QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 『蝉時雨・精霊流シ』 感想」 の個別エントリーです。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリシアの回想の歩行戦車と、 幽霊兵士?の回想のそれはかなり違っていて、そこから歴史を読み取ることができるかもしれません。ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 『蝉時雨・精霊流シ』 の感想です。

フィリシアの回想の歩行戦車は、計器などがアナログで、照準機も原始的なものだったので、タケミカヅチとは明らかに世代が違います。

一方で、幽霊兵士の回想に出てきた戦車は、たぶんタケミカヅチと同型なのでしょう。スタッフブログにタケミカヅチの設定画があり、よく似ています。

ということは、あの戦車たちは味方で、何かと戦っていたということなのかな。「何か」の正体はわかりませんが。

『ニュートンズ・ウェイク』というSFを思い出しました。この作品は、人間が絶滅に瀕した、その後の世界から始まります。アメリカの軍事AIが急速に自己進化して、人間を襲いはじめ、それとの戦いに人類は一旦敗れてしまう。でもその後、AIは人類に興味が無くなったのか、どこかに行ってしまい、生き残った人類は、残された資源やテクノロジーをめぐって、いくつかの陣営に分かれて戦っている、という世界観でした。

ソ・ラ・ノ・ヲ・トの世界も、それに近いのかなと。”旧世代”で、何かとの戦いがあり、それにより世界がボロボロになってしまった。その後、生き残った人々が、残された資源を取り合って戦っているのが、フィリシアの経験した戦争ではないでしょうか。

あの回想に登場するトランペット吹きは、皇女だったのか。身分の高い人が一兵卒として戦うのは、特に珍しいことではありません。フォークランド紛争では、イギリスのアンドルー王子は最前線でヘリのパイロットをしていました。ヨーロッパでは、戦争になったら最前線で戦うことが”高貴なものの義務”とされているからですね。

リオは皇女を個人的にも知っているようで、彼女も高貴な身分なのかな、という気がします。「あの方」ではなく「あの人」と呼んでいるので。そして皇女はもう亡くなっているらしい。リオの過去は、今後語られるのでしょう。

1121小隊は全員女性ですが、回想シーンでも戦車兵は全員女性でした。たまたまなのか? 旧ソ連では、T50あたりの戦車は砲塔をコンパクトに作りすぎたため、小柄な人しか乗れなくなり、戦車兵は中央アジア出身者ばかりだったという話があります。小柄だから女性を戦車兵に選ぶ、という理由はありえるかもしれません。

これまでは、のんびりした日常を描きつつ、背後の過酷な世界観を垣間見せる構成でした。今回は逆で、過酷な現実の中に、ほっとする日常もある、という描き方です。今後はこうなるのかな。だとすると、それは正統派の戦争物だと言えます。

ポチッとして頂けると励みになります!↓

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント
この記事へのコメント
>「何か」の正体はわかりませんが。
 ビルのガラスに羽ばたく翼が映っていましたので、1話に出てきた伝説の羽根の生えた悪魔=水の中でカナタが見た”鳥の人の骨” が実在して旧世界を滅ぼした、のではないでしょうか?
 それが宇宙から来た者か、人類の作り出した者かはわかりませんが。

>彼女も高貴な身分なのかな
 リオが「母様、姉さま」とつぶやいた事、リオの鈴と皇女の鈴、司教の「あのかたは」、などから可能性として、リオと皇女は姉妹なのでは?

2010/02/16(火) 16:43 | URL | あるふ #-[ 編集]
よく見ると、窓になにか映っていますね。綺羅さんのブログでも指摘されていました。あれが敵だという可能性は高いのでしょう。

だとしたら、この敵が今どうしているのかは、気になるところです。退治したのか、一時的に退却したのか、『ニュートンズ・ウェイク』のように人類に興味を失ったのか。

リオと皇女は、親族ではあるのでしょうね。でも姉妹だとすると、リオも皇女ということになりますから、さすがにもっと有名な気がします。傍流の親戚、というのがありそうなセンではないでしょうか。
2010/02/16(火) 19:46 | URL | メルクマール #WstX4HDY[ 編集]
こんにちは。
以前、3話の感想で『アメイジング・グレイス』について触れていましたね。
作詞はジョン・ニュートン。そして『ニュートンズ・ウェイク』・・・さて、偶然でしょうか、それとも。

