QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「機動戦士ガンダムUC 第1話 『ユニコーンの日』 感想 (ネタバレ有り版)」 の個別エントリーです。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムUC 第1話 『ユニコーンの日』 の感想です。この記事は、すでに観た方のための”ネタバレ有り版”です。 原作小説は未読なので、原作ネタバレはありません。 別に”ネタバレ無し版”も書いており、この記事はそれを補足するものでもあるので、ネタバレ無し版も読んで頂けると嬉しいです。ネタバレ無し版は→こちら。

”ネタバレ無し版”の感想で、この作品は「間違いなくガンダム」だと書いたのですが、一方で僕は、宮崎アニメっぽいとも感じました。主にヒロインの造形について。

富野ガンダムのヒロインは、我が強くて、自分の欲求のために行動する傾向が強いですよね。Zのサラやフォウ、逆シャアのクエスなど。一方で、今作のヒロインと思われる”オードリー”(たぶん仮名)は、芯は強くて、いざというときの行動力はあるものの、根は平和を愛する温厚な人物に見えます。宮崎アニメのヒロインは、たいていこのタイプですね。共感を呼びやすいと思うし、個人的にも好きなタイプです。

”退学にする”と脅されたバナージを守るために、「必要ない」とキツイ言葉で拒否するシーンがありますが、あれはムスカから守るために、パズーを追い返すシータを彷彿とさせます。

バナージは、パズーですね。”空から落ちてきた女の子”に運命を感じて、この子を何がなんでも守る、と心に決めてしまった。そういうことは、あっていいと思うんですよ。女の子にシンデレラ・コンプレックスがあるように、男の子にもナイト・コンプレックスがあり、命がけで守りたくなるような女の子が、ふいに現れないかなと思っているものです。 だからバナージの行動は、かなり無茶ではあるものの、納得できるものでした。

言いたいことは、”ガンダム”と”宮崎アニメ”の融合は最強じゃね?という。 生粋のガンダムファンの方には怒られるかもしれませんが、僕はそう感じて、この作品には非常に期待しています。

バナージとオードリーが街を歩くシーンが、この作品の数少ない”普通の日常っぽいシーン”ですが、だからこそ引き立っていました。オードリーの初々しい様子がいいですね。映画館の看板に、「ローマの休日」っぽいものがあり、”オードリー”の偽名はそこから思いついたものでしょう。 王女様が平民の新聞記者と、身分を隠して一日を過ごす物語ですが、その王女に自分を重ねています。たぶん、こういう日常を過ごした経験が無いのでしょう。 彼女が、普通の女の子の部分を出すシーンが、今後も見たいと思いますね。もう一人のヒロインである、ミコットとの交流とかいいな。

若い二人もいいですが、オッサンたちがいい味出していたなと。ガンダムでは、愚かな軍人や高官がよく登場しますが、この作品では、みんな有能なプロフェッショナルで、ナイフのエッジを渡るような会話が緊張感がありました。特にスベロア船長が渋くていいし、カーディアスの散り際の、抑えた芝居も良かった。

忘れてはいけないのは、歴史の先生ですよ。生徒からはバカにされていましたが、自分の命を顧みずに、生徒を助ける姿に泣けました。またそれが、戦争の悲惨さを浮き彫りにしています。

ストーリーはまだ発端ですが、ユニコーンガンダムが”箱の鍵”ということでいいんですよね。強大な力を持つという”ラプラスの箱”をめぐる争いに、バナージは巻き込まれたらしい。

”ラプラス”というのは、”ラプラスの悪魔”から来ていると思えます。フランスの数学者であるラプラスの提唱した概念で、要は、「この世界の全ての原子の位置と運動量を知ることができれば、未来を完全に予測できるはず」という考え方です。

実際には、おそらくそうは行きません。量子力学の不確定性原理により、量子の位置と運動を同時に知ることはできないから。ラプラスが生きていたころには、無かった理論なので仕方ありませんが。

でも宇宙世紀には、量子力学や相対性理論を包含した超理論とされる”ミノフスキー物理学”があります。その理論では、”ラプラスの悪魔”が可能なのかもしれません。 それはさておき、”ラプラスの箱”が、何らかの方法で未来を知ることができるもの、である可能性はありそうです。

ユニコーンガンダムは、登場時にはやや地味だと思ったのですが、あれは本気モードでは無かったようで、ラストに”真の姿”を表しました。赤く輝くところは”ガンダム00”のトランザムっぽいですが、こちらはルーバーなどが開き、そこが明るく輝いていて、よりドラマチックです。”いきなり秘密兵器”という展開には少し驚きましたが、否応なしに期待させられますね。

そんなわけで、”良かったポイント”をダラダラ書いてしまいました。まだありますが、このあたりにしておきます。とにかく、久しぶりに素晴らしいロボットアニメを見た気分で興奮しているのでした。

