QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「バスカッシュ!」 カテゴリの記事です。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ

このアニメはきっと、八方破れなところがウリなのなのであり、このアニメらしく駆け抜けた最終回だったと言えるでしょう。バスカッシュ! 第26話 「フリー Free」 の感想です。

この作品、序盤はかなり楽しんでいたのですが、途中から視聴テンションが下がり、レビューはずいぶんご無沙汰していました。

バスケとロボは、大いにアリだと思うんですよ。バスケとファンタジー(神々の玉遊び)も、まぁアリかもしれません。でもバスケとロボとファンタジーが全部混ざってしまうと、どうにも融和せず、そこにアイドルものの要素も入ってきて混沌とした作品になりました。

でも、そういうごった煮のような世界感が、この作品が目指したものなので、こういうものだと楽しめた人が勝ちです。僕はいまいちノリ切れませんでしたが、やりたいことはわからないでもありません。最後はみんなでバスカッシュということで、この作品の結末としてはこれしか無いでしょうね。

ただ、終盤はダンとルージュのラブストーリーを軸に展開していたはずなのに、くっつくでも別れるでもない結末は残念ですよ。せっかくオリジナルストーリーなのに、完結していない原作モノみたいな、玉虫色の決着は納得できないな。

独特な美術や小物の設定、バスケシーンのグルーブ感などは好きで、オリジナリティに溢れた作品ではあったと思います。あまり人気があったとは思えませんが、河森さんのオリジナルものは今後も見たいと思うのでした。

ポチッとしていただけると励みになります!↓

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

独特のグルーブがあり、それにノセられて理屈抜きに楽しめる作品になってきましたね。バスカッシュ! 第5話 「バスカッシュ!」 の感想です。

カット割りが速いだけでなくてリズムがあり、それがグルーブを生んでいるのだと思います。時々入る姫様のシーンが、ブレイクになっていて効果的だし。

 キャラクタの描きこみがまだ少なく、キャラへの想い入れが少ないのがやや残念ですが、それはこのスピード感とのトレードオフなのでしょう。内面エピソードなんかタラタラやってられないぜという。

メカのパワーアップはお約束ですが、バスケットボール型コントローラは面白いですね。なんらかのアクチュエータが仕込まれていて、ビックフットがドリブルしているボールの動きや反力をシミュレートし、操縦者に伝える役割をするのでしょうね。一種のマスタースレーブコントローラだと言えます。

この技術革新により、ビックフットバスケをより多くの人が手軽に楽しめるようになり、躍進のキッカケになるのでしょうね。

今回初めてな気がしますが、月の住民の描写があり、これからのストーリーにリンクしてくるのでしょう。姫様の役割も気になるところです。

ランキングに参加中なので、ポチッとして頂けると励みになります!↓

にほんブログ村 アニメブログへ

熱血バカ主人公が、周囲の女性たちに導かれる展開ですが、導かれる先はどこなのか。バスカッシュ! 第2話 「レジェンド・イズ・デッド」 の感想です。

ミユキ、セラ、ココ、の3人が、ダンをめぐる女性たちです。ミユキはダンにビックフットを与え、コーチ的な役割をしています。セラはダンを挑発し、何かさせようとしているようです。二人は知り合いのようだが、目的は同じなのかどうなのか。

ココは何をしているのか謎ですが、ダンの出獄の記事はココが書いたっぽいので、ダンの”レジェンド”を作るのに一役買っているのかもしれません。兄貴の愛情を疎ましく思いつつも、彼女なりに兄貴の力になろうとしているのでは。なにしろ花澤香菜さんの妹キャラなので、良い妹であるはずです。(根拠なし)

たぶん、チームを作って試合に出るという展開なんでしょうね。バスケだから5人なのか、あるいは3 on 3で3人なのか。3人ならばもう揃った?

参謀役のベルも興味深いキャラです。建物の配置を熟知していて、最適なコースをアドバイスするという。 前回もありましたが、ダンが障害物を乗り越えたり飛び移ったりしながら走る様子は、パルクール(フリーランニング)を思わせます。エクストリームスポーツの一種で、都市内をいかに速く移動するかという競技ですね。これを題材にしたゲームとしてミラーズエッジがあります。 いっそ、バスケでなくパルクールの話でもいいのではと思いましたけど、マイナーすぎるか。

情報の出し方がちょうど良くて、視聴者を混乱させず、退屈もさせないちょうど良いところなのでは。序盤に情報過多な作品は多いですからね。月世界のアイドルっぽい連中とか、思わせぶりな伏線はいろいろありますが、まだ気にしなくてよいのでしょう。

テンポが良いぶん、キャラの掘り下げは後手になっていますが、今後やってくれるのでしょう。安定して面白いので、期待して良さそうです。

ランキングに参加中なので、ポチッとして頂けると励みになります!↓

にほんブログ村 アニメブログへ

2009年春アニメのレビュー第一弾です。最近忙しくなってしまって、あまり多くの本数はやれそうにないのですが、これは河森監督のオリジナルSF作品ということで、レビューを書かざるをえないでしょう。バスカッシュ! 第1話 「アイ・アム・レジェンド」 の感想です。

ちなみに、新鮮な気持ちで1話を見たかったので、直前スペシャルは見ていません。

金持ちは宇宙にいて、地上は掃き溜めっぽくなっているという世界観はブレードランナー(アンドロイドは電気羊の夢を見るか)っぽいですね。ブレードランナーはアジア風でしたが、こちらはラテンアメリカっぽい雰囲気で、先日までやっていた『ミチコとハッチン』を思い出します。でも舞台は地球では無いので、基本的には無国籍なのでしょう。アートワークがスタイリッシュで、これもミチコとハッチンっぽい。

ビックフットの、本当に動きそうなデザインは良いのですが、操縦席まわりが50年代のクルマ風なのはなぜでしょうか。テールフィンがあるような、やや装飾過剰なクルマで、なにやらマニアックなコダワリがあるのでしょう。もっと機能的なデザインでも良かったのではと思えますが。

ダンはビックフットに初めて乗ったのに、あっさり乗りこなしてしまった。バスケの才能があるから? ライドバックの琳が、踊りの才能を生かしてライドバックを乗りこなしたのと同じ原理でしょうか。 あるいは、ミユキのメカとしての腕が素晴らしく、しかもダンに合わせてカスタムしたマシンなので、あの性能が出たのでしょうか。

主人公がいきなり捕まって、服役したのは驚き。主人公が刑務所から出るところから始まる物語と言えば、ブルースブラザースを思い出しますが、あのノリとも近い気がします。やみくもに、目的地に向かって駆り立ててられる疾走感があるからでしょう。

とりあえずは、映像的に美味しいところを見せて視聴者を惹きつけようという回であり、ストーリーや世界観は分からないことが多いですが、雰囲気は良いので続きがとても楽しみです。SF的にも見所があることを期待しています。

ランキングに参加中なので、ポチッとして頂けると励みになります!

にほんブログ村 アニメブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。