『アメイジング・グレイス』で思いついたのですが、世界を滅ぼした悪魔と思しきモノはタケミカヅチに似た歩行戦車の集中砲火を受けても、一瞬で全てを破壊してしまいました。
地球外生命体なのか、それとも巨神兵のようなものなのか、それとも異次元(魔界とか地獄とか??)からきた『本物の悪魔』だったのか。
その凄まじい力には武力では対抗できず、唯一の弱点が『アメイジング・グレイス』だったのでは・・・と。
ヤックデカルチャー!(違
悪魔は賛美歌を聴いて弱り、首を斬り落とされたけれど頭だけはなかなか死なず、5人の少女たちが代わる代わる悪魔の頭を持ち、聖水をかけられながら『アメイジング・グレイス』を歌って、ついに悪魔は息の根を止めたのでは。

悪魔だから賛美歌に弱い。そうに違いない!!

兵士の回想に出てきたタケミカヅチのような歩行戦車は、まるで蜘蛛のようでしたね。
一台は間違いなくビルの壁にはり付いていました。あの大きさの兵器が、ビルの壁や屋上などを足場に出来るということは、見た目によらずとても軽いのかな・・・。

ああ、また長々と書いてしまいました。
駄文長文失礼しました。
2010/02/16(火) 20:02 | URL | 真言 #-[ 編集]
ニュートンつながりには気づきませんでした。天才現る! いや、さすがに関係ないと思いますがw

ヤック・デカルチャーは、ありそうだから困りますね。伝説では「5人の乙女」が「羽の生えた悪魔」からセーズを守ったと。タケミカヅチ同型機があれだけいてもダメだったのに、なぜ砦の乙女が撃退できたのかが問題です。

