QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「キミキス」 カテゴリの記事です。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ

このところ厳しい感想を書いてきたキミキスですが、最終回はなかなか良かったと思います。キミキス pure rouge 第24話 「・・・・・・and meet again」(最終回) のレビューと総評です。

一輝が、二見を探して校内を訪ねて回るのは、うまい構成だと思いました。このおかげで、多くのキャラの顔見せができて、最終回らしい雰囲気になりましたね。

二見の”実験”は、「人は結局一人であり、誰かと理解し合うのは不可能」ということを、証明するためのものだったんですね。それによって、一人ぼっちである自分の救いにしようとしたと。

でも、どんなに突き放しても、一輝は二見を探し出して、そばにいてくれた。だから実験は失敗であり、それは二見にとって”救い”が失われることも意味していました。 一人ぼっちであれば何の悩みも無かったのに、相手の気持ちがわからなくて怖い、という感情を覚えてしまったのです。

「怖くなったら逃げてもいい。俺、また見つけるから」 というセリフは素晴らしい。男らしいよ一輝! 変な赤い髪のくせに! そこからキスに至る流れは、とても自然で良かったと思います。

一方で光一のほうですが、 どうやって、結美を振って摩央を選ぶかに注目していました。ここまで散々ウジウジ引っ張ったのだから、なにか重要なイベントがキッカケになるのだろうなと。 でも、そんなことは無かったですね。結局、何がキッカケだったのか? キャンプファイヤーでの淋しげな様子? 甲斐の言葉はキッカケのひとつではあるだろうけど、あれが決定打では無いはずで。

そんな疑問も、作画と演出のよさによって、うやむやにされました。今回、摩央姉がとても可愛く描かれていましたし。 花火の演出はベタだけど、王道だけに良かったと思えます。

別れを告げられたときの、結美の表情が印象的でした。彼女には、この時がくるのが分かっていたと。 だから彼女は立ち直れるでしょう。ぶっちゃけ、光一みたいなウジウジした奴と別れられて良かったかもしれない。

映画の上演、あれで終わりですか。あんなにがんばって撮影したのに、メインキャラがだれも見ないとか淋しすぎるなぁ。 柊と栗生のエピソードに使われたのが救いですが。

最終回なので総評を。 たぶんこの作品、1クールで完結させたほうが良かったのではないかと。 話としては単純なのに、2クールかけたために冗長になった気がします。 後半の光一がウジウジ悩み続けるのが無ければ、評価はかなり変わったのではないでしょうか。

要所で良いところもありました。18話の、摩央が光一に告白するシーンはドラマチックだったし、20話の、一輝が二見のマンションで告白するシーンは感動的でした。最終回も良かった。だから、もうちょっと構成が良ければなぁと残念です。

キャラクタは、好みの問題だけどパッとしませんね。光一と摩央にはあまり共感できないし、結美も魅力的とは思えない。でも一輝は良くて、このアニメは一輝(の数々の名台詞)で救われたと思っています。

音楽は、OPと1クール目のEDが好きなので4点。 作画は良好な回もあったけど、酷い回もあったので平均以下ということで。 

というわけで、総合は3点かな。難点が多いので並の評価ですが、20話とかすごく好きなので、見る価値はあるアニメだとは思います。

ストーリー ☆☆☆__    
キャラクタ ☆☆___
音楽 ☆☆☆☆_
作画 ☆☆___
一輝 ☆☆☆☆_
総合 ☆☆☆__

ポチっとして頂けると励みになります!↓

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

最終回前だというのに、ぜんぜん盛り上がらないですな。20話が最終回でよかったんじゃ・・・。 キミキス pure rouge 第23話 「miss you」 のレビューです。

光一は、今週もウジウジ記録更新中。 学園祭の描写なので、ウキウキした雰囲気が欲しいところですが、ウジウジしている奴のせいで台無しと言えます。

一輝は、まぁ良かったですね。明日香の告白をはっきりと断ったのは良かったし、断り方も立派でした。ここは評価できます。 いなくなった二見さんが心配ですが、この二人なら大丈夫でしょう。

