QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「2009年を振り返って ~部門別お気に入りアニメ~」 の個別エントリーです。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます!

なんとなく恒例となりましたが、2009年の総括として、昨年60本以上見たアニメの中から、部門別の『お気に入りアニメ』を挙げてみました。部門は以下のように勝手に設定しています。

ラブストーリー部門 恋愛要素の良かったアニメから
ファンタジー部門 伝奇物も含めたファンタジーから
コメディ部門 コメディ要素の良かったアニメから
SF部門 SFとして鑑賞できるアニメから
アクション部門 アクションの良かったアニメから
お色気部門 お色気要素の良かったアニメから
ドラマ部門 展開がドラマチックなアニメから
癒し部門 癒されるハートウォーミングなアニメから
アート部門 アートとして鑑賞できるアニメから

2009年中に完了したアニメを対象にしていて、継続中のものは含めていません。同じアニメが複数部門に出ても良しとします。それでは始めます!

 

■ラブストーリー部門: とらドラ

”恋愛とは何か”というテーマを、5人の少年少女の視点から瑞々しく描いた作品。原作の完結と同期して、きっちり決着をつけたこともポイントが高い。

次点:
青い花  繊細な、触ると壊れてしまいそうな恋愛は”青い花”というタイトルにふさわしい。

 

■ファンタジー部門: クラナド AFTER STORY

いろんな解釈はあるだろうけれど、僕はこの作品はファンタジーだと思う。衝撃的な展開もあるが、人間賛歌とも言える優しいストーリーだった。

次点:
アスラクライン 世界設定が独創的。容赦ない怒涛のストーリーも魅力。 

 

■コメディ部門: まりあ†ほりっく

百合少女と女装少年、というシチュエーションを生かしつつ、会話のノリも良かった。シュールなギャグもシャフト演出にうまくマッチ。

次点:
プリンセスラバー! 温泉回が最高に面白かったので。 他は普通。
生徒会の一存 限定された空間での限定された人間模様の面白さ。
戦国BASARA コメディじゃない気もするけれど、もっぱら笑えたので…

 

■SF部門: 機動戦士ガンダム00 SS

アシモフやクラークなどの、偉大な作品をリスペクトしたと思わせる設定は、SFマインドにあふれていた。謎の核心が、劇場版に持込された?のは残念。

次点:
DARKER THAN BLACK 流星の双子 謎が絡まったストーリーを、最終話で一気に決着させたのは見事。
鉄のラインバレル 貴重なロボット物。衛星破壊ミッションがミリタリーテイストで熱かった。


■アクション部門: RIDE BACK

CGとセルアニメの高度な融合。元ダンサーが操縦者という設定による、舞うようなロボットの機動が強く印象に残った。

次点:
CANAAN ガンアクションや武器描写のリアリティが万全。


■お色気部門: そらのおとしもの

何はなくとも、空飛ぶパンツ。「落ちモノ妄想コメディ」というキャッチフレーズに恥じない、弾けたお色気描写はフォロワーを生むかもしれない。

 

■ドラマ部門: 咲-Saki-

展開が奇抜で、毎回ワクワクしながら見ていたので。オカルト打ちでもいいじゃないか。

次点:
東のエデン   主人公が記憶喪失、というよくあるサスペンスから意外な方向に。
黒神

話題にならなかったけれど、緻密なストーリーであり、結末が独創的。

 

■癒し部門: 宙のまにまに

朔君が、クソ真面目なようでいて、実はロマンチストなところに癒される。星見のシーンが綺麗だった。

次点:
大正野球娘。 スポ根もののフォーマットだけれど、ほのぼのしているのはキャラのせいか。

 

■アート部門: 化物語

音楽は無機質な繰り返しフレーズ(ミニマルミュージック)で、背景も無機質な繰り返し。アーティスティックなところが鼻につく方もいるだろうけれど、西尾維新の世界にマッチしていたと思う。

次点:
キャシャーン Sins 荒廃した世界の描写は、美しくさえある。
GA 芸術科アートデザインクラス そのまんま、アートな作品。いろいろなお題の作品が楽しめた。