歩行戦車は、確かに見た目よりも軽そうですね。重装甲というよりは機動性重視っぽい。増加装甲のようなものが見えるので、空輸用の軽装パッケージもあるんだろうな、とか想像しています。
2010/02/16(火) 20:55 | URL | メルクマール #WstX4HDY[ 編集]
コメントありがとうございます! コメント大歓迎ですが、このブログは原作ネタバレ無しの方針で運営していますので、ご協力をお願いします。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/1082-aedbd159
この記事へのトラックバック
   い、いきなりシリアス展開 砲弾どっかんどっかん これは遂にそういう話になっていくのかと思ったらフィリシアさんの過去のお話。 現実は"フィーエスタ・デュ・ルミエール"という所謂、灯篭流しみたいなものがあってお盆の時期だそうな。 元気のないフ...
2010/02/16(火) | さや☆ねオフィシャルブログ
今回は、フィリシアの過去と現在の想いを通してこの作品のテーマをあらためて示したのかな、と管理人は思った、そんなお話。
2010/02/16(火) | Little Colors
ラッパを吹いて伝令中、突如機兵からの熱光線が! 弾が雨のように飛び交っていたので、このシーンは、吹奏者の頭が打ち抜かれ、側にいたフィリシアに血がべったりと。そんな展開を期待していたんですが、邪魔が入ってしまいましたw
2010/02/16(火) | よう来なさった!
フィリシアにあんな過去があったとは・・・ てか、冒頭からショッキングなシーンの連続です(^^; ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 1【完全生産限定版...
2010/02/16(火) | 新しい世界へ・・・
フィリシア戦場経験者だったのか これまでがほのぼの展開だっただけに強烈なインパクトだったフィリシアの過去。 仲間が全員戦死とはヘビーだなあ… しっかり過去の戦争も描いてきてたのには好感。 乗っていた戦車はタケミカヅチでいいのかな。 話が一枚の織物を...
2010/02/16(火) | のらりんクロッキー
これを待ってた!俺のターン!! ソ・ラ・ノ・ヲ・ト第7話の感想を綴ります。 蝉のこえ、雷鳴の轟き、風鈴の音。 蝉のこえは、戦...
2010/02/16(火) | 伽藍
 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト  第07話 『蝉時雨・精霊流シ』 感想  次のページへ
2010/02/16(火) | 荒野の出来事
フィリシアの過去。
2010/02/16(火) | マナヅルさん家
ただ一人生き残っても、滅び行く世界に生きる意味はあるのかい?見つけたい、その意味を。「蝉時雨・精霊流シ」あらすじは公式からです。蝉の声が響く夏のある日。どこか元気のないフィリシアを、カナタたちは心配そうに見ていました。フィリシアの脳裏に浮かぶのは、かつ...
2010/02/16(火) | おぼろ二次元日記
予告の台本はふざけていたけどフィリシアさんのつらい過去話になりそうな アニメ「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」の第7話。 次回、2月22日は30分遅れ...
2010/02/16(火) | ゆる本 blog
戦場の記憶…フィリシアもハードな体験を持っているんですね。 セーズでは灯籠を流し死者の魂を慰める“フィーエスタ・デュ・ルミエール”が...
2010/02/16(火) | SERA@らくblog 3.0
世界に生きる意味。
2010/02/16(火) | ミナモノカガミ
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」 蝉の声が響く夏のある日。 どこか元気のないフィリシアを、カナタたちは心配そうに見てい...
2010/02/16(火) | Welcome to our adolescence.
戦争来るか……
2010/02/16(火) | もす!
「もうみんな…なんて可愛いの」 大切な仲間を失い、世界の終わりを肌で感じながらも、それでもフィリシアは絶望に打ち拉がれる事無く「...
2010/02/16(火) | 満天の星空の下で
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト オリジナル・サウンドトラック(2010/03/24)TVサントラ商品詳細を見る この世界に意味なんかないのよ。 「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト...
2010/02/16(火) | 渡り鳥ロディ
まさか、この先に鬱な展開とかも有得るのか (話が重いのでトップ絵は明るくしておきます)
2010/02/16(火) | 紅の終幕劇
ここにいる意味―
2010/02/16(火) | wendyの旅路
どんな時でも、笑顔で・・・、 でも、あなたを大切に想っている人には、伝わっています・・・、 その内に秘めている哀しい気持ちは・・・、
2010/02/16(火) | アニメ好きのケロポ
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト1 【初回生産限定】第七話「蝉時雨・精霊流シ」蝉の声が響く夏のある日。どこか元気のないフィリシアを、カナタたちは心配そうに見ていた。フィリシアの脳裏に浮かぶのは、かつての戦場での光景。戦火の中、生き残り、瓦礫の山と化した街をさまようフ...