そういえば、キスシーンがありました。でもこのアニメ、キスがテーマだというわりには、キスシーンがそれほど印象的では無いんですよね。はっきりいって演出が下手だ。1話のは良かったのですが。

映画の上演、もうやっちゃうんですね。てっきりクライマックスに取っておくと思ったのですが。はてさて、最終回はどうなるのでしょうか。光一はウジウジから脱却なるのか。

にほんブログ村 アニメブログへ

稀代のウジウジ主人公、光一。 もうこのまま、最後までウジウジしてたらどうだい、と突き放したい気持ちになってきましたよ。キミキス pure rouge 第22話 「time goes by」 のレビューです。

今の光一に、共感できる人って居るんですかね? ラストの涙にしても、感動シーンなのだろうけれど、たいていの人は、「なぜいまさら泣く? ってか泣いてるヒマがあるなら行動しろYO!」 と思ったのではないでしょうか。

ここから、光一君が目の覚めるような活躍を見せるという、カタルシスがあるのかもしれませんが、期待薄な気がしています。ウジウジ引っ張りすぎですから。

一輝と二見のほうは、興味深い展開になってきました。二見は、摩央の「近すぎるとあたりまえすぎて、気づかないことがある」という言葉で、一輝と咲野にも、近すぎて気づかないような、自分の入り込めない絆があるのではないか、と思い始めます。 実際のところ、一輝と二見にはあまり共通点が無いですからね。 

一輝が咲野に感謝しているのを見て、二見としては、自分が一輝に何かしてあげたことがあっただろうか? 自分と一輝との絆ってなんだろう?と悩み始めたとしても、無理はないでしょう。

でも、一輝はここでフラフラせずに、二見への想いを貫いて欲しい。「人の想いなんて変わってしまう」という二見に対して、「そんなことはない!」と高らかに宣言して、彼女にしたのですからね。

次回はサッカーが中心みたいなので、一輝サイドのクライマックスかもしれません。 映画は最後に取っておくのでしょう。

ポチっとしていただけると励みになります!↓

にほんブログ村 アニメブログへ

今回は、特に人間関係に大きな変化はなく、タメを作ったような回でしたね。ここらで整理してみますか。キミキス pure rouge 第21話 「cutting memory」 のレビューです。

一輝: 二見とラブラブで幸せの絶頂。咲野の想いには全く気づいていないし、そういう対象に見たことが無い。

二見: 一輝とラブラブだが、咲野の想いを知っていながら一輝と恋仲になったことを、心苦しく思っている?

咲野: 一輝と二見の仲直りに手を貸したことを、正直後悔している。

光一: 摩央が家を出て行くことに動揺している。摩央への恋心があるかどうかは不明だが、少なくとも、昔のような仲の良い関係に戻りたいと思っている。

星乃: 光一と摩央が惹かれあっていることに気づいていて、自分が二人を苦しめているのではないか、と思い始めている?

摩央: 光一のことはもう諦めていて、星乃から奪うつもりは毛頭ない。甲斐のことも未練は無い。

甲斐: 摩央のことはふっきれたようで、クラスメイトとして自然に接することができている。なぜか急にクラスの女子にモテモテ。

この様子からして、一輝と二見のペアは磐石だろうと思えますが、二見と咲野との間で、もうひと波乱あるかもしれません。

光一サイドは、肝心の光一の気持ちがモヤモヤしてよくわからんので、展開は読みにくいですね。摩央エンドも星乃エンドもありえる。どちらかに賭けるなら摩央エンドですが。

光一は、星乃と付き合い始めた時といい、摩央のことといい、周囲の状況に流されているだけで、自分から積極的に動くことはあまりありません。そろそろ、主人公らしい活躍を見せないとヤヴァイと思うのですけれど。

よろしかったらポチっとして頂けると↓

にほんブログ村 アニメブログへ

このアニメ、何度も切ろうとしたのですが、見続けていてよかった。今回は素晴らしい脚本だったと思います。キミキス pure rouge 第20話 「uncontrollable」 のレビューです。

futami.jpg脚本が素晴らしい一方で、演出はもうひとつだと思うんですけどね。例えば一輝の告白シーンで、二見が涙を流すところですが、単に滂沱の涙を流す顔をアップで抜くだけというのは芸が無いのでは。頬を伝う涙を見せるとか、タメを作って盛り上げて欲しいところ。

