QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「【ライトノベル】 僕は友達が少ない 第4巻 感想」 の個別エントリーです。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あいかわらず笑えるし、読んでいると元気になる作品。やっぱこの作者はすごいな。 MF文庫のライトノベル、僕は友達が少ない 第4巻の感想です。

この作品はパロディも多いのですが、4巻はパロディ少なめで、純粋にシチュエーションやノリで笑わせるネタが多いですね。イケメン・夜空とマリアとのからみはセルフパロディとも言えますが。あれはツボでした。

今回は特にマリアが目立っていて(カバー絵にもなったし)、マリアの天真爛漫さが全体の雰囲気を作っていると言えます。いいキャラだな。初登場のお姉さんもいい。

”答え合わせ”のエピソードが好きですね。テストの後の友達との”答え合わせ”って、本当に何気ない学校生活のヒトコマですが、それを膨らませてエピソードを作るのがうまいなと思えます。”答え合わせ”する問題も絶妙に面白い。

それにしても、隣人部の連中の”前向きさ”には感服します。こういう日常系のコメディって、ダラダラと過ごすみたいな話が多いわけですが、この作品もその一種だと思わせて、実はすごく前向きです。「リア充になりたい」という目標を持ち、それに向かって着実に、、、かは分からないけど、とにかく努力している。

本来、『リア充』という言葉には、ルサンチマンがあるんですよ。ルサンチマンとはニーチェの言葉で、簡単に言えば、自分より優れていたり、権力を持っていたりする人に、現実では対抗できないので、想像の上で貶めて、「自分のほうが上だ」と思い込むことで満足する、という心理です。 「女なんてみんなビッチだから、3次元女と関わらない俺は勝ち組」みたいな。

『リア充』という言葉は、軽蔑的に使われて、「所詮つまらない奴らだ」というルサンチマンがあるでしょう。 でもこの作品の登場人物たちは、「リア充は死ね!」とか言いつつも、リア充になりたいと渇望しているんですよね。「一緒に学校生活を楽しむ友達が欲しい」というささやかな願いですが。そのために努力している姿は、ある種清々しく、「がんばれ!」と応援したくなるし、俺もがんばらなきゃなと思います。それも、この作品の魅力でしょう。

そんなわけで、今回もとても面白く、満足しました。ラストのヒキも気になる! 次巻は、よりラブコメっぽくなるのかな?

僕は友達が少ない 4 (MF文庫 J ひ 2-22)
僕は友達が少ない 4 (MF文庫 J ひ 2-22) 平坂読 ブリキ

おすすめ平均
starsやっぱり面白い
stars安定した面白さ
stars安定した残念さw
stars僕は友達が少ない 4巻を読んで
starsみんな自然に楽しめるようになってきた

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ついでに、同日発売のコミカライズの第1巻も買ったので、軽く感想を。 文庫のブリキ氏のイラストに似たタッチで、違和感のない絵ですね。面白いアングルの構図もあり、うまい絵描きさんだなと思えます。

内容は、やはりダイジェストになっていて、省かれて惜しいところはありますね。”ときメモ”のエピソードでは、小鷹が一人でプレイする後日談が好きで、そこがこのエピソードのキモだと思えるのですが、すっぱりカットされていました。

でも、夜空と星奈がやりあうシーンなど、ドタバタコメディでの躍動感はさすがコミックスならではです。小説を補完するものとして、合わせて読むにはいいんじゃないでしょうか。続刊も買おうと思いました。

僕は友達が少ない 1 (MFコミックス) (MFコミックス アライブシリーズ)
僕は友達が少ない 1 (MFコミックス) (MFコミックス アライブシリーズ) 平坂 読 いたち

おすすめ平均
starsよく動く漫画
stars意外と

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

-----------------------

追記

アニメの『あそびにいくヨ!』を見ていたら、『僕は友達が少ない』のCMが入っていました。プッシュしてるなー。これはアニメ化くるな。ナレーションは伊藤かな恵さんだと思いますが、キャストだったりするのでしょうか?

ポチっとして頂けると励みになります!↓

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございます! コメント大歓迎ですが、このブログは原作ネタバレ無しの方針で運営していますので、ご協力をお願いします。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/1273-e7d9f8d0
この記事へのトラックバック
MF文庫Jのラノベ、『僕は友達が少ない』(平坂読先生原作、ブリキ先生イラスト)の4巻が発売中です。 表紙は定番のシスタースタイルでご登場のマリア。 『実妹』である小鳩がいるのに『妹的ポジション』の美幼女に兄として慕われる小鷹には嫉妬せざるを得ないわけですが...
2010/07/24(土) | gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)
あらすじ 夏休み明けに衝撃的な出来事があったものの、 羽瀬川小鷹は相変わらず友達のいない学校生活を送っていた。 一方隣人部では、夜...
2010/07/31(土) | 黙々読書
衰えることのない面白さ! ※以下、ネタバレしています。読まれる方はご注意ください。 僕は友達が少ない 4 (MF文庫J)(2010/07/21)平坂 読商品詳細を見る
2011/07/28(木) | 新しい世界へ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。