉包性
渋い作劇だったけど、すごく良かった。
2010/09/05(日) | 妄想詩人の手記
うたいにきました。
2010/09/05(日) | マナヅルさん家
久々の良回 あそびにいくヨ! contact:1 〔初回版:原作イラスト・放電映像先生描き下ろしハーフBOX同梱仕様〕 [Blu-ray](2010/09/15)田村睦心戸松遥商品...
2010/09/05(日) | HISASHI'S ver1.34
これがわたしたちのご先祖様 第1号があそびにいくヨ! あそびにいくヨ! contact:1 〔初回版:原作イラスト・放電映像先生描き下ろしハーフBOX同梱...
2010/09/05(日) | 群青パレット
Happy Sunshine(2010/08/11)エリス(伊藤かな恵)商品詳細を見る 最初のアシストロイド・ラウリィはキューティアとそっくりな姿をしていました。人工知...
2010/09/05(日) | 破滅の闇日記
 あそびにいくヨ!  第09話 『けっとうしました』 感想  次のページへ
2010/09/05(日) | 荒野の出来事
キャーティアで作られたアシストロイドの1号機が地球へ------------!!今から千年前に作られたというアシストロイド。外宇宙対策の為に作られたと言うそのアシストロイドだったが、そ...
2010/09/05(日) | ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
「いだいなるさいしょのあしすとろいど?」 イチカ、から貰った曲を楽しむエリスたち。そんなエリスの元へ最初のアシストロイドがやってく...
2010/09/05(日) | 新・たこの感想文
歌はいいね。(以下略というわけで、「あそびにいくヨ!」9話名曲は時を越えての巻。未知なる文化の中にも心で感じ取れるものがある。それが歌。メロディから伝わってくる気持ち。そ...
2010/09/05(日) | アニメ徒然草
ただのマスコットではない!
2010/09/05(日) | もす!
あそびにいくヨ! 第9話「いだいなるさいしょのあしすとろいど?」 脚本:高山カツヒコ 絵コンテ・作画監督:川口理恵 演出:鈴木薫 演...
2010/09/05(日) | Welcome to our adolescence.
第一世代アシストロイド、ラウリィが登場。キャーティアとアシストロイドの関係、アシストロイドの世代間の問題、ようやく始まったきゃーティアと地球人との交流を別の視点でどう描くかなど、注目点は多いのだが、このゲストキャラの扱いがどうにも消化不良のまま1話費や
2010/09/05(日) | アニメレビューCrossChannel.jp
あそびにいくヨ!ですが、初期のアシストロイド・ラウリィが地球にやってきます。アシストロイドはもともと人間のようなアンドロイドでしたが、いろいろあってデフォルメした今の形になってようです。エリスは嘉和騎央に人間とアシストロイドの歴史について説明します。(...
2010/09/05(日) | 一言居士!スペードのAの放埓手記
【あらすじ】 最初のアシストロイド。 キャーティアにとっての初めての外宇宙への探索。 しかし、それは失敗に終わり、長い時間宇宙空間を...
2010/09/05(日) | シュミとニチジョウ
茅原実里さんの声と歌が聞けて良かったです。切ない役が似合いますね。
2010/09/05(日) | ひそかにささやかにアニメを応援している日記
今回は良いエピソードだったなぁ。今までで一番気に入った。
2010/09/05(日) | 所詮、すべては戯言なんだよ
切ない話だなー。 考えれば考えるほど 非常に奥深い内容のお話ですね。 情報量が多すぎて どこに焦点をあてれば良いのか迷います。 人生は旅の様だと良く言われますね。 ひとは一人で生きて一人で死んでいきます、 一人でいたい 自由でいたいという気持ちと 一人では…
2010/09/05(日) | サラリーマン オタク日記      
時間(とき)の速さ、命の脆さ 確かめるように、ほら一歩ずつ。
2010/09/05(日) | AQUA COMPANY
みのりん熱唱!回でした。 文章とイラストがメインのラノベよりも、アニメに向いているのが歌演出だと思いますし、声優としてだけでなく、歌手としても定評のある茅原実里さんを起用したこともあって、アニメファンの方には特に嬉しい内容になっていたかと。 オープニング...
