QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「【ライトノベル】 『僕は友達が少ない』 感想」 の個別エントリーです。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライトノベルの『僕は友達が少ない』(文・平坂読 イラスト・ブリキ)シリーズの感想です。ネタバレは無しで。

僕はSFやファンタジー小説が好きですが、ラノベはあまり読みません。アニメを見て興味を持ち、原作のラノベを手に取っても、ガッカリすることが多いんですね。主に文章がしっくり来なくて。

haganai3.jpg”とある魔術の禁書目録”がその最たるものですが、最近では”生徒会の一存”や”バカとテストと召還獣”などの原作を手に取り、パラパラと眺めては、やはり合いそうにないと、そっと棚に戻すということを繰り返していました。

そんな僕が読んでいる数少ないラノベが『IS(インフィニットストラトス)』であり、それについては以前に書きました。で、先日その最新刊を買ったのですが、その隣に大量に積まれていて興味を持ったのが、同じMF文庫のこの作品です。パラパラと眺め、珍しく文章に違和感が無く、しかも面白そうかも、とピンときて1巻を買い、次の日に既刊の3巻まで買いました。

いわゆる”日常系”のコメディであり、主人公とヒロインたちが、放課後に集まってダラダラと過ごす様を描くという、”生徒会の一存”あたりに近い作風です。”涼宮ハルヒ”シリーズを彷彿させるところもありますね。SF的な要素は無いですが(無くもないか)、主人公の小鷹の役どころはキョンに近いでしょう。常識人でありツッコミ役という。

問題はヒロインたちで、表面的には、いわゆる萌えキャラです。ツンデレだったり、男の娘だったり、ロリだったり、天才少女だったり。でも中身はというと、かなり性格や言動に問題のある、とても「残念」なキャラなのでした。そんな「残念」なヒロインとの、なにかと「残念」な日常を描く作品です。

でも、その「残念さ」が楽しくて。まずギャグのキレがよい。ヒロインが突飛な行動をして、それに主人公がツッコミを入れるパターンが多いのですが、ヒロインのハジケっぷりと、主人公のツッコミのコンビネーションが素晴らしいものがありますね。笑わせる文章力があります。

パロディネタも多いですが、僕でもわかるメジャーなネタから取っているので、置いてきぼり感は無いですね。”ときメモ”や”ロマンシング佐賀”のようなゲームネタには特に笑いました。パロディのセンスがいいと思えます。

基本はコメディですが、シリアスというかしんみりした要素もあります。登場人物たちは、自分たちが「残念」な存在であることを自覚しており、いつかそれを克服して「リア充」になりたいと奮闘します、その姿には、多くの人が共感できるのではないでしょうか。いわゆる「リア充」な高校生活を送った人が、どれだけいるかという話ですよ。よくあるラノベやアニメのような「リア充」な生活なんて、都市伝説ではないかと。

そう、この作品は、世のリア充作品へのアンチテーゼだと言えます。いわゆる”萌え”を狙った作品って、テンプレ的なキャラを出さざるをえず、さらにハーレム設定にして、ヒロインとは子供の頃からの約束があって、みたいなベタな内容になりがちじゃないですか。そうしないと、なかなか受けないから。

この作品は、そのあたりのベタなパターンをがっちり押さえつつも、ヒロインが「残念」なキャラであるという要素によって、テンプレ設定自体をパロディにしてしまっています。うまいところを突いていると思いますね。

一応付け加えておくと、ヒロインが「残念」というのは主人公視点でのことで、読者から見れば、これはこれで愛すべき、萌えられるキャラたちです。「このままでは、まともな社会生活ができんだろう」というレベルの残念ポイントもありますが、そこは主人公の影響で更正していくことが期待されます。また、主人公自身も、ヒロインたちの影響で変わっていけるのでしょう。

こういう作品があるなら、ラノベもいいものだなと思うのでした。文章がしっかりしていて、気軽に読んで笑えて、登場人物たちの今後がとても気になる、質のいいエンタテイメントです。実際人気があるようなので、末永く続いて、ゆくゆくはアニメ化されたらいいなと思いますね。ただし、なにしろヒロインたちの言動がハチャメチャなので、そのままでは放送できないシーンが多々ありそうだし、声優さんが大変そうだと思いますが!

僕は友達が少ない (MF文庫J)
僕は友達が少ない (MF文庫J) ブリキ

おすすめ平均
stars他のラノベより群を抜いて面白いですね
starsS.M.
starsハイテンションノベル
starsおもしろいけれど残念。残念だけど、おもしろい。
starsカタルシス

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ポチッとして頂けると励みになります!↓

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント
この記事へのコメント
この作品は自分も大好きで、ここに書かれてある説明文を読んでかなり共感できるものがあるように感じました!
はがないの感想と言っても記事の中に自分が言いたかったようなことがまるまる書いてあるようなので、他に言うことはないのですがw
この作品を読んでない方には是非是非オススメしたいものですね。
2010/04/15(木) 02:18 | URL | 通りすがりの黒い缶詰 #k0O.Mjy2[ 編集]
共感して頂けたということで嬉しいです。”はがない”の良さが、読んだことが無い方にも伝わるといいのですが。

良い作品だと思うので、多くの方に読んで頂きたいですね。そして大いに売れて、アニメ化されるといいなと。実際、かなり売れているようなので、この勢いを維持すればアニメ化も現実的かもしれません。
2010/04/16(金) 03:43 | URL | メルクマール #WstX4HDY[ 編集]
コメントありがとうございます! コメント大歓迎ですが、このブログは原作ネタバレ無しの方針で運営していますので、ご協力をお願いします。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/1130-275e4d49
この記事へのトラックバック
MF文庫Jのラノベ、『僕は友達が少ない』(平坂読先生原作、ブリキ先生イラスト)が発売中です。 表紙はヒロインの夜空と主人公の小鷹。 良い感じに上から目線の夜空と、それに振り回される小鷹の構図が象徴的に描かれていてニヤニヤです。 (^~^) お話的には、美少...
2010/03/30(火) | gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)
MF文庫Jのラノベ、『僕は友達が少ない』(平坂読先生原作、ブリキ先生イラスト)の2巻が発売中です。 今回の表紙は星奈のターン! 劇中では夜空に延々と“肉”呼ばわりされ続けている彼女ですが、スタイル良し、顔良し、更には金髪碧眼と、容姿的にはパーフェクト!と...
2010/03/30(火) | gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)
MF文庫Jのラノベ、『僕は友達が少ない』(平坂読先生原作、ブリキ先生イラスト)の3巻が発売中です。 シリーズの販売部数が20万部を突破&月刊コミックアライブでのコミック化も決定と、人気と知名度共に勢いづいている感のある本シリーズなのでご存じの方も多いのでは...
2010/03/30(火) | gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)
夜空と星奈、二人の変化・・・ ※以下、ネタバレしています。読まれる方は注意して下さい。 僕は友達が少ない〈3〉 (MF文庫J)(2010/03/24)平坂 読商品詳細を見る
2011/07/15(金) | 新しい世界へ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。