QLOOKアクセス解析

メルクマール

ここは「花咲くいろは」 カテゴリの記事です。
記事が面白いと思われたら、アニメブログアイコンをポチっとして頂けると励みになります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ

こういう構成の物語もあるんだな、と感動さえ覚えました。 花咲くいろは 第26話 『花咲くいつか』 のレビューです。

にほんブログ村 アニメブログへ
記事の続きはこちら
スポンサーサイト

自分の組織のボスが、いわゆるラスボスというのはありがちですが、それにしてもなんというネタバレタイトルか。 花咲くいろは 第24話 『ラスボスは四十万スイ』 のレビューです。

にほんブログ村 アニメブログへ

不思議なテイストの結末。 花咲くいろは 第17話 『プール・オン・ザ・ヒル』 のレビューです。

にほんブログ村 アニメブログへ

幸福感と不安感の織り交ぜ方が絶妙なだけに辛い。 花咲くいろは 第16話 『あの空、この空』 のレビューです。

にほんブログ村 アニメブログへ

わりとベタに、労働の楽しみについて語る内容でしたが、これもいいんじゃないでしょうか。 花咲くいろは 第15話 『マメ、のち、晴れ」』 のレビューです。

にほんブログ村 アニメブログへ

ここでサービス回か。 番組改編期で新しいアニメが始まると、2クール目の作品は影が薄くなりがちなので、テコ入れしないとね。 でも内容はけっこう重かったりします。 花咲くいろは 第14話 『これが私の生きる道』 のレビューです。

にほんブログ村 アニメブログへ

受け継がれる、四十万の女の気質。 花咲くいろは 第13話 『四十万の女 ~傷心MIX~』 の感想です。

にほんブログ村 アニメブログへ

一つ大人になった緒花。 花咲くいろは 第12話 『じゃあな。』 のレビューです。

にほんブログ村 アニメブログへ

これまで、緒花は挫折を知らずに育ってきたのかもしれないな。 花咲くいろは 第11話 『夜に吼える』 のレビューです。

にほんブログ村 アニメブログへ

慌ただしい『動』だった前回に対して、一転して『静』でしたが、こういうエピソードもいいですね。 花咲くいろは 第10話 『微熱』 のレビューです。

にほんブログ村 アニメブログへ

悩んで動けないくらいなら、走りながら考えたほうがいい。 花咲くいろは 第9話 『喜翆荘の一番長い日』 のレビューです。

にほんブログ村 アニメブログへ

本当に大切なことは、システムではなくスピリットにあるはず。 花咲くいろは 第8話 『走り出す』 のレビューです。

にほんブログ村 アニメブログへ

出来のいいコメディでありつつ、作品のテーマにもしっかり沿っている回。 花咲くいろは 第7話 『喜翆戦線異状なし』 のレビューです。

にほんブログ村 アニメブログへ

太宰治が、カフェの女給に溺れた気持ちもわかる。 花咲くいろは 第6話 『Nothing Venture Nothing Win』 のレビューです。

にほんブログ村 アニメブログへ

なかなか緒花のキャラが絶妙だと思えてきました。 花咲くいろは 第5話 『涙の板前慕情』 のレビューです。

にほんブログ村 アニメブログへ

恋愛の話になりそうだけれど、緒花は恋愛に疎いので、どうなることやら。 花咲くいろは 第4話 『青鷺ラプソディー』 のレビューです。

にほんブログ村 アニメブログへ

ストレートに、「働くとは?」を問う作品になりそう。 花咲くいろは 第3話 『ホビロン』 のレビューです。

にほんブログ村 アニメブログへ

誰もが居場所を求めている。花咲くいろは 第2話 『復讐するは、まかないにあり』 のレビューです。

にほんブログ村 アニメブログへ
まだどういう話になるのか分かりませんが、好感触だったのは、大好きな『赤毛のアン』を連想するところがあるからかな。 花咲くいろは 第1話 『十六歳、春、まだつぼみ』 のレビューです。
初回はネタバレ無しで書こうと思っていましたが、微妙にネタバレあります。あまり支障ないと思いますが。にほんブログ村 アニメブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。