QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「魍魎の匣」 カテゴリの記事です。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ

最終回ということで、物語の核心についてのネタバレがありますのでご注意ください。 魍魎の匣 第13話(最終回) 「魍魎の匣、あるいは人の事」 の感想と総評です。

京極堂の言う魍魎とは、『囲われた領域の内側に沸くもの』『生と死の境界にあるもの』でした。匣館はまさに魍魎だし、その携帯版である『匣の娘』も魍魎です。魍魎に憑かれた3人の男が、美馬坂、天宮、久保 でした。関口も憑かれかかってたような…。

美しいものを、永遠にそのままの形で保存して独占したいという欲望あるいは執着。それがつまり、魍魎に憑かれるということなのでしょうね。それは不可能な、満たされることのない欲望でなので、行き着く先は狂気でしょう。

加菜子が死んでしまったのは残念。須崎の計画では、一時的に加菜子の匣を隠して、あとでまた戻すつもりだったろうけれど、匣に目がくらんだ天宮に強奪され、そのせいで干乾びてしまったのですよね…。結局、天宮が最も異常な気がしますが、彼だけが生き残ったのは皮肉な話。

「脳は鏡。機械で作られた脳が生み出すのは、機械の意識だ」 という京極堂の言葉は、「人間は脳だけあればよい」という美馬坂を全否定してひるませるために言ったのでしょう。でも、実際そうかもしれないとも思います。意識が脳内の現象なのかどうか、今の科学でも結論は出ていないのだし。

多くの人の愛憎と狂気が、『魍魎の匣』というキーワードに集まる構成は凄いと思うし、オチもありました。でも後味は悪いですね…。人間の醜さと狂気を浮き彫りにしたような話で、気が滅入るものがあります。これは趣味の問題ですけど。

最終回なので総評をやります。

ストーリー: 4点
前述のように、悲しくて不気味な結末であり、そういうところがあまり趣味ではないので少し減点ということで。ベストセラーだけのことはある、凄いストーリーだとは思います。

キャラクター性: 4点
京極堂はいいキャラですよね。京極道の家に集まってくる面子も、それぞれキャラが立っています。寄子も、あの不安定な感じが好きだったのですが…。

画: 5点
すごく動くわけではないけれど、クオリティが高く、特に美術が素晴らしいと思えます。

演出: 4点
劇中劇の幻想的な演出が特に好きでした。京極道のカッコよさもよく出ていたかと。

音楽: 4点
あまり印象に残っていないのですが、普通に良かったでしょうか。

総合的な評価: 4点
京極夏彦氏の小説は読んだことが無かったのですが(表紙が怖いので)、その世界を楽しむことができました。人気があるのは分かる気がします。間違いなくクオリティの高い作品ではあったし、「魍魎、あるいは人」について考えさせられました。

ランキングに参加中なので、ポチッとして頂けると励みになります!↓

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

関口氏の小説、『眩暈』を読んでみたいと思いました。魍魎の匣 第12話 「脳髄の事」 の感想です。

このブログは基本的に(TV放映内容についての)ネタバレありですが、今回は解決編ということで、念のためネタバレ回避の方のために改行しておきます。




「こんばんわ。私は全ての物語に終わりをもたらす…殺し屋です」

実際のところ、物語の終わりというのは、物語の登場人物にとっては死を意味します。物語が続いている間に与えられていたかりそめの命が、そこで終わるのだから。物語の終末は大量虐殺だとも言えるでしょう。だから、好きだった物語が終わってしまうのは切ないのですよね。『殺し屋』はそれを象徴しています。ちょっと『ネバーエンディングストーリー』を思わせます。関口氏はこの結末を「失敗だ」と言ってますが、なかなかいいじゃないですか。

追記:
蒼碧白闇さんの記事で知ったのですが、『殺し屋』の声は原作者の京極夏彦氏だとか! いやぁ、イカす仕掛けですなぁ。単なるカメオ出演ではなく、意味がありますからね。 物語を終わらせる存在=作者 というわけです。

『加菜子を突き落としたのは頼子』『誘拐事件は陽子たちの狂言』というのは、すでに劇中で何度も仄めかされていたので驚きは無いわけで、推理の過程や雰囲気を楽しむべきところです。『脅迫文は台本を切り抜いたもの』はやられたと思いました。「命を惜しくは金子を置いていけ」というセリフは回想シーンであったと思うので、フェアな手がかりだと言えます。頼子や加菜子が関口の小説の愛読者だったという話も面白い。関口氏はなにげに人気作家だったんですね。