2010/02/16(火) | 日々“是”精進!
フィリシアの凄まじい過去。 優しい笑顔に秘められた哀しみと覚悟。
2010/02/16(火) | 在宅アニメ評論家
今回はフィリシアさん回。 そしてついに来てしまったシリアス回。 あのアメイジンググレイスの奏者は、髪の色とかから勝手に判断してフィ...
2010/02/16(火) | アニメは日本の文化遺産
ソ・ラ・ノ・オ・ト 第7話  「蝉時雨・精霊流シ」 蝉の声が響く夏のある日。どこか元気のないフィリシアを、カナタたちは心配そうに見て...
2010/02/16(火) | 動画共有アニメニュース
苦悩 7話にして始めて明確に戦争が描写されるさらにお盆て今回やけに鬱々としていて暗いいやいままでが明るすぎたんだけどいつカナタが今回のフィリシアさんの立場になってもおかしくないし あるいはすでに 急な戦争描写は死を連想せざるを得ないし今回皮切りにシリアス入っ
2010/02/16(火) | 主にライトノベルを読むよ^0^/
今回はフィリシア回。 彼女の笑顔の奥には、悲しい過去がありました。 ネタバレありです。
2010/02/16(火) | 99UPキノコ
<こんな世界で生き延びることに、意味はあるのか?
2010/02/16(火) | 地図曹長道中記
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 2【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る 蝉の声が響く夏のある日。 どこか元気のないフィリシアを、カナタたちは心配そうに見ていました。 フィリシアの脳裏に浮かぶのは、かつての戦場での光景。 戦火のなか生き残り、瓦礫の山と化した街をさ...
2010/02/16(火) | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
「蝉時雨・精霊流シ」 蝉時雨の中、ふと、新兵時代、戦場での出来事を思い出すフィリシア。そして、そんな中、カナタはお盆の準備をして…...
2010/02/16(火) | 新・たこの感想文
いきなり超展開崩れゆく町や倒れている人を見る限り昔の戦争の場面っぽい今までのほのぼのな流れとは打って変わってシリアスですねお盆にすごい設定が付加されていましたねwでもナスに爪楊枝ってやった事ないなぁ今回はフィリシアについて大きく掘り下げられました昔のフ...
2010/02/16(火) | サブカルなんて言わせない!
夏のある日、フィーエスタ・デュ・ルミエールという 灯篭流しが行われる。死者の魂を祭るための準備が行われる中、 フィリシア隊長は過去...
2010/02/16(火) | 光速アニメ感想記
物凄いハイテクな兵器群なのに連絡時はラッパって、、、命がけで味方を鼓舞したかったのか??どうみてもマトにしか見えないよこの時点で世界は終わっていたのかも、、、久しぶりに観たらシリアスな回でした。フィリシアさんは実戦経験があり、それも小隊がほぼ全滅した中で
2010/02/16(火) | 『二次元が好きってレベルじゃねーぞ!』(^0^o)人(^-^o)/
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 2【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/04/21)金元寿子小林ゆう商品詳細を見る いつもの牧歌的な雰囲気とは一転して、シリアスな惨...
2010/02/16(火) | 破滅の闇日記
[関連リンク]http://www.sorawoto.com/第07話 蝉時雨・精霊流シいきなりシリアスなシーンからどうやらフィリシアの過去ぽいですがどうやら昔はタケミカヅチが動いていて戦闘を行っていたよ...
2010/02/16(火) | まぐ風呂
単体で見れば良いエピソードだったんですが・・・
2010/02/16(火) | nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ!
【キャスト】  ・カナタ   金元寿子     ・セイヤ   平田真菜  ・リオ    小林ゆう     ・ユミナ   福圓美里  ...
2010/02/16(火) | aniパンダの部屋
フィリシアは本物の戦場を経験した事があるのか…。 そしてその戦いで大切な仲間を…。 大切な仲間を失い1人だけ生き残る…。 そしてそしてやっぱり雷が苦手だったのか…。 時期はお盆(フィーエスタ・デュ・ルミエール)。 使者の魂を慰めよう! 世界は1度終わっ...
2010/02/16(火) | ♪風の~吹くまま~気の向くまま~♪
崩壊する世界で生きる意味とは。シリアスなお話でした。 フェリシアの過去から始まる物語。忌まわしい戦争の記憶。そこには破壊と殺戮しか...
2010/02/16(火) | 綺羅のキラッ★
『蝉の声が響く夏のある日。 どこか元気のないフィリシアを、カナタたちは心配そうに見ていました。 フィリシアの脳裏に浮かぶのは、かつて...
2010/02/16(火) | Spare Time
フィリシアの過去-----------------。ずっと気になっていたフィリシアの先輩たちの話。どこへ行ってしまったのか、それが冒頭で明らかにされました。かつてフィリシアがカナタと同じような新人だった頃。先輩たちと戦場で戦っていた彼女は、後続に続けという指令をする通...
2010/02/16(火) | ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
記事はこちら