それはともかくとして、一輝のプロポーズ大作戦はとても良かった。キメ台詞を練習したけれどトチってしまい、弱気になってしまった一輝。そんな様子に、二見はまた冷たい態度を取ってしまうが、土壇場で出た一輝の真摯な言葉が、二見の心を動かしたのでした。声優さんの演技も素晴らしく、感動的でしたよ。

一輝が訪ねてきたのを見てソワソワする二見や、”キメ台詞”の練習を見て感激してしまう二見が可愛かったですね。これまで、二見の無防備な姿を全く描いていなかったので、タメた上でのこの表現は、なかなかの効果でした。

花束を持参したのは上出来でしょう。キザだろうがなんだろうが、ここぞというときに、女性に花束は有効だと僕も思います。女性は花束をもらうと、「君はこの花みたいに綺麗だ」と言われている気持ちになるそうですよ。

光一と摩央のサイドは、ほとんど進展がありませんでしたが、ラストで摩央が引越しを持ちかけたことで、関係が動くことになりそうですね。このところ、状況に流されるだけで不甲斐ない光一ですが、そろそろイイところを見せてくれるのを期待します。

甲斐君は、今回でスパっと身を引いたと見てよいのでしょうね。彼にも何か救済があるといいのですが。当初は、「俺に受験の話はするな。俺はミュージシャンになるぜ」 とゆー、相当に痛いキャラだと思っていましたが、摩央への真面目な接し方と、爽やかな引き際で、とてもいい奴に思えてきました。あぶれた女性キャラはたくさんいるしね?

よろしかったらポチっとして頂けると↓

にほんブログ村 アニメブログへ

ラストシーンでわからなくなりましたね。甲斐×摩央の芽もまだあるのか? キミキス pure rouge 第19話 「true heart」 のレビューです。

比較的、淡々とした展開だと思って見ていました。勢いで告白したものの、それを後悔している摩央と、戸惑っている光一。映画のキスシーン撮影で本気の感情をぶつけてしまい、結美はその様子を見て、二人の関係を悟ってしまう。ここまでは予想通り。

でも、ラストに甲斐と摩央のシーンを持ってきたのは、何を意味しているのでしょうか。ここで甲斐が優しい言葉をかけて、摩央とヨリを戻すとか? その展開はあまり歓迎できないなぁ。ここからどうやって光一と摩央がくっつくのか、に興味があったのに、元の鞘という展開は当たり前すぎると思うのです。

一方で、結美が転校のことを友人たちに打ち明けて、友情を確かめ合うイベントがありました。これは見ようによっては、「光一と結美が良い友達としてサヨナラする」エンディングへの伏線とも取れます。 というか、結美って極度に内気で、女友達ともうまく話せないという設定があったのですね。知らなかったけど。それが、光一のおかげで友達も増えたと。光一は私の青春の一ページであると。ありがとう光一、そしてサヨウナラ。

となるかどうか、予断を許さないので、次回も楽しみに見ます。

よろしかったらポチっとして頂けるとうれしいです↓

にほんブログ村 アニメブログへ
説明不足な気はするけれど、それなりに見所のある恋愛模様になってきました。キミキス pure rouge 第18話 「rainy blue」 の感想です。

”マオ姉が光一に告白する”流れなのは明らかで、それをどう持っていくかに興味があったのですが、なかなか良かったと思えます。 が、いろいろ説明不足で、想像で補った部分もあり。以下に整理してみました。


甲斐に、「これ以上付き合えない」と宣告したマオ姉。取って返して光一に告白でもしたら、ビッチの誹りを免れなかったでしょうが、そうはしませんでした。なぜか。

たぶんマオ姉は、光一が好きだということは本当に最近まで意識していなくて、ただ光一と結美が仲良くしているのを見ていると辛い気持ちになり、それを紛らわすために甲斐と付き合い始めたのでしょう。