 

2009年で一番話題になったアニメといえば、『けいおん!』なのでしょうけれど、僕のリストには含めていません。でも昨年は、けいおんに代表される『文化部アニメ』の年だったと言えます。 宙のまにまに(天文)、咲(麻雀)、GA(美術)、青い花(演劇)、ハルヒ(SOS団)、プリンセスラバー(社交)、ささめきこと(女子?)など。『生徒会の一存』も、このカテゴリに入れていいでしょう。

『文化部アニメ』の良さは、運動部ほど暑苦しくならずに、仲間との交流や、新しい経験の喜びが描けるからでしょうね。スポーツもののような『戦って勝つ』というドラマチックさには欠けるけれど、その代わりに得られる「ちょっとゆるい居心地の良さ」が、時代に合っているのでしょう。

2010年はどんなアニメの年になるでしょうか。1月からのアニメを見る限りでは、ファンタジーが多そうですが。僕としては、SFやメカものに頑張ってほしいところです。

このブログは2008年の1月4日に開設したので、2周年ということになります。 昨年は春あたりにモチベーションが落ちて(ガンダム00が終わって気が抜けたせいで)、このまま辞めてしまうかもというほど更新しない時期があったのですが、夏から盛り返して、秋は復調しました。存亡の危機?を乗り越えられたのは、こんなブロブでも定期的に見に来て下さり、楽しみにしていると言って下さる方が居るおかげです。いつも読んで頂いてありがとうございます。

昨年末ごろから、ブロガー交流のための掲示板に参加したり、twitterを始めたりして、新たなつながりが出たので、そちら方面からもモチベーションを貰えています。切磋琢磨して、よりよい記事を書けるようになりたいと思いますので、今年もよろしくお願いします!

ポチっとして頂けると励みになります。↓

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます☆。+゚:.★
昨年は大変お世話になりました。
今年もよろしくお願いします♪

とらドラや青い花、私も好きです。
心理描写が丁寧な作品はいいですね(*´∀`*)
SFやメカものは少ないので、今年は新しい作品が出てきてほしいなぁと思います。

明日でブログ2周年なんですね!
おめでとうございますヾ(´・∀・)ノ
今年もメルクマールさんの記事、楽しみにしてます♪
2010/01/03(日) 09:34 | URL | 空子 #sSHoJftA[ 編集]
あけましておめでとうございます!
こちらこそ、今年もよろしくおねがいします。

とらドラは青い花は、女性作家なので、女性にも受けるのでしょうね。女性作家のラブストーリーは僕も好きです。
2010/01/05(火) 01:25 | URL | メルクマール #WstX4HDY[ 編集]
コメントありがとうございます! コメント大歓迎ですが、このブログは原作ネタバレ無しの方針で運営していますので、ご協力をお願いします。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://merkmals.blog31.fc2.com/tb.php/1010-bbba61c3
この記事へのトラックバック
皆さん、明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いします。 年は改まりましたが、以前告知していた通り2009年のアニメ総括をし...
2010/01/01(金) | 綺羅のキラッ★
昨年を振り返って、印象に残った作品の雑感です。順位や点数をつける客観性はありませんので、思いつくままに挙げてみました。同じ理由でワーストランクも挙げません。 ・けいおん! ・生徒会の一存 ・咲-Saki- 誤解を恐れずに言えば、成功した部活アニメたち。 ...
2010/01/01(金) | アニメレビューCrossChannel.jp
非常に遅ればせながら新年の挨拶を。 あけましておめでとうございます。 というわけで2010年ですね。 昨年は非常にお世話になりました。 ...
2010/01/02(土) | 巨人☆アニメ.jp
 {%注意!webry%}日付誤魔化していますので
2010/01/06(水) | 黒猫ROOM
 昨年は「ソウルイーター」や「ガンダムOO」や「鋼の錬金術師」などの割とメジャーなタイトル作品が観られた年でした。おかげで当サイトへの訪問者も今までより多数で、有難いことに10万HITも超えました。  でも秋以降は新番組を地元放送局が放送してくれなかっ...
2010/01/07(木) | たらればブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。