2010/02/16(火) | アニメ-スキ日記 別館
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 2【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/04/21)金元寿子小林ゆう商品詳細を見る 忙しさにかまけて、全く更新していませんでしたが…...
2010/02/16(火) | こじこ脳内
過去の戦争の話をやって少し物語に深みが出てきましたね。 フィリシアの過去が明らかになりましたが、そこは以前見たような訓練ではなく...
2010/02/16(火) | シュガーライト
「わたしだって心配したいです!  だって…わたしフィリシアさんの事が好きなんです!」  今回はいきなりのハードな過去話の挿入に正直面...
2010/02/16(火) | ゆりかもめかんブログ
いきなり戦時中のシーンから始まる今回。 お盆(妙に長ったらしい横文字の名前がありましたが)という事で、新米だった頃を思い出して センチメンタリズムに陥り、それでも隊員の前では強がってしまう、そんなフィリシアの話です。 戦車での実戦中、敵の攻撃を受...
2010/02/16(火) | 黄昏温泉旅館
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト #7 「蝉時雨・精霊流シ」 シリアス回!!? どうやら今回はセフィリア回みたいですね。 戦争経験者だったんだ(汗) ...
2010/02/16(火) | Garnet Clover~ガーネット・クローバー~
冒頭からシリアス展開・・・ フィリシアの過去話・・・ってなんて重いモノ背負ってるのでしょう 戦車からなけ飛ばされ助かったフィリシア 戦友たちも燃える戦車から背出ようとするが戦車ごと爆発 一人の先輩の腕が・・・・ラッパを握ったまま・・・ いきなりハード
2010/02/16(火) | 「ミギーの右手」のアニメと映画
フィリシア回。 フィリシアがどうしてゆるい日常を求めるのかもわかる話だった。 あの兵士の幻はPTSDによってどうにかなってしまいそうなのを...
2010/02/16(火) | 蒼碧白闇
 今回はフィリシアさんの過去編ですね。  さて、冒頭から珍しく、戦闘シーンです。しかも、フィリシアさんがちょっと若いw。どうやら、...
2010/02/16(火) | Specium Blog
 今回はフィリシアメインでした。カナタたちが彼女に擦り寄るところがお母さんと子どもたちという感じでしたね。
2010/02/16(火) | つれづれ
世界の滅び ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 2【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/04/21)金元寿子小林ゆう商品詳細を見る
2010/02/16(火) | せーにんの冒険記
やはりどうしても、漫画版ナウシカを想起させずにはおかない「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」。こういう話、見たかったんですよねぇ。
2010/02/16(火) | 妄想詩人の手記
【蝉時雨・精霊流シ】 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]出演:金元寿子販売元:アニプレックス発売日:2010-03-24おすすめ度:クチコミを見る こんな世界で生き延びる事に意味はあるのかい・・・? 
2010/02/16(火) | 桜詩~SAKURAUTA~
「こんな世界で生き延びることに、意味はあるのかい…?」 「世界はゆっくり終わりに近づいていって、私たち人間はいずれ完全に滅びるだろ...
2010/02/16(火) | ジャスタウェイの日記☆
「この世界に意味なんかないのよ」 なければ自分で意味を見つければ良い―― フィリシアの過去が明らかに…    【第7話 あらすじ】 蝉...
2010/02/16(火) | WONDER TIME
今とは違う仲間たちと戦っていた頃、ちょいと昔のフィリシア。
2010/02/16(火) | 本隆侍照久の館
★★★★★★★☆☆☆(7.5) セーズの街がお盆を迎える中、フィリシアさんが戦時中を思い出す話。 いつかは来るだろうと思ってたシリア...
2010/02/16(火) | サボテンロボット
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 『蝉時雨・精霊流シ』 ≪あらすじ≫ 季節は夏を迎え、セーズでは灯籠を流し死者の魂を慰める“フィーエスタ・...
2010/02/16(火) | 刹那的虹色世界
キャラ紹介が続く。 コスパ ソ・ラ・ノ・ヲ・ト カナタ 抱き枕カバー スムース版【2010年4月発売予約】ショップ: e.alamode価格: 8,499 円 (予約商品3月下旬発売)[ソ・ラ・ノ・ヲ・ト]カナタビッグタオル 3000-080ショップ: JACKMANIA価格: 5,040 円 (予約商
2010/02/16(火) | パール
第7話 「蝉時雨・精霊流シ」
2010/02/16(火) | ~Fantasy Earth Blog~
 【ソ・ラ・ノ・ヲ・ト】    7話 「蝉時雨・精霊流シ」    毎週月曜 26:00~
2010/02/16(火) | アニメ無料動画が見れる「アニポケット+」
今週も「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 」始まりました! 今回はフィリシアさんのメイン回。 主にフィリシアさんの過去の話でした。 フィリシア...