でも、それさえも意識していたわけではなく、自分は甲斐が好きなのだと思い込もうとしていたけれど、いくつかの事件をきっかけにして、本当の自分の気持ちが全部分かってしまったわけです。

そうなると、好きでもない甲斐と付き合うわけにはいかないので、別れてけじめはつけたものの、罪悪感は残ります。それに、いまさら光一と付き合うわけにもいかないので、マオ姉の出口は無く、一人で悶々とするしか無いわけです。

そこに光一がやってきて、「マオ姉ちゃん、まだ甲斐さんのことが好きなんでしょう」などとスットコドッコイなことを言い出しました。悶々としているのを、甲斐のことが諦められないからだ、と光一は勘違いしたわけで、それはマオ姉の神経を効果的に逆撫でしました。マオ姉は瞬間的にキレてしまい、「私が好きなのは光一よ!」と言っちゃったわけです。

つまり、告白というよりは八つ当たりですね。「こんなに悩んでいるのはお前のせいだよバカヤロー」という心の叫びが、ああいう言葉になったと言えます。この後、マオ姉はまた悩むことになるでしょう。 そして光一はどう出るのか?いよいよクライマックスですね。


一輝と二見のほうも、実は進展がありました。二見は「実験は終わった」と宣告して、「いずれ気持ちが変わるのなら、はじめから一人でいればいい」と言いましたが、これは告白とも取れるわけです。実験は(成功裏に)完了して、人を好きになる気持ちが分かってしまったと。でもその気持ちは変わるだろうから、自分は一人でいるのだ、と言いたかったわけですから。

でも一輝は、単純に別れの言葉だと解釈して、諦めることにしました。頭のいい二見さんとしては、「告白してやったのに気づけよ!」と思っているかもしれません。


以上、若干妄想も入っています。想像の余地があるのはいいことだけれど、もうちょっと説明してもいいだろうにとも思えます。true tearsみたいに、表情やしぐさで暗示してくれるのでもいいですし。でもあれは難易度高いだろうな。

記事が面白かったらポチっとしてもらえるとうれしいです↓
にほんブログ村 アニメブログへ
結局、マオ姉はキスしたのか、しなかったのかどっちなんだ? キミキス pure rouge 第17話 「her answer」の感想です。

おねだりシーンの回想はあったけれど、その後については描写が無いのですね。冒頭の親密な様子から見て、キスしたと考えるのが自然なのでしょうけど。

ああいう引きをしておいて、しかもキスシーンがウリのアニメであるはずなのに、なぜ描写しない? 描写してしまうと、その後のマオ姉の行動があまりに不実に見えてしまうから? だとしたら、あの”キスして”発言は(脚本的に)考え無しだと思えますが。

マオ姉が光一を好きな理由については、今回、大体分かりました。子供のころの「マオ姉ちゃんを2度と泣かせないよ」という言葉を、大事にしていたわけですね。いわゆる幼馴染フラグで、ありがちだけど、まぁいいでしょう。

でも、”なぜその思いを隠しているのか”については、まだ語られていません。光一のそばにいたいために一人で帰国したのに、帰国早々に”彼女を作れ”とか光一にけしかけていました。なので、”そばにいたいけれど、彼女にはなれない”事情が何かあるはずなのですが・・・ 深い意味はないというオチじゃないよね?

話が動いたので、面白くなってきたとは言えるのですが、描写に納得できないところが多々あるので、先行き不安でもあります。さて、どうなることやら。

よろしかったらポチっと↓
にほんブログ村 アニメブログへ
このアニメのテーマが分かったような、分からないような? キミキス pure rouge 第16話 「stand in」の感想です。

物語のキーになるのは、マオ姉と二見さんだと思うのですが、二見さんのほうは分かりやすいんですよ。恋愛について理解するために、”実験”というロジカルな手段に出るが、いつしか本当に恋愛感情を抱くようになってしまったと。今回、実験の終了を告げたのは、このまま”実験”という形を取ることが一輝に対して不誠実だと思ったからでしょう。