加菜子が消えたトリックは、まぁ誰もが予想できる話だったわけですが、あの建物全体が加菜子の体内、という仕掛けは凄いですね。体内に納める人工臓器は今日でも難しいですが、サイズを気にしないならば機械でかなり代用できそうです。心臓の手術中は心臓を止めるので、人工心肺に接続されますが、あれも人体の機械化と言えて、その大規模なものということでしょう。『人体という匣』が建物サイズにまで拡張されるというイマジネーションに圧倒されます。

狂言誘拐をした動機は、ちょっと気になりました。施設を維持するには8月31日までに金が必要で(手形の決済日とかなのでしょうね)、遺産相続を待てないので身代金が必要だった、とのことですが、多少の時間稼ぎでよいならば、そこまでしなくても手段はあったのでは。「先端医療なので莫大な金がかかる」と正直に言えばよさそうだし。まぁ、京極堂も言っていたように、陽子の現実逃避の戯れが発端ということなのでしょうね。

解決編を2週にかけてやるというのは贅沢な構成だと言えます。残る謎は、須崎を殺した犯人と、久保を殺した?犯人でしょうか。久保もあの建物で生かされてるような雰囲気ですが、何のために? あと、美馬坂にはさらに何かありそうなのが気になっています。

ランキングに参加中なので、ポチッとして頂けると励みになります。↓

にほんブログ村 アニメブログへ

『陰陽師は鬼になった』ということは、京極堂は? 魍魎の匣 第10話 「鬼の事」 の感想です。

『鬼』についてのうんちくを聞いていて、高田崇史の『QED 式の密室』を思い出しました。 QEDシリーズも、オカルトがらみのうんちくを織り交ぜつつ論理的に推理するという内容であり、京極堂シリーズと似たところがあります。

これによると、鬼とは『時の権力者(朝廷)に逆らった人間』とされています。逆らったやつらを鬼(妖怪)と決め付けて成敗したと。最初に鬼と呼ばれたのは、たたら場(古代の製鉄所)の人々でした。彼らは大陸から渡ってきて、技術力を背景にして朝廷の言うことを素直には聞かなかったので目の敵にされたのですね。そういえば『もののけ姫』もたたら場と権力者との争いでした。鬼の武器である鉄の棍棒は製鉄の道具というわけです。

QED 式の密室 (講談社ノベルス)

その鬼を成敗したのが陰陽師ですが、陰陽師が力を持つようになると、やがて権力者から疎んじられるようになったのでしょう。京極堂は『陰陽師は権力から遠ざかると、その身に穢れを引き受けた代償として鬼になった』と言いましたが、この場合の穢れとは権力者(朝廷など)の不信であり、それによって『鬼』と認定されてしまった、ということでしょうか。

かくして陰陽師は公的な地位を失い、民間で細々と憑きもの払いなどするだけの、いわばアウトサイダーになってしまいます。京極堂は自らが鬼でありアウトサイダーであると思っているのでしょう。彼が殺人事件など血生ぐさいことに惹かれ、事件の方も彼に近寄ってくるのは、陰陽師が背負う『穢れ』ゆえなのかもしれません。

今回は解決編かと思わせておいて、ラストにどんでん返しが。久保の小説が日記だとすれば、久保に『匣の中の娘』を見せた人物がいるはずなんですよね。アレそのものは象徴的なもので実在しないのかもしれないけれど、なにかキッカケはあったはずということです。その人物が怪しいのでしょう。

加菜子の事件については、京極堂は真相を追求する必要は無いと言っていましたが、あの歯切れの悪さからして、犯人に同情しているとかなのでしょうか。 加菜子はやっぱり死んでいるのかな。頼子の死亡が確定して残念。

京極堂が兵衛を追い詰めていくシーンは痛快で、これがこの作品の魅力なんだな思いました。久保のプロフィール(福岡や伊勢に住んでいたこと)など、推理に必要な情報が視聴者に開示されていないのはアンフェアとも思いましたが、そんなことを気にする作品では無いのでしょう。

京極堂は兵衛に、「生兵法で憑き物落としをやっていると、いずれ自分が憑かれてしまう」とさんざん脅していましたが、これは脅しであって本当に魍魎が迫っているわけではないと思うのですが、どうでしょうか。これが京極堂スタイルの『憑き物落とし』なのかなと思ったりします。