2010/02/16(火) | *桜日和のお茶会*
--アニメ感想-- ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」 ▼何やら考えさせられる回 フィリシアの過去の話を交えながら、戦いにつ...
2010/02/16(火) | アニメ壁紙ポケット
蝉の声が響く夏のある日。 どこか元気のないフィリシアを、カナタたちは心配そうに見ていました。 フィリシアの脳裏に浮かぶのは、かつて...
2010/02/16(火) | ひえんきゃく
ソ・ラ・ノ・ヲ・トですが、フィリシア隊長は壮絶な過去があります。砲煙弾雨のなか死線を超えてますが、上官や仲間も全て戦死して唯一生き残ったようです。 季節は夏まっさかりですが、フィリシアとリオ先輩は後輩に洗濯当番を押し付けてスイカを買いに行きます。(以下...
2010/02/16(火) | 一言居士!スペードのAの放埓手記
今回はまさかのシリアル展開。 フィリシアの過去が明らかに。 戦場で仲間達を失ったフィリシアは、絶望の中で彷徨いながら歩いていて、 爆発の衝撃を受け地下に落下した。 そして旧時代の兵士から話しかけられた。(あの兵士、顔きめー) 「世界は終わってしまった」っと...
2010/02/16(火) | 青いブルーの部屋
久々のアニメ感想。依然として全貌の見えないこの作品ですが、今回はいよいよシリアス回。フィリシアの過去がメインのお話でした。今回の話を見ていて、ふとフィリシアが何歳なのか気になり調べてみたら、現在は18歳とのこと。となると回想は2年、3年くらい前でしょうかね...
2010/02/16(火) | 新・天の光はすべて星
さぁ、色々と怪しくなってきました・・・。【送料無料選択可!】ソ・ラ・ノ・ヲ・ト1[CD付完全生産限定版]/アニメ早速感想。いきなりぶっとんだ展開。・・・といいたいところだけど、色々伏線があったからねぇ・・・。でもそんなの無視してお気楽アニメでいて欲しかった...
2010/02/17(水) | 物書きチャリダー日記
いきなりヘビーな内容になったソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話。 リオの持ってる鈴の前・持ち主は皇女殿下!? 話の雰囲気はかなり変わったけれど、考えさせられちゃう話だったのでは。 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 2【完全生産限定版】 [Blu-ray]出版社/メーカー: アニプレックスメデ...
2010/02/17(水) | 風庫~カゼクラ~
 ここに、生きる意味    これまでになかった、フィリシアの若干の掘り下げ回。  といっても、フィリシアの過去の体験が重要なとこ...
2010/02/17(水) | アニメを考えるブログ
こんな世界で生き延びることに 意味はあるのかい? ソ・ラ・ノ・オ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」 の感想です。 第七話『蝉時雨...
2010/02/17(水) | この世の果てで、ざわ・・・ざわ・・・
ようやくシリアスな話に突入。 なんだか怒涛の展開だったなあ…。 ソラヲト7話の感想です。
2010/02/17(水) | 我が名[怠惰]であることをここに証明する
アニメの感想があるならブログの感想があってもいいじゃない、という事でやっちまいます感想の感想。 基本的には、新しい発見を見つけていき...
2010/02/17(水) | もす!
 今回はフィリシアメインの話。これまで良い先輩というイメージだったフィリシア。一体どんな過去があるのでしょうか。で、その過去が壮絶で驚きました…。物語のバックグラウンドも見えてきて、またひとつこの作品の見所が増えた気がします。果たしてタケミカヅチとあれ...
2010/02/17(水) | コツコツ一直線
残りかすの世界 フィリシアの過去が・・・さすが最年ちょ(ry ではソラノヲト感想です。 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 1【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/...
2010/02/17(水) | ラピスラズリに願いを
なかなか考えさせられた回でした。 ノエルだけ何故か 精霊流しに加わらなかったのは 興味深く感じました。これは自分には送るべき人がいない、 まだ生きていると信じたいノエルの気持ちの表れだったのかも しれませんね。 フィリシアと同じミネンランド戦線の中にいたノ
2010/02/17(水) | サラリーマン オタク日記
これは演習ではない!! 若き日のフィリシアさん。いや、今が若くないっていうわけでは…(汗 いきなりハードな戦争描写から始まって...
2010/02/17(水) | リリカル☆スアラ
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」 感想です。 蝉の声が響く夏のある日。 どこか元気のないフィリシアを、カナタたちは心配そうに見ていました。 フィリシアの脳裏に浮かぶのは、かつての戦場での光景。 戦火のなか生き残り、瓦礫の山と化した街をさまよう
2010/02/17(水) | ブログを長く続けてみる
あの子達には私みたいな思いは絶対させたくないわ フィリシアさんにあんな壮絶な過去があったなんて
2010/02/17(水) | ドラマティックオンラインライフ