ポチっとして頂けると励みになります!↓

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント
この記事へのコメント
自分も原作未読です。
何度も見て理解できたのですが、オードリーに逢ってからバナージは自らのルーツ(ビスト財団の屋敷)に行き着くんですね。自分が何者か?と悩んでいた少年の欠けていたピースが彼女と出会ってすぐに埋まっていった(ように見える)。そりゃ彼女に運命を感じないわけがない。これなら命を賭ける価値はあります。

さすがに一目惚れしたというだけでは動機としては弱いですから。
2010/02/25(木) 16:15 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
そうですね。ビスト財団での出来事は、バナージのオードリーへの想いを強化することになったでしょう。ガンダムに乗り込んで戦う覚悟を決めたのは、それが大きかったかも。

でも、それより前でも、オードリーのために追っ手と大立ち回りをしていました。きっと発端は「一目惚れ」なのだと思います。
2010/02/28(日) 01:02 | URL | メルクマール #wi/qt2KY[ 編集]
こんにちはー、ご無沙汰しています。

原作未読なんですけど、読まないで正解だったかも…と
思いました。
ちょろっとだけラスト付近、読んだんですけど、やはり
最後まで原作に手を出さず、アニメ続編を待つつもりです。

あの歴史の先生には、色々な方が触れていらしたので、やはり
共感出来るシーンだったんですよね。
ああいう細かい描写こそ、戦争を描く上での
大切なカットだと感じました。

実は父親が作っていたガンダム、幼馴染みの少女、
憧れは亡国の王女、そして強化人間の女性…と
まさに私のツボつきまくりなガンダムなので、
次は赤い彼を待とうと思います♪
2010/03/05(金) 15:20 | URL | 空想野郎 #OGPSQbQg[ 編集]
そう、この作品はまさに「ガンダム」で、ガンダムファンのツボをつきまくりですよね!本当に、「これが見たかったんだよ!」という感じです。

空想野郎さんのブログに「いかにも安彦キャラというオヤジたち」と書かれていて、なるほどそうだなと。僕は安彦さんが原作・監督・キャラデザをされている『巨神ゴーグ』が好きなのですが、あれに袖付きのキャプテンによく似たキャラが登場していて、だから懐かしい感じがしたのか、と納得しました。
2010/03/06(土) 22:18 | URL | メルクマール #WstX4HDY[ 編集]
最近観たガンダムUCの感想を探して初めて訪問させてもらい、こちらの記事をとても興味深く拝読させて頂きました。

ガンダムと宮崎アニメとの融合とは言いえて妙ですね。バナージとオードリーの関係は正に宮崎アニメ的です。

それに加えて、UC原作の福井晴敏さんの作風のひとつである“大人同士の知略”も魅力的に描かれてますし、それこそが今どきの“ガンダム”に足らず、自分の求めていたガンダムらしさの1つだったのでとても満足してます。

自分も原作は軽い人物設定を知ってるくらいなので、原作小説はアニメを追って読んでいこうかと思います。
2010/10/15(金) 23:52 | URL | horoy #-[ 編集]
はじめまして。わざわざコメント残して頂いて嬉しいです。

福井晴敏さんの小説は『亡国のイージス』を買っているのですが積んだままで、読まねばと思っています。“大人同士の知略”はいいですよね。富野ガンダムの会話は、よりエモーショナルですが、会話の緊張感は共通するものでしょう。