2010/09/05(日) | gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)
「おいらは淋しいスペースマン」 人とロボットの問題は永遠のテーマですね。
2010/09/05(日) | からふるdays
あそびにいくヨ!の感想です。 歌は宇宙共通。
2010/09/05(日) | しろくろの日常
あそびにいくヨ! #9「いだいなるさいしょのあしすとろいど?」 ★★★★★
2010/09/05(日) | 徒然きーコラムヱボリューションターボタイプB
土曜出勤で疲れがMAX。 日曜休めても何もする気が起きない・・・。 とりあえず、散髪に行ってきました。 ・あそびにいくヨ! 第9話「いだいなるさいしょのあしすとろいど?」 ここ数話はイマイチな回だったので感想休止していました。 今回はOP&EDカットの特別仕...
2010/09/05(日) | 御鏡日記
喋る人型美少女ロボ→喋らない猫耳マスコット
2010/09/05(日) | 光速アニメ感想記
あそびにいくヨ! contact:1 〔初回版:原作イラスト・放電映像先生描き下ろしハーフBOX同梱仕様〕 [Blu-ray]クチコミを見る 夜空を埋め尽くす満天の星空の下、それぞれが、それぞれの場所で、同じ歌を聞いていた。その歌は、とても穏やかだがどこか寂しげで、抱える想いは...
2010/09/06(月) | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
   第9話「いだいなるさいしょのあしすとろいど?」エリスは、キャーティアでつくられた最初のアシストロイド・ラウリィが、地球にやってくると騎央に説明する。彼女は地球の居...
2010/09/06(月) | 日々“是”精進!
おいら~は寂しい~、スペースマーン♪ 何コレw? 【関連サイト】 http://www.asoiku.com/
2010/09/06(月) | Garnet Clover~ガーネット・クローバー~
第9話『いだいなるさいしょのあしすとろいど?』あそびにいくヨ! contact:1 〔初回版:原作イラスト・放電映像先生描き下ろしハーフBOX同梱仕様〕 [Blu-ray]今回は・・・なんかいつもとは違う雰囲気の話でした。
2010/09/06(月) | ニコパクブログ7号館
エリス以外のネコさんで目立っているのはチャイカですねw あそびにいくヨ! contact:1 〔初回版:原作イラスト・放電映像先生描き下ろしハーフBOX...
2010/09/06(月) | 新しい世界へ・・・
第9話「いだいなるさいしょのあしすとろいど?」アシストロイドの歴史。 あそびにいくヨ! contact:1 〔初回版:原作イラスト・放電映像先生描き下ろしハーフBOX同梱仕様〕 [Blu-ray]出版社/メーカー: ポニーキャニオンメディア: Blu-ray?
2010/09/07(火) | ウサウサ日記
果てない旅路
2010/09/07(火) | 穹翔ける星
 久しぶりに、SFロマンを感じました。  1stアシストロイド、ラウリィがやってくる。その報せに少し複雑な表情を浮かべるエリスちゃん。そんなエリスちゃんを含むキャーティア一行の中で、流行っている地球の歌がありました。アニメ「キャプテン・フューチャー」...
2010/09/07(火) | Specium Blog MkII
おっと・・・オサレOPだ・・・って事は歌はなし。 エリスの話によると、宇宙船の事故で800年以上もの間、救出されずにい 初代アシストロイドが、悲願であった地球を訪問したいと言うことで 地球にやってくるというのだ。エリスはその話相手を騎央にお願いする。 もちろ...
2010/09/07(火) | ゴマーズ GOMARZ
大門サー そう、最初のアシストロイドが来る話です
2010/09/08(水) | バカとヲタクと妄想獣
キャーティア史上最初のアシストロイドであるラウリィがち地球へとやってくるお話。おばあちゃんが帰ってくると里帰りを要請したアントニアのところにいるアシストロイドに、だだを捏ねるサラはすっかりダメな子です。初期のアシストロイドは人間と同じ姿をしていたようだ...
2010/09/08(水) | 無限回廊幻想記譚
終始浮かない顔のエリスでした。 アシストロイドの人権問題にかなり拘っていたようで、彼女の一族が何かこの問題に大きく関わっているような...
2010/09/09(木) | アウタックス
総評!まあ、考えさせられる部分はあったうーん、いまいち今回の主題をつかみ取れなかったんですが・・・技術の進歩と人間の精神論の関係性を描いてみたといったところなんでしょうか...
2010/09/09(木) | 生涯現役げーまーを目指す人。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。