分かりにくいのはマオ姉です。なぜか知らないが彼女は光一が昔から好きで、なぜか知らないがそれを隠している。甲斐のことを好きなのかどうかわからないが、思わせぶりな態度を取っている。光一と星乃を積極的にくっつけようとするが、仲良くしているのを見ると辛い気持ちになる。辛さのあまり、甲斐にキスを迫ってしまうが・・・

という展開なわけで、単純に考えれば、マオ姉は光一への思いをあきらめるために、甲斐を無理に好きになろうとしている、という話になります。だとすると、今後の予想としては、そういう行為が不誠実だと気づいて、甲斐から離れる決心をする、といったところでしょうか。

つまり、恋愛というのは試しにやるものではなく、相手の気持ちを受け止められるように誠実であるべきだ、ということが言いたいのかな? それはそれで一環したテーマではあります。共感できるかどうかは別として。

本当のところは、なぜマオ姉が光一のことを好きなのか、そしてなぜそれを隠しているのか、というところが語られないと、分からないのですね。もし深い事情があるならば、ですが。

次回、そのへんがある程度見えてくるようで、重要な回になるのかもしれません。というか、いい加減、話を動かしてくれと。マオ姉が悶々とする様を見るのは、もう飽きたのです。


よろしかったらポチっとお願いします↓
にほんブログ村 アニメブログへ
冒頭の展開は、なるほどそうきたかと思いましたが。キミキス pure rouge 第15話「now's the time」の感想です。

僕は、星乃さんみたいなウジウジしたキャラは好きじゃないのですね。あれで黒いところでもあれば見所があるのですが、絵に描いたようなおとなしい優等生キャラであり、なんの面白みも無いわけです。

だから、いまさら水着シーンがあったからって別に、、、、、萌えたよ? 萌えましたよ? おとなしい子が大胆な水着を着てしまって恥ずかしがるシチュエーション。しかも白ビキニ。写真を撮る時に、後ろ手で恋人つなぎしているのも微笑ましいな。

でも見所はそれくらいか。最近は光一サイドよりも一輝サイドに興味が移っているのですが、そちらであまり進展が無かったですし。次週は二見と咲野の対決があるようで楽しみ。

それにしてもラストシーン、あの演出は無い。マオ姉の背景が暗転ドーン。スポットライト、ドーンドーン。何十年前のセンスだよと。

ところで、星乃さんの水着カットを上から下まで繋げた画像を作ろうと思ったのですが、途中で光一のカットが入っていて、その前後でうまく繋がらないのです。上半身と下半身で別々に描かれた絵のようだ。いちおう別々のものをアップしておきますが。

星乃さん水着上半身

星乃さん水着下半身

しかも、パンしながらコントラストと明るさが変化しているので、色を合わせるのが難しく。上半身はなんとかしたが、下半身はさらに難しくて合わせられませんでした・・・

不毛な努力に同情して頂けたらポチっと↓
にほんブログ村 アニメブログへ
初感想なので、まずは全体について。原作ゲームは未プレイですが、正直、惰性で見ています。あまり面白いとは思えない。主な原因は、ヒロインである星乃さんが地味すぎるのと、本来ヒロイン格と思える摩央姉が、妙なイケメンとフラグを立てていることでしょう。あのイケメンにはちょっと共感できないので、ヒロインを奪われたような気分が拭い去れないわけです。

今後、光一と摩央姉がくっつく展開になることを期待したいけれど、ここ数話、互いの相手との関係を深める一方なので、ちょっと望み薄な感じですね。むしろここから逆転したら困ってしまうな。

で、14話なのですが、今回の主役は一輝でしたね。二見さんと咲野さんの心を確実にゲットしたようで。というか、このアニメの主人公は実は一輝なのか? そういう見方にして、光一のほうをむしろ傍流のエピソードと考えれば、楽しめるのかもしれません。二見と咲野、両方ともいいツンデレだしね。妹もいるし。ばっちりじゃないですか。

二見の部屋は、広い部屋の片隅にテレビとソファが置かれていて、”何不自由ないけれど潤いに欠けている”生活の様子が、よく表現されていたと思います。幸せになって欲しいが。

というわけで、気分を切り替えて視聴継続。来週は水着回のようですが、星乃さんだけならあまり興味ねーな。
にほんブログ村 アニメブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。