いよいよ、エピソード2が10月30日に公開ですね! いまから盛り上がっています。もちろん感想書きますのでよろしくお願いします。
2010/10/16(土) 13:19 | URL | メルクマール #WstX4HDY[ 編集]
コメントありがとうございます! コメント大歓迎ですが、このブログは原作ネタバレ無しの方針で運営していますので、ご協力をお願いします。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/1092-e7c15eed
この記事へのトラックバック
機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)第1話ユニコーンの日「私のたったひとつの望み」これぞガンダム!!それが第一印象!!「アムロの遺産」を「ラプラスの箱」に置き換えれば、あの「GUNDAMBIGEXPO」で観た富野由悠季監督の「リング・オブ・ガンダム」は、この作品の原形だと...
2010/02/21(日) | 帰ってきた二次元に愛をこめて☆
PlayStation®Storeで本日から配信開始。原作は読んでいないのでストーリーはわかりませんが、視聴できる環境ではあるし注目のガンダム最新作ですからね。とりあえず1話でもと、そんな気楽な気持ちで視聴したんですが、これが期待していたより全然面白くて、元は取れた...
2010/02/21(日) | よう来なさった!
ここ最近、学園都市では原因不明の地震が頻発していた。地震発生時には必ず観測されるはずのP波もS波も出ないこの謎の現象を巷ではポルターガ...
2010/02/21(日) | 新さくら日記
観てきました~~。 いや~~、なかなか良い出来になっていたのではないかと。 何せ久々にガンダムを観た感じがしましたからね。 ああいうのをガンダムって言うんだよなぁ。 最近のは「名前だけガンダム」ばかりですからのぉ。 あ、「名前だけガンダム」っての...
2010/02/21(日) | シバッチの世間話
機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 第1話 ユニコーンの日 アフィリエイト
2010/02/21(日) | 動画共有アニメニュース
■機動戦士ガンダムユニコーン Gundam Unicorn(UC)「冒頭7分間特別映像」はコチラ
2010/02/21(日) | ガンダムユニコーン動画集
冒頭からいきなり始まる遭遇戦。特務装備のジェガンとファンネルを自在に操るジオン系
2010/02/21(日) | くまっこの部屋
ブルーレイやDVDの発売に先駆け、本日からPlayStation Storeで先行配信が始まったアニメ版「機動戦士ガンダムUC」。ブルーレイをすでに予約済みですが、ダウンロードしてみましたypSD画質とHD画質の二種類を配信…それぞれ700円と1000円。期限付きレンタル方...
2010/02/21(日) | ExoticBlog
ついに! 2月20日より、全国5カ所でスタートしたOVA『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』エピソード1のプレミアレビュー開始。 公式サイト (C)創通・サンライズ 一日10分で駆け抜ける宇宙世紀 ■『機動戦士ガンダムUC』プレミアレビュー 【公開期間】2...
2010/02/22(月) | 今日の一言          -セレクトショップ-
往年のガンダムファン歓喜!! 機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 1 [Blu-ray](2010/03/12)内山昂輝藤村 歩商品詳細を見る 「PlayStation Store」で配信され...
2010/02/22(月) | リリカル☆スアラ
 機動戦士ガンダムUC  第01話 ユニコーンの日 感想  次のページへ
2010/02/22(月) | 荒野の出来事
行ってきました新宿ピカデリー~~~!! ま~~~初日に行ったのですが二日も後の感想に成ってしまいました! いや~~良かった~~~宇宙世紀好きの大人のガンダムです 特に三十代以上の人には嬉しいことこの上ないでしょ~~ 内容の方は、完全ネタバレになって
2010/02/22(月) | 「ミギーの右手」のアニメと映画
3月12日のDVD発売日まで待ちきれなくて、なんばパークスシネマへ 行ってきました。 21:10のレイトショーながら、スクリーンはほぼ満席だったものの、 プレミアスクリーンなのでゆったりと快適に観賞できました。
2010/02/28(日) | だらだら無気力ブログ
行って来ました~さいたま新都心!! 今回のガンダムは、富野監督の正当な跡継ぎとして物語を受け継いだ、 福井晴敏原作なんだが多分こんなにも震撼したのは、 古橋監督や脚本家むとうやすゆき←戦国BASARA脚本担当 の力が大きかったんじゃないかな… とにっ...
2010/03/05(金) | 空想野郎の孤独語り
自分が知っているもっとも好きなガンダムが、、、、これは買わないと失礼なくらいのクオリティの高さ序盤のファンネルを久しぶりに見た衝撃といい古臭く見えるけどZガンダム大好きだった頃をしっかり思い出すようなキャラデザ。ザビ家の生き残りのアノ人がヒロインとして出
2010/03/07(日) | TAHITI80の○○○○ってレベルじゃねーぞ(^0^o)人(^-^o)/
U.C.0001-。 宇宙移民の開始が宣言され、新たな時代が始まろうとしていた。 そんな折、改暦セレモニーが行われていた地球連邦政府...
2010/03/10(水) | ひえんきゃく
「素晴らしい出来」という、感想しか出て来ない。 これが「本来のガンダム」。 そう、言い切って間違いないと思います。 主人公の性格...
2010/03/10(水) | NEW☆FRONTIER
機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 1 [DVD](2010/03/12)内山昂輝藤村 歩商品詳細を見る 機動戦士ガンダムUC 第1話簡易感想です。 可能性の獣
2010/03/13(土) | 紅蓮の煌き
『可能性の獣』目覚める。 これが始まりにして新しいガンダム 機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 1 [Blu-ray](2010/03/12)内山昂輝藤村 歩商品詳細...
2010/03/13(土) | せーにんの冒険記
福井春敏原作ガンダム小説の映像化。 個人的な想いから言わせて頂くと、映像化してほしかったので嬉しい。 クオリティはどんだけ金と時間...
2010/03/14(日) | 失われた何か
小説完結から2年と発たずに映像化されたガンダムUC、 第1話は映画館やPS3で先行配信されていました。 今回調子に乗りすぎて画像が80枚(普段...
2010/03/21(日) | オタクな車椅子生活者の日々
ユニコーンは一角獣。そは希望の象徴。                                 (原作未読です)
2010/03/22(月) | 綺羅のキラッ★
本当は先々週に、遊びに来た友達と一緒に観ていたんですが 諸事情で書けなかった感想を書きましょう。何の感想かって、それはもちろん OVA『機動戦士ガンダムUC』第一話「ユニコーンの日」 の、ですよ!   [[attached(0,class=popup_img_1920_1200 widt...
2010/10/15(金) | 困っている人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。