ランキングに参加中なので、ポチッとして頂けると励みになります。↓

にほんブログ村 アニメブログへ

今回は、感想を書く意欲が激しく減退しています。そりゃないヨと。魍魎の匣 第9話 「娘人形の事」 の感想です。

ミステリー(推理物)では事件、それも多くは殺人事件が起こるわけですが、その犠牲者は殺されても仕方ない奴であることが多い気がします。殺される理由があるということは、人の恨みを買っている確率が高いでしょうから。もちろん全てがそうではないですけど。

でもサイコ野郎は最悪です。善人だろうと何だろうと構わず殺してしまうから。若い女性を狙うタイプのサイコ野郎は、性的倒錯者なので更に最悪。死ななきゃ直らないタイプの犯罪者です。

「犯人はサイコでした」というミステリーは嫌いなんですよ。それはミステリーと言うよりはホラーだと思うから。もちろんサイコミステリーというジャンルはあるし、ホラーと思って楽しめればいいのでしょうけれど、頼子には感情移入していたので、あっさりサイコ野郎に惨殺されてしまったのはショックが大きい。ヒロインが殺された気分です。 脆いけれどいい子だったのに、何の救いも用意されないという…。

あるいは、まだ殺されたとは決まっていないのでしょうか? 望み薄と思えますが。

サイコ野郎はあくまで『連続バラバラ殺人事件』の犯人であって、加菜子の殺人未遂や誘拐は別の人物なのでしょう。加菜子の写真を見て驚いていたし、頼子に見せた写真は榎木津から入手したものでしたから。ミステリーとしてはそっちが本流ではあるのでしょう。

榎木津は、読心術のような特殊能力を持っているようですね…。空気の読めない関口と、空気(というか心)を読んで絶妙な受け答えをする榎本の対比が面白いところでした。

ランキング参加中です。ポチッとしていただけると励みになります。↓ 

にほんブログ村 アニメブログへ

この物語は、箱に憑かれた箱マニアの話なのでしょうけれど、箱の何がそうさせるのでしょうか。魍魎の匣 第8話 「言霊の事」 の感想です。

箱は本来、中に何かを入れるためのものですが、箱自体が目的になることもあるのでしょう。キリスト教(とユダヤ教)のアイテムである聖櫃(アーク)は、本来は『モーゼの十戒』の石版が収められた箱を言うそうですが、そのうちに聖体を入れる箱になったり、キリスト聖遺物が入っているという伝説が生まれたり、中身はいろいろみたいです。箱そのものが重要なんでしょう。箱には「中に何か宝物が入っている」というロマンがあるのでしょう。

東京通信工業の『デンスケ』というアイテムが登場しました。東通工はソニーの旧社名で、デンスケはソニーのテープレコーダの商標ですね。イッツアソニー。関口はその音を聞いて、「箱の中に魔物がいる。科学という名のオカルトだ」と畏れていました。箱には、中に何か見てはならないモノ、白日に晒してはならないモノが納められている、という畏怖を駆り立てるものがあるのでしょう。一方で『パンドラの箱』の話のように、開けてはいけない箱を開けてみたい、という欲求もあるわけです。

高級なアイテムには豪華な箱が付いていたりしますよね。腕時計とかアクセサリーとか。『DVDボックス』なんていうのもありますが、人は大切なものを箱に仕舞いたいという心理があるのでしょう。箱に入れること自体が嬉しいという。

アバンの劇中劇シーンで、主人公(関口)が箱で隙間を埋めて喜んでいましたが、箱にはそういう「空間を最適な形と大きさで占有する」という働きもあるのでしょう。家具もそういうところありますよね。家具も一種の箱なので、本来は中に入れるものによって大きさを決めるべきですが、どちらかといえば部屋に収まるように家具を決めたり(あるいは特注したり)します。これも、中身よりは箱自体が目的になっているパターンでしょう。

と、私の想像する『箱マニアの萌えポイント』を並べてみたのですが、この物語の箱マニア(犯人?)の属性は絞れていません。いろいろ複合なのでしょうか。でもこういうことを考えながら観るのも面白いと思います。

ところで、これは本格推理物なのでしょうか? 本格推理とは、事件の手がかりをフェアに読者にさらして、探偵と同じ立場で推理できるというものです。京極堂は安楽椅子探偵なので、彼が見聞きすることは公開されていて、その点は本格物っぽくはあります。でも、道場の図面を見て一人で納得していたりとか、彼しか知らない知識もあるようなので、やはり本格物とは言えないのでしょうね。いろんな人が集めてきた手がかりと、京極堂の知識やウンチクによって事件が解決される、というスタイルなのでしょう。