「蝉時雨・精霊流シ」 フィリシア隊長の重い過去話でした 生き残ってしまったことへの罪悪感 そして生きていることへの自責 人間にとって一...
2010/02/17(水) | Brilliant Corners(alt)
公式サイトはこちら→http://www.sorawoto.com/ 蝉の声が響く夏のある日。 どこか元気のないフィリシアを、カナタたちは心配そうに見ていました。 ...
2010/02/17(水) | 日常と紙一重のせかい
 ちょ こわっ
2010/02/17(水) | サイとはいかが?
フェリシアの回想で実戦時の様子がフラッシュバックしていました。 最前線で実際に戦闘を行っていたのは彼女だけなのでしょうか。 ノエルは...
2010/02/17(水) | アウタックス
シリアス来たー?(゚д゚) 急に雰囲気変わりすぎですw 季節は夏。お盆の“フィーエスタ・デュ・ルミエール”の日。 死んだ人が帰ってくる...
2010/02/17(水) | 空色きゃんでぃ
フィリシア・・・今の容姿の方が俺の好みってどういうことたってばよ・・・ さて、ソラノヲト7話を疲れと戦いつつ視聴いたしました。 何羽か...
2010/02/17(水) | 明日のなんじゃい
ソラノヲトは第7話になっていよいよ戦争描写を前面に押し出してきました。フィリシア隊長のかつての部隊は全滅していたのですか…今回、旧時代の兵士の亡霊によって、かつて世界を崩壊させた旧時代の戦争について語られましたが、「僕等は負けた」という台詞から、
2010/02/17(水) | 無常の流れ
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト カナタ スムース抱き枕カバー 前回はカナタの初任給とその出所にまつわる話でしたが、 今回は前回と一変してシリアスな...
2010/02/17(水) | 明善的な見方
 第7話「蝉時雨・精霊流シ」 蝉の声が響く夏のある日。 どこか元気のないフィリシアを、カナタたちは心配そうに見ていました。 フィリ...
2010/02/18(木) | おきらく委員会 埼玉支部
いきなりシリアスなお話描写でビックリですね。 しかもフェリシア少尉の若い頃の話らしいし・・・ でもフェリシア少尉って18歳ですよね・・・? 一体何年前のお話なんだか? それはそうと、お盆のお話です。 カナタは茄子の牛、胡瓜の馬を製作中。 フェリシア、リオの
2010/02/18(木) | 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋
第7話『蝉時雨・精霊流シ』ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]今回は・・・フィリシアの話です。
2010/02/18(木) | ニコパクブログ7号館
戦場への鎮魂歌
2010/02/18(木) | 穹翔ける星
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第07話 「蝉時雨・精霊流シ」 評価: ── もし本当に戻ってきているなら、教えて欲しいと思ったのさ 脚本 ...
2010/02/18(木) | いーじすの前途洋洋。
いきなり戦闘シーン!! フィリシアの過去みたいですね。 しかし何と戦っているんだ・・・? フィリシアの様子がおかしいですね。 カナタ...
2010/02/18(木) | Bubble Forest
フィリシアの過去話。今週は一気にシリアス展開ですな。
2010/02/18(木) | 猫が唸る感想日記
今回はこれまで担当回のなかったフィリシアのおはなし。 想像以上にシリアスで重い話でした。
2010/02/18(木) | オタクの小屋
んー・・・やはり、このままシリアス方面に向かうのか・・・?ただ、それだと現在の設定的に無理がある気もするし・・・過酷な戦争をしてるという場面も見せつつ、隊長他の変化を捉え...
2010/02/19(金) | 生涯現役げ~ま~を目指す人。
脚本:吉野弘幸 絵コンテ:松尾 慎 演出:松尾 慎 作画監督:河合拓也激しい戦闘に緊張する若かりし頃のフィリシア・ハイデマンは、戦いの中で登場していた戦車が砲撃を受けて大破、通信兵であるアンナ少尉も命を落としてしまい、フィリシアただ一人が生き残った。フィ...
2010/02/20(土) | 無限回廊幻想記譚
Web予告と正反対なシーンで始まったので、一瞬番組間違えたかと思いました。フィリシアの過去の体験を採りあげて‘精霊流シ’の対象である死者に焦点を当てた、シリアスな重い内容のストーリー。
2010/02/20(土) | ボヘミアンな京都住まい
フィリシア回。一人だけ生き延びたあの戦場で彼女が問いかけられたこと。 その答えは今見つけられたのか?
2010/02/23(火) | Sincerity
ソラノヲト 第7話感想です。 戦争の記憶
2010/02/23(火) | 紅蓮の煌き
今日は死者の魂を迎え入れる精霊流しの日。戦争で多くの仲間を失ったことを思い出し元気が無いフィリシア。そんなフィリシアを心配するカナタたちだが…。 誰得な年増メガネのお当番…でしたが、色々と重要そうな情報が出たり、謎が明らかにされ始めたりして、いよいよ物...
2010/02/25(木) | 妹教大付属小学校S.S.(セカンドシーズン)
初めて本格的に戦闘が描かれたソ・ラ・ノ・ヲ・ト第7話「蝉時雨・精霊流シ」。 感想の感想を書かれてる『所詮、すべては戯言なんだよ』のヨ...
2010/02/26(金) | ナモナキ日々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。