このアニメは野郎ばかり出てくるので、数少ない女性である寄子のシーンが映えます。作画もここぞと力が入っているようで、細かな表情の変化などとても良い。ここで殺されてしまったら残念ですが、そうはならないですよね? 僕は加菜子も生きていると思っているので、二人の再会をぜひ見たいのです。

ランキングに参加中なので、ポチッとして頂けると励みになります!↓

にほんブログ村 アニメブログへ

『検証できない弱い仮説』を重ねて説明するという、オカルトにありがちな手法ですが、話の持って行き方がうまいので楽しめました。魍魎の匣 第7話 「もうりょうの事」 感想です。

魍魎(もうりょう)とは何か、を1話丸々使って説明していましたね。要するに、

  • 影の周りにできる薄い影のことを『罔両( もうりょう)』と言う。
  • 追儀式は本来は魍魎を祓うための儀式で、矛を使って四隅を祓う。

ということを主な根拠に、「魍魎とは、あの世とこの世を分ける境界に沸く、なにか禍々しいものでは」と結論しています。京極堂氏も自分で認めているように、論としては弱いでしょう。でも、思いきり発散したように見えた話が、結論の1点にピッと収束するところが気持ちよくて、これがこの作家のうまさなのでしょう。発散の広がりが大きいほど、収束の落差が気持ちよいので、あの長い独演会が必要だったのでしょう。

鳥口が新情報をもたらして、さらに彼は「信者の喜捨を吊り上げるために御筥様が信者の娘を殺しているのではないか」という推理を披露していました。でも殺人はコストもかかればリスクも高いので、一般庶民の喜捨目当てでは収支が合わない気がします。京極堂が「それはどうかなぁ」と難色を示したのも、そういう理由なのかなと。あるいは彼は他に心当たりがあるのでしょうか。いずれにしても頼子は危なそうです。

アバンで何回か出た『匣の中の娘』が、物語に関わってきたのにも驚きました。というか、あれは関口ではなくて新人作家の作品だったのですね。あれが私小説だとしたら、あの作家は『匣の中の娘』を探して御筥様の信者になったのでしょうか。小説の話だと思っていたけれど現実も混じっているのか…

テトリスをやっていると、部屋の隙間が妙に気になって「あそこに何か埋めたい!」と思ったりしますよね。だからラストの朗読シーンで出てきた「隙間を埋めたい」気持ちはわかる気がします。魍魎が境界に沸くとしたら、それを根本的に防ぐには境界を取り払うか、みっちり埋めてしまうかしかないのでしょう。『匣(はこ)』はさながらテトリスのピースのように、隙間を埋めるために必要なのでしょうか。

ランキング参加中なので、ポチッとして頂けると励みになります。↓

にほんブログ村 アニメブログへ

人を喰った話、と前回書きましたが、京極堂もいいかげん人を喰った人物ですね。心霊術にはタネがあると言いつつ陰陽師であり、そのくせ魍魎が苦手とな。何がしたいんだよと突っ込みたくなりますが、それが彼のスタイルなのでしょう。魍魎の匣 第6話 「筥の事」 の感想です。

これまで、加奈子の話と手足遺棄の話が平行して語られていて、関係があるような無いような感じだったのですが、今回は御筥様の話でした。箱つながりということで、何か関係があるのでしょう。

鳥口の潜入調査の説明と、その後の京極堂の推理によって、兵衛の”千里眼”はペテンっぽいということになりました。でもだからといって、兵衛の”心霊術”全体がペテンとは限らないのでしょう。京極堂が心霊術や宗教の違いについて詳しく説明していたのは、それが言いたかったためでしょう。

イエスにしろモハメッドにしろ釈迦にしろ、最初は奇跡を見せることによって信者を集めたのですが、それらはタネがあると疑うことは可能です。たとえばイエスは何度も死者を蘇らせたとされていますが、普通に医学的な蘇生術(人工呼吸や心臓マッサージなど)かもしれない、とか。だとしても、彼らの教義や思想の価値が減るわけではないのでしょう。もちろん宗教のたぐいにはインチキも多いですが、全部がそうではないと。

で、兵衛がインチキかどうかということですが、心霊術にハマる前から「箱に憑かれていた」とのことで、それは普通ではないですね。そして「魍魎」の一言で開眼。ということは、彼なりに何か霊的体験(あるいはそういう錯覚)があって、真剣に心霊術をやっているのかもしれません。でも信者を集めたり喜捨を得るために、いろいろ怪しいことはしているのでしょう。

兵衛は金属の箱を作るのが得意だったとのこと。そういえば、手足遺棄事件の最初の箱だけ金属製でしたね・・・ 戦時中うんぬんということで、あの怪しい医者とも繋がるのでしょうか。

京極堂が『筥』と半紙に大きく書いたので、これはキーワードなのでしょうか。『筥』という字で僕が思い浮かべるのは『筥崎宮』ですね。福岡出身なもので。三大八幡宮の一つで、元寇のときに最前線だったので、以来、戦争の神様とされています。鳥居には『敵国降伏』という勇ましい文字が書いてあるんですよね。元寇の時には陰陽師が多数駆りだされたようですし、何か関係あるような気もしてます。

それにしてもこの作品、純粋な推理物なのか、ファンタジーもアリなのか、分からなくなってしまいました… 京極堂の言うことはあまり真に受けないほうが良さそうです。

ランキングに参加しています。ポチッとして頂けると励みになります。↓

にほんブログ村 アニメブログへ

人を喰った展開というか、これが持ち味なのでしょうね。魎の匣 第5話 「千里眼の事」 の感想です。

Aパートで延々と千里眼の話をして、『こういうのもアリ』という世界観なのかなと思っていたら、ラストで京極堂氏は『千里眼』を披露しつつ、「この世には不思議など何も無い」と言っちゃっています。彼は名探偵であり物語の『神』なので、要するに『そういうのはナシ』ということなのでしょう。千里眼なんてものにはタネがあると。ということは、「見える」と標榜している榎木津も、インチキということなのでしょう。きっと。

これまで散々ファンタジーっぽく見せながら、「この話はファンタジーではないですからね」と主人公にケロっと言わせてしまうところが、人を喰ってると思うのです。ファンタジーの時間は終わって、「楽しい推理の時間をはじめよう」ということでしょうか。

アバンの幻想的なシーンは、関口の小説の内容だったのですね。今頃気づきました。確かに『関口巽作』とか出てますけど、その名前があの小説家とつながらなかったので。私小説だそうなので、現実と関わるところもあるのでしょう。

原作を知らないので、京極堂がどんな探偵なのかワクワクしていたのですが、意外と普通というか、シャーロックホームズタイプの探偵に見えます。アクティブそうではないので安楽椅子探偵でもあるのかな。でもこういう、いかにもなケレン味たっぷりな探偵は好きですね。盛り上がります。

最近、”Googleトレンド”でアニメの評判を調べるのに凝っています。人気のある作品は、放送日付近で順当に盛り上がる波型のグラフになります。たとえばこういう感じ

かんなぎtrends.jpg

でもこの作品はこんな感じで、1話でひきつけることには成功したのですが、2話で離れてしまったのがうかがえます。(ちなみに、指数の値は比較しても意味がありません。相対的なものなので。)

mouryou_trends.jpg

原作に忠実にやることにこだわっているのでしょうかれど、京極堂を2話くらいで少しでも出しておけば、視聴者を引き止められたかもしれないなぁと思います。僕も2話で見るの止めようかと思いましたからね。せっかく面白くなってきたのに勿体無いなと。

ランキング参加中です。。ポチッとして頂けると励みになります!↓

にほんブログ村 アニメブログへ

どこまでが幻想でどこからが現実でしょうか。魍魎の匣 第4話 「火車の事」 の感想です。

アバンの関口のシーンは幻想ですよね?いくらなんでも。加奈子が機械の手足になるシーンも幻想でしょうか…

今回も木場の視点で物語が進みます。木場の元にいろいろな情報が集まってきていますが、視聴者をミスリードさせるための情報も含まれているでしょうから、そのまま信じることはできないのでしょう。

たくさんの切断された手足は何なのでしょうか。「木を隠すなら森の中。死体を隠すなら死体の中。」と言ったのは名探偵ブラウン神父ですが、『加奈子の手足を隠すため』という推理には無理がありそうです。むしろ怪しまれてますよね。多くは身元がわかっているようですし。

推理物らしくなってきたところで、来週は探偵が登場するようです。発散気味のストーリーに方向性が与えられるのでしょうか。

絵はあいかわらず良くて、踊り子さんのシーンなど無駄に力が入っていました。お金かかってるんでしょうね。

鹿野優以さんがモブ役でちらほら出ていますよね。今回は『女給B』でした。今後、主要人物の役として登場することがあるのでしょうか。"お稲荷さま”の美咲役が好きだったので 気になっています。

ランキング参加中。ポチッとして頂けると励みになります。↓

にほんブログ村 アニメブログへ

登場人物全員がイカれている。魍魎の匣 第3話 「羽化登仙の事」 の感想です。

難解だった前回に比べれば、今回は木場さん視点で進行するのでわかりやすくなっていました。キャラの紹介もしてくれましたし。木場さんが主役だと認識。

前回道に迷っていた人々は、今回は登場しませんでしたが、もう忘れていいでしょうか? なぜ前回登場する必要があったのかわかりません。ただでさえ難しい話なんだからシンプルにやりましょうよ。

頼子はあいかわらず、加菜子が自分の前世だという考えに取り憑かれているようです。彼女の母親も、魍魎に襲われる妄想に取り憑かれている。木場も、仕事をほったらかしてまで管轄外のヤマに取り憑かれている。加菜子の母親や関係者も何かを隠している。研究所の連中も怪しすぎる。全員イカれていますが、彼らの狂気の根っこにあるものは共通なのでしょうか。

基本的には、 加菜子をめぐる誘拐事件なのでしょうか。ラストで加菜子の姿が見えなくなりましたが、もちろん超自然現象ではなく、なにかトリックがあるのですよね? この作品、今のところ各話が面白いとは言えませんが、先は気になります。

美術は素晴らしくて見所多いですね。研究所の不気味な外観や、治療室の異様な光景はインパクトありました。

ランキング参加中です。ポチッとして頂けると励みになります。↓

にほんブログ村 アニメブログへ

うーん、難しい。謎めいた展開なのはいいとしても、誰が誰やらわからないのは困りものです。 魍魎の匣 第2話 「狸惑わしの事」 の感想です。

人物がたくさん出てきて、名乗らない人が多く、それぞれが謎めいたことをしゃべるので、起こっていることが記憶に引っかからないのでした。電車の隣の席の知らない人々の会話を断片的に聞いているような気分です。

せめてその場に居ない人を話題にするときは、その人物の映像を挿入してくれると親切なのですが、雰囲気的にやりたくないのでしょうか。誰のことを話しているのかわからないんですよね。原作未読者に不親切な作りだと言えます。

内容的にも、もっぱら会話シーンであって地味のきわみでした。演劇的な会話の緊張感を楽しめということなのでしょうけれど、それぞれの人物に思い入れがないというか、どういう人かもわからないので楽しめていません。今後のために必要な回なのはわかりますが。

1話の雰囲気が良かったので見ているのですが、早くも挫けそうになっています。録画して全話まとめて見たほうがいいのかもしれません。今回の内容を来週まで覚えている自信が全く無いので。

ランキング参加中です。ぽちっとして頂けると励みになります。↓

にほんブログ村 アニメブログへ

なんと、百合ものだったとは。魍魎の匣 第1話 「天人五衰の事」 の感想です。

京極夏彦の本は読んだことがありません。オドロオドロしい表紙に気圧されるからです。なのでこのアニメも、1話だけチェックのつもりだったのですが・・・

吉屋信子あたりの往年の少女小説の雰囲気で始まります。頼子はこの年頃にありがちな潔癖症ですね。大人は大人であるだけで汚いものとして反発してしまうという。そして、加菜子との自己完結した世界に耽溺していきます。

耽美的で綺麗な映像のそこかしこに、不安感をしのばせる演出が続き、ついに破局が。2人に何が起こったのでしょうか。

てっきり一話完結のオムニバスだと思っていたので、唐突な結末に驚きました。ここまでが事件の発端であって、ここから探偵が登場するのですね? 今回登場しませんでしたが、キャスト表にある京極堂というのが探偵なのでしょう。ファンタジー(怪異)と推理とをどう折り合いをつけるのか興味深いです。

ホラーはあまり好きではないのですが、美しい映像とストーリーに惹き込まれました。先が気になるので視聴継続の方針です。最近はテンプレ通りの展開のアニメが多く、そういうのも嫌いじゃないんですが、『ここからどうなるのか全然わからない』という作品もいいものですね。

ランキング参加中ー。ポチっとして頂けると励みになります!↓

にほんブログ村 